TITLE:麻生太郎の思い出

 30代の頃は青年会議所という団体に入っていて、いわゆるJCと呼ばれる団体なのだけど、もともとこの団体は各地方での組織がベースになって、その集合体としての中央組織である「日本青年会議所」というのがあり、私の場合は地方組織というより、その中央組織である「日本青年会議所」の国際室という部署で主に活動をしてました。
 日本青年会議所をさらに統括する組織として国際青年会議所(JCI)という組織があり、ここで長尾源一という男に出会ったことが、この組織にのめり込んでしまうきっかけになったわけです。長尾源一という男というか、大先輩なのだけど、たまたまこの国際室に属した最初の年に、彼はJCIの会頭をされていました。簡単に言うと、この先輩に憧れてしまったわけです・・ この話は後日また。
 その当時、この国際室で世界の会議に出席すると、何故かいつも出席されていたのが、表題の麻生太郎衆議院議員。当初は一体彼は先輩なのに国際会議で何をされているのだろうと、ちょっと怪訝な思いで見てましたが、あるときに彼の国際会議で何をされているのかというのを見て、腰を抜かしました。
 JCIはもともとアメリカが本部だし、アメリカで発祥したということもあって、会頭の人事権は欧米の独壇場だったそうです。アジアから会頭が出ることも少なく、欧米主導型の組織だったようです。
 詳しい事情は不正確で、よく分からない部分もありますが、それではいけないと考えた日本人がいたそうです。お会いしたことはありませんが、前田完治という大先輩が、アジアのJCを一つにして、一部北欧のJCを仲間に入れて、欧米型であったJCIの組織をアジア主導型にした、いわばクーデターのようなものかもしれませんね。
 その前田完治さんが作り上げた組織の最後の仕上げをしたのは、いま話題の麻生太郎だったのです。
 この組織は麻生太郎が独裁的に仕切っていたわけではなく、また、JCという組織から考えても、各国のJCの利害は互いに交錯するのが常ですから、麻生太郎が主導権を持ちながら、各国の利害を調整するという事ですね。当時、アジアでは、フィリッピンのディビッド・チャン・スウと香港のソニー・ユーという二人の大物がいて、彼らとの話が調整がメインだったようです。
 ここでは、麻生太郎は独特の英語と、語り口を駆使して、アジアのJCを一つにまとめていたようです。それを目の当たりにしたとき、凄い男がいるもんだと、それこそ、先ほどの話じゃないですけど、腰を抜かすほど驚きました。上には、上がいるものだというのが、当時の正直な感想でした。
 彼のアジアに於ける人脈は凄いものがあります。そういう意味で外務大臣になったときは、私自身もかなり期待していましたし、彼の外交に於ける動きは天才的なものがあるように感じます。新聞によると、今回自民党の幹事長に就任されるそうです。大いに期待したいと思っています。

TITLE:「ORIGAMI」発表会と「Not Found」

 20日から六本木の「Meuble」(ムープル)で YCAMIの新作家具「ORIGAMI」の発表会を始めたので、一昨日顔を出してきました。橋梁のトラス構造を使った、まったく新しいタイプの椅子で、フォルムも印象的のですが、その軽さには驚かされます。発表会ではその軽さを実感して戴ける仕掛けもあるので、ぜひ体験して貰えると嬉しいです。

 空間に置くだけで、そのままインテリアとして完成させてくれると思わせるような、フォルムから来る強烈なインプレッションをぜひ感じてください。

 また、住宅、店舗や企業のエントランス等、空間を埋めるオブジェとして使うと面白いと思います。また、材質は全てリサイクルが出来るアルミで作られているので、エントランス廻りに置くことで、その企業のエコロジーに対しての取り組みを印象付けるという効果もあるかな、、、。

 ともかく面白い椅子なので、ぜひ一度見てください。

 ムーブルを後にして六本木ヒルズの「AGITO」が改装されて「BALS」になったそうで、名前も「BALS by AGITO」の変わったとか、、どんな風に変わったんだろうと興味津々で視察に行ってきました。ツーフロアーだったのが縮小されてワンフロアーになってましたし、家具の展示が大幅に減り、小物中心のショップに変わっていました。個人的な印象では「AGITO」は的が絞られてないような中途半端さを感じていましたので、「BALS by AGITO」の方が理解できる内容でした。でもせっかく「AGITO」の名前を踏襲するのだから、もう少し尖った部分も要素として欲しいような、、そんな感想でした。

 六本木ヒルズから麻布十番方面に歩いていくと、噂の会員制服屋さん、その名も「Not Found」というシークレット・ショップがあります。噂では聞いていたのですが、今回たまたま紹介を受けたので、早速見に行ったわけです。ビルの二階にあり、場所も秘密だという事なので、ここでは敢えて書きません。
 入り口はロックされていて、チャイムを鳴らして名前を告げると、少し間をおいて扉が開きました。服を買いに行くというより、なんか秘密の場所に行くような感じで、なかなか宜しい。

 並んでいるのは「Master Mind」と「Roar」というドメステックのストリート系なのに高価だという不思議な服が処狭しと並んでました。内装は全て鏡張りで、不思議な空気感です。
 ショップ・デザインは片山 正通。
 販売している「Master Mind」というブランドは不思議な服で、そんなところに、そんなマーケットがあったんだという意外性が、私の場合はかなり強く感じました。ドメスティックでストリートというだけで、若者向けという事になるので、価格的には普通は廉価なラインを狙うのが普通なのですが、この「Master Mind」という服はかなり高価です。デニムで10万円強、T−シャツで3万から5万円程度、スーツになると30万円から40万円、、輸入物としっかり張り合う価格帯です。驚くのは、これがとんでもなく売れるという事です。秋冬のシーズンの新作が店頭に並び始めてまだ1ヶ月強しか経ってないのに、殆どの「Master Mind」扱い店は殆ど完売状態です。
 恐らくは「クロムハーツ」と同じようなマーケットを狙ったんだと思うのですが、それは輸入物だから出来るというのが一般的な常識で、国産で、日本人デザイナーでこのマーケットを狙って、それも成功したという事は凄いことだと思ってます。
 話を戻して、この「Not Found」ですが、その超品薄状態の「Master Mind」が処狭しと並んでいるのには腰を抜かしました。
 こういう「Master Mind」のようなブランドの成功例とか、「Not Found」のような特定の客層に絞った店が登場してくるというのは、日本のマーケットも根本的な処で大きな地殻変動のようなものが起きてるに違いないというのを、ひしひしと感じさせてくれました。

TITLE:社長の脚と愛犬

 Furnitureのカタログが出来ました。
 今まで家具や照明に関してのカタログがなかったのですが、これで一冊のカタログで全て見て戴く事が出来るようになります。
 内容はそんなわけですが、カタログの表紙の写真のモデルは、、脚だけですが、実は私なんです。横を歩いているのは愛犬の「ドルチェ君」です。
 しかし、カタログに脚だけ登場する社長も珍しい、、と、、社内では囁かれているようです。
 もうすぐお手元に届くと思います。

TITLE:久々のファションの話題「GIULIANO FUJIWARA」

 久々のファションの話題です。

 TOYO KITCHENのミラノ事務所の所長は、あの名作「GOAST」をデザインした Tom Katayanagi。
 当時彼はチニ・ボエリの事務所にいたので、デザインはチニ・ボエリと連名になっているが、彼は言わないけど、まあ殆ど彼がデザインしたのだと思っている。
 彼はデザインをさせたら超一流なのだけど、着る物にはまったくの無関心。ミラノで買い物に付き合って貰っても、彼は服を見るより、店の外でタバコを吸うほうが関心があるようで、服の話をしてもあまり興味を示さなかった。
 でも、会うたびに「インテリアのトレンドはファションから始まる」と言い続けたせいもあるのかは分からないけど、最近突然ファションに目覚めてしまった。最近の服は「Junya Watanabe」という過激さ!!私の服選びにも積極的に参加してくれて、あれがいいとか、それはちょっととか、、かなり「うるさ型」になってきて、一緒に買い物をしてもとても楽しい。
 そんな彼が、突然ミラノ・コレクションのレポートを送ってくれた。ファション関係者でもないのに、なんとコレクションの会場にもぐりこんだのにはちょっと驚いた。

 レポートは「GIULIANO FUJIWARA」、、デザイナーは藤原喜章、1986年には日本人で始めてイタリア・ファション協会の正式メンバーとなり、店舗も市の中心部であるスピーガ通りの入り口にあった。現在この場所は「ドルチェ&ガッバーナ」の女性向けの店舗になっている。
 デザイナーの藤原喜章は若くして亡くなったので、ブランドも一時途絶えたのだけど、2006年にクリェーティブ・ディレクターの マツムラ・マサタカ氏がステッドファーストグループの傘下で「GIULIANO FUJIWARA」の再デビューとなったということらしい。
 「GIULIANO FUJIWARA」というブランドだけど、海外でこれだけ活躍している日本人デザイナーだと、日本でもかなり取り上げられるのが普通だと思うけど、何故か日本では殆ど知られていないのがちょっと不思議。

 コレクションの写真から見ると、テーラードなのにミリタリーという感じで、かなり面白いと思った。日本には入ってないのか、それとも私だけが知らないのか?ミラノに行ったときは、時間があったら見てこようと思ってる。

 ちょっと衝撃なのはクロームメッキのヘルメット、、クロームというのは最近のファションのトレンドになってきているが、そうか、ヘルメットをクロームにするという手があったんだと思った。クロームのブレスレットや太目のクロームのネックレスなんかも、ひょっとするとこれからのメンズ・ファションのトレンドになるかもしれないと思った。

TITLE:動物モチーフにちょとはまってます

 六本木ムーブルのオープン記念に発売して瞬時に完売した「Fring Pig」以来、ちょっと、動物モチーフが気になってます。秋には、動物モチーフの小物を「Meuble」で発表する予定もしていますので楽しみにして下さい。
 売り物ではないのですが、動物モチーフで最近集めた写真から、、ちょっと紹介してみます。

 ブルドッグが篭を背負ってますね。今風のカラーメタリックでかなり可愛いと思いませんか。ちょっと探してみようと思ってます。もし、仕入れられたら「Meuble」で展示しますね。

 猫足ならぬ、犬足のテープル。犬足っていうのは、なかか見たことがないけど、知らないのは私だけかな?結構、一般的だったりして(笑)

 単なる亀の置物、、みたいだけど、実はスツールらしい。
 まだ、いろいろあるけど、今日はこの辺りで、、
 実は、これから工場の恒例のバーベキュー大会なので、これから出かけます。

TITLE:INTERNI

 イタリアというより、世界を代表するインテリア雑誌「INTERNI」
 ここ数年、海外からの引き合いも随分と増えてきたので、今月号の「INTERNI」からTOYO KITCHEN STYLEの広告を出稿する事にしました。これと同時にHPをバイリンガルにしました。興味がある方はご覧下さい。

 恐らく「INTERNI」に広告を出稿した日本のキッチン・メーカーはうちが最初だと思う。
 写真は広告が掲載された「INTERNI」と、その広告ページです。現物はショールームに置いてあるので見て貰えると嬉しいですね。

TITLE:空気清浄機、、これは凄い!

 我が家には愛犬が2匹いる。
 一匹はミニピンシャー、彼はTOYO KITCHENのカタログにも登場しているので、お好きな方は過去のうちのカタログから探して見てください。もう一匹は左の写真のロングチワワ。カメラを向けると目をそらせる、カメラ嫌いのルッカ君。カワイイのだけど、どうしても自宅が犬臭くなってまう。

 暫く家を空けて帰ってくると、特にその臭いが気になるので、空気清浄機や脱臭機をいろいろ試してはきたけど、どうもこれといったものに出会わなかった。要するに、カタログや店頭のPOPは凄いことが書いてあるけど、使ってみると大したことはない。所謂「看板に偽りあり」ということだ。

 ちょっと前の週末に電気屋さんの店頭で「150倍の脱臭能力」というPOPを掲げているFujitsuの脱臭機を発見。また、いつもの「看板」かなと一瞬思ったけど、どうも「150倍」という数字が気になった。10倍とかならまたいつもの、、って思うけど、なんせ数字が数字なので。一度騙されてみようと思ってしまった。

 使ってみて、これはちょっと驚いた。一晩動かしただけで、翌朝愛犬が寝てる部屋を開けると、まるで臭いが感じられなかった。カタログによると、フィルター交換不要で、花粉とかを除去する空気清浄機能もあるとか、、いったいどんな仕組みになってるんだろう?
 室内の臭いに悩んでいる方、一度騙されたと思ってお試し下さい。

TITLE:新しいシャンデリア

 

のメイン・ビジュアルを見て、もう気がついて見えるとは思いますが、新しいシャンデリアを発売しました。価格は¥39,000円なので、かなりリーズナブルに設定しました。
 シャンデリアは特別な照明器具ではなく、もっと気楽にインテリアに使って貰いたいという思いも込めた価格です。PORTOユーザーだけでなく、アイランド・キッチンやペニンシュラー・キッチンを考えてみえるお客さまに、どしどし使って戴けたら幸いです。

 3年前から「キッチンにシャンデリアを」というプレゼンテーションを始めました。キッチンを単なる料理をする道具だと考えると、キッチンの照明は料理をする為のライティングという発想になります。でも、これだけアイランド・キッチンが一般的になってきた現状から考えると、キッチンはもはや「料理をするだけの道具」ではないと考えてる方が多くなったという事だと思います。

 キッチンを中心に、もっと生活を楽しむといったライフスタイルと考えると、キッチンの照明も機能だけを考えた無味乾燥な照明ではなく、もっとインテリアが豊かに演出できる照明も必要だろう、、、それが「キッチンにシャンデリアを」という発想の原点でした。

 あれから3年、最近ではマンションのモデル・ルームにキッチンにシャンデリアを使うというのも珍しくなくなってきました。3年前にはあり得ないと思われていたキッチンとシャンデリアの組み合わせ、もう誰も奇異にも思わなくなってきたのは、はやり時代の流れというものが、我々が想像する以上に早くなってきているという事だと思っています。

TITLE:琥珀美術館

 岩手県久慈市、琥珀の産地で有名
 そこにある「琥珀美術館」に行ってきました。
 琥珀といえば、樹液の化石で、中に虫が閉じ込められているものほど高価らしい。
 映画「ジェラシック・パーク」では、琥珀に閉じ込められたDNAを抽出して、それを恐竜まで育てるといったストーリ、、まあ、私の琥珀知識はそんなものだった。
 花巻空港を降りて、左手に「どんと晴れ」でも有名な岩手山を見て、東北自動車道を一路北に、、おもてなしの宿「加賀美屋」は一体どの辺りにあるのだろうか??なんて馬鹿なことを考えながら3時間、ようやく三陸海岸の街、久慈市に到着。

 琥珀美術館は街の手前の山の中にあった。

 琥珀というと、アクセサリー以外はあまりイメージが沸かなかったが、複雑な細工物があるのには驚いた。

写真は、琥珀の衝立、、琥珀をスライスして貼り付けてある。写真ではちょっとどぎつい感じもするが、本物は琥珀の独特の透明感のある澄んだ色がとても美しい。それにしても、何枚の琥珀が使われているのだろうと思うと、ちょっと気が遠くなる。

 琥珀で作られた宝石箱、中に入れるジュエリーよりも箱の方が高そうに見える。

 琥珀のチェス・セット、、こんなんも出来るんだと驚いた。 美しい!!

 当日は、久慈市で一泊、、少し街を歩いてみたが、どこの地方都市も同じだけで、旧市街は完全に寂れていて、少し郊外のショッピング・センターには沢山の人が集まってた。

 久慈というと、ホヤで有名らしい。
 夜は居酒屋で新鮮なホヤを堪能した。
 食べ物の値段は驚くほど安い、写真のホヤで居酒屋で一皿500円、翌日街の魚屋でホヤの値段を見たら150円だった。八百屋で烏骨鶏の卵を発見、一個100円、、名古屋だと安くて一個500円はする。

TITLE:「後悔」君がやってきた

 森の中に住んでいた「後悔」君が突然に我が家にやってきた。
 その理由は不明。
 きっとラブレスの吉井さんに言われたからかもしれない。

 森の中に潜む「後悔」君、昨年に自宅にやってきて、住み着いてしまった「後悔」君の先輩はブラックだったのに、今回やってきた「後悔」君はピンク、、ちょっとセクシー??シルバー・メタリックのヘルメットを被っているところをみると、ちょっと恥ずかしがりやさんかもしれない。

 彼は堂々と庭先を通って、玄関からやってきた。
 森の中から出てきただけに、日差しが心なしか眩しそう。















 玄関から入ってきた「後悔」君
 ちょっと伏し目がちなのが、奥ゆかしさを感じてしまう私!















 しかし、私も油断をしていた、玄関に入るやいなや、彼はその場で突然の大変身!
 いきなりヘルメットを脱ぎ捨て、ゴージャスなピンクの毛皮に身を包んでいた。
 「この暑いのに・・」と、思ってしまった。
 新しい「後悔」君は、ちょっと変わり者かもしれない。
 でも、いろいろあったけど、今回の彼も無事に自宅に住み着いてしまった。
 棚に住む二人の「後悔」君、、、彼らを毎日眺めながら、「後悔」って何だろうって、人生の奥深い疑問を頭の中で繰り返す私です。





  という事で、今年も南青山の「Loveless」から、リグレクト(後悔)という名前のフィギュアー第二弾が発売された。最近の言葉で言うと、ちょっと「キモカワイイ」けど、見てるとなかなか楽しい。