TITLE:1988年に発表した「PUTTO」

新しい年はどんな年になるのでしょうか?毎年新年が終わって仕事始めが始まると思うことです。
その話はさておいて、昨年からここで続けているTOYO KITCHENが過去に発表してきたキッチンの話を続けたいと思います。

写真のキッチンは1988年に発表した「PUTTO」というキッチンです。

このキッチンはサブタイトルに「収納キッチン」と言う名前がついてたように、収納にSpotlightを当てたキッチンです。キッチンそのものは従来のボックス構造ですが、このキッチンの特徴は収納の部分はパネル構造になっていると言う点です。
パネル構造はボックス構造と違って高さ、間口、中の棚板の位置等が自由に設計できるということでフレキシブルな収納プランがお客様に提供出来ます。またパネルの組み合わせ方で収納の部屋とも言える「Walk in Pantry」を提供できるというのも大きな特徴でした。

当時、ここまで収納に拘ったキッチンは無かったので弊社としては爆発的なヒット商品となりました。
写真の左側の部分がウォークイン パントリーと一体化した収納壁です。

CEO TOYO KITCHEN STYLE(フェイスブック)
http://bit.ly/2DEB1f2

TITLE:20年前にイメージした青山

うちが最初に青山にショールームを出したのは20年くらい前だと思うけど、ここに来て青山にハイエンド キッチンのショールームが集まって来た。
ま、中にはハイエンドと呼ぶのがおこがましキッチンもあるのですが、、ともかく20年前にイメージした青山が実現出来て来たのは嬉しいですね。

CEO TOYO KITCHEN STYLE(フェイスブック)
http://bit.ly/2DHMUB6

TITLE:明けましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。
 旧年中はここ「nabe forum」を購読して頂いてありがとうございます。
 本年も引き続き「nabe forum」を書き続けるつもりですので宜しくお願いします。

 
 写真はマルニ木工の海外担当の神田君から拝借したものです。
 神田君に感謝です。
 ミラノの中心部ガレリアのドーム天井が美しい青色LEDで飾られています。
 写真を見てあまりにも美しいので、今年の年末にでも見に行こうと思ってしまいました。

TITLE:久しくブログをお休みしてました

 暫くブログをお休みしてましたが、何かとバタバタしてたのと、ツィターの方に書き込みを増やしていて、そんなんでついついブログの方はお休みになってしまってました。
 いよいよ年の瀬も迫り、例年通りお約束のように何かと慌ただしい毎日が始まっています。
 11月には岐阜県の白川村に行ってきました。
 東京てザイン・ウィークの際、デザイナーのショルテン & バーイングスの協力を得てチャリティーTシャツを作り、日本の誇る世界遺産の一つ「白川郷・五箇山合掌造り集落」の保全の為の寄付を募りました。沢山の方のご賛同を戴き、その収益金の全て寄付をさせて戴きました。
 関連の記事はトーヨーキッチンのホームページに掲載されていますので、ぜひご覧下さい。
 → ここです
 その協力頂いたショルテン & バーイングから昨日お土産が届きました。

 この壷のモチーフは東京ショールームにも展示してある「AMSTERDAM ARMOIRE」の脚にも使われています。いわば、この壷がその原型とも言えるのかもしれません。
Established & Sons | Amsterdam Armoire
[Established & SONS]Amsterdam Amoire|アムステルダム・アルモワール (SHOP TOYO KITCHEN)

TITLE:最近のアンチ・エイジングは凄いと思った事

 昨年の秋にパリに行った時、街をぶらついていて妙な美容液を衝動買いしてきました。
 フランス語しか書いてないので、店の人に聞くと「額の皺を取る効果がある」という話でした。
 購入してから帰国して暫くこの美容液を購入した事をすっかり忘れていました。
 今年の正月にふと思いだして、興味半分に使い始めてみました。

 スイス製の「LABOINA」という製品です。
 最初はインテンシブ・コースから始めます。
 2液を混合して、その液を注射針のような器具で額の皺に擦り込みます。
 これが、約一ヶ月続きます。
 このインテンシブ・コースが終了すると、普通のクリームを毎日就寝前に額に塗り込みます。
 何度も言いますが、興味半分で、効果を期待してた訳でなく、ほんとになんとなく続けていた訳です。
 で、、、ある日、ふと自分の額を鏡で見ると、、、、
 「あっ、、なんか皺が減ってる」ような気がした。

 写真は今朝の私の額
 なんか凄くないですか。
 最近のアンチ・エイジングは馬鹿に出来ないって思った次第です。
 ネットで調べてみたけど、どうも日本では売ってないみたいです。
 http://www.labosuisse.com/Laboina_int.aspx

TITLE:「リーダー達の本棚」

 朝日新聞の「リーダー達の本棚」というコーナーに私のインタビュー記事が掲載されました。
 感銘を受けた本を5冊あげて、それについてのインタビューでした。
 最近忙しさにかまけて読書量も以前と比較にならない程落ちてた私ですが、この依頼を期に一つ自分の人生を振り返って、その時、その時に出会った本によって、自分の人生が変わった事があるとしたら、それはどんな本で、どんな時期だったんだろうと考えてみようと思いました。
 いま自分の持っている人生の信条のようなものって、いろいろな過去の経験によって培われてきたのですが、私の場合は「本」というのが意外と大きなウェイトを占めているんだと、改めて感じた次第です。
 その「朝日新聞」の記事はここに掲載されいます→click
 ぜひ目を通してみて下さい。
 トーヨーキッチンの今の製品コンセプトにかなり通じている部分があります。

TITLE:2011年のサローネです  その7

 今日は再度車の話です。

 フェラーリ・カリフォルニアの黒のマット塗装
 日本ではまだマット塗装ってあまり見かけないけど、ヨーロッパに行くとマニアックな車にマット塗装が施されているのを良く見る。
 精悍で、カッコいいって思う。
 メンテナンスはどうなんだろうって、、そんな事を思う人はマット塗装を選ばないよね。

 レンジローパーのニューモデル。
 ちょっと前にレンジローバーに乗ってた事があるけど、四駆としては最高だと思った。
 でも、当時のレンジローバーは電気系統が弱くて参った。
 最近のはそうでもないらしいっていう話だけど、、
 でも、この新型、、ちょと購買意欲の琴線に触れる。

 縦に駐車された車
 これって、何の車なのか知らない。
 昔のチンクチェントが縦に駐車されている光景は以前はよく見た。
 日本はどこもかしこも駐車禁止なんだけど、なんかこれって街の活性化を阻害しているような気がします。都市はやはりもう少し混沌としてた部分があった方が活性化するのではないかと思う。
 昔、アメリカでニュータウン・ムーブメントがあって、石油会社なんかがスポンサーになって、実験的なニュータウンが出来た時代があったのだけど、結局あまりにも清潔過ぎて人がなかなかいつかなかったという話を聞いた事がある。