TITLE:METERICO発表会のフードはピンチョスでした

 ハイメアジョン・デザインの新製品「METERICO」の発表会のフードはスペインにちなんでピンチョスでした。
Jaime Hayon イベント_010.jpg
 こんなフードでした。
Jaime Hayon イベント_015.jpg
Jaime Hayon イベント_017.jpg
Jaime Hayon イベント_019.jpg
Jaime Hayon イベント_014.jpg
Jaime Hayon イベント_016.jpg
Jaime Hayon イベント_013.jpg
 こんな感じです。
 いつもの事ですが、私は結局一つも口に入れる事は出来ませんでした(涙)
  でも、お客様の話を聞くと、美味しかったそうです。
 11月の名古屋ショールームのオープニングは絶対に食べてみせる、、て、、心に誓ったりしました(苦笑)
 名古屋ショールームのオープニングの特別内覧会のフードは、名古屋のフレンチの名店で名古屋のフレンチで私が一番好きな「ラ・グランターブル・キタムラ」を予定しているので、これは食べないと・・・

TITLE:ロッキーが帰ってきた

パリの話題、、、取りあえず軽めの話題からいきます
パリ市内はロッキー・バルボアとレクター博士に占拠された。
バリで封切りになったばかりのようで、街中にこの二つの映画のポスターが溢れてました。特に、レクター博士の(アンソニー・ホプキンスではないと思う)顔が溢れているのは異様!!

334156019_56.jpg
334156019_218.jpg
space.gif

「ROCKY BALBOA」の予告編
http://www.apple.com/trailers/mgm/rockybalboa/trailer1/
「Hannibal Rising」の予告編
http://www.apple.com/trailers/weinstein/hannibalrising/
PS.
仕事関係のちょっとしたニュースです
明日ですが「ファクトリー・アウトレット」がリニューアルしてオープンします。詳しくはHPで・・

TITLE:HPが少し新しくなりました

会社のHPが少しリニューアルされました。
Baybayの簡易オンライン見積もり(Web TPS)も出来るようになりました。
リニューアルを記念にSHOPのWeb限定セールもやってます。
良かったら見てください。
もし、意見を貰えると嬉しいな!!
http://www.toyokitchen.co.jp/

TITLE:Is’t that cool !!

スティーブン・ジョブスが今年のサンフランシスコで開催された「Mac Expo」の基調講演で繰り返し出てきた言葉は「クール」だった。
 「Is’t that cool !!」
日本語に訳すと「なんて、カッコいいんだ!!」とか、
       「なんて、いけてるんだ!!」とか、
       「なんて、お洒落なんだ!!」
という事になるけど、こんな言葉をデニムとタートルのT-シャツとスニーカーでステージに登場して話す経営者が日本にいるのだろうか?
日本の経営者は「過去の実績」と「現実の会社の経営状態」と、後はひたすらマスコミの前で平身低頭するというイメージしかなのだけど、アメリカの経営者は社員だけに対してではなく、誰もが共有できる「将来の夢」を語ることが出来る。特に、ステーブン・ジョップスは・・・
この違いは一体どこから来るのだろうと思うことがある。
まさに「アメリカン・ドリーム」の伝統なのかもしれない。
随分と前になるのだけど、ジョッブスがアップル社を去ることになり、NEXTという新しいコンピューターを立ち上げた事がある。NEXTはフロッグ・デザインでデザインされた、今までに見たことがないような美しいコンピューターだった。
その「NEXTコンピューターは何を目指しているのか」というジョップスの講演のテープを聴いたのが彼の講演を聞いた最初だと思う。
今この講演で鮮明に記憶に残っている言葉は「パーソナル・コンピューターからインター・パーソナル・コンピューターへ」というフレーズだった。
当時、インターネットという言葉は聞いたことがある程度で、それがどんなものなのか、ましてや、全てのパーソナル・コンピュターがインターネット回線で結ばれるなんて事は、もう私の想像の限界を遥かに超えている事で、ましてやそれが現実になるなんて事は考えもしなかった。
そんな時代に、ジョッブスは「世界中のパーソナル・コンピュターが互いに通信回線で結び合う時代」の話をし、その時に何が起こるのかという夢を語り、そしてそれが実現できるNEXTコンピューターを現実のものとした。
まさに、ジョッブスは誰もが共有できる「夢」を語ったのだった。
私にとってはかなりの衝撃だった。
今回、サンフランシスコで開催された「MAC EXPO」でのジョッブスの基調講演はiPONEというまったく新しいコミュニケーション・エンターティメント・ツールを現実の道具として提供しながら、それを機軸とした「夢」を語っている。
凄い!!
http://events.apple.com.edgesuite.net/j47d52oo/event/
全て英語なのだけど、私の言ってる意味は雰囲気から感じて貰えると思う。二時間という長時間に渡って、ジョップスが夢を語っている。
余談だけど、iPhoneはアメリカでは6月発売、アジアでは2008年の発売らしい。価格は4GBのモデルで$499、8GBのモデルで$599。
欲しい!!
一週間アメリカに行ってでも使ってみたい!!
・・・・と、思ってしまった。
では、日本ではこのiPoneは発売されるのかという事だが、なかなか難しいようだ。
http://nextxp.net/archives/2007/01/iphone_gsm.html

TITLE:You-TubeにISOLA

You-TubeにISOLAのムービーを上げてみました。
話題のYou-Tubeなんだけど、このアメリカのサイトの意味がどんな意味があるんだろう?とか、、著作権ついては、これからどう変わってくるんだろうとか、、いろいろ考えさせられます。
このYou-Tubeをグーグルが買収したという事実は、このサイトの可能性と社会的な意味についてもっと真剣に考えろというシグナルなのかな??とか、、
いろいろ考えててもしょうがないので、うちのプレゼンテーション用のムービーをYou-Tubeにアップしてみました。

http://www.youtube.com/watch?v=BjeRAGsNqNE
高城剛によると、これからの社会は無制限に著作権を拡大解釈すべきではなく、ある程度制限をする事で新しい社会の展望が開ける、、と、話している。
以下は坂井直樹との対談です、、とても興味深い。
http://sp-plugin.jp/sakai/01/