TITLE:Paralello開発のきっかけ 続き

10月2日のParalello開発のきっかけとなった話の続きです。

GシンクやTwinシンクは一緒に料理をするという事だけ考えると問題はないのですが、問題はそれらのシンクをキャビネットに収めるためには特殊なシンク・キャビネットを必要としたり、また一定規模以上のキッチンの大きさを必要とするという点でした。

Parallelloは一般的なキッチンの大きさである2400mmや2550mmの間口のキッチンに無理なく収めるとこが出来るというのを目標にしました。また、従来からの懸案であってプレートの軽量化についても課題としました。

また、正四角形に近い形状にすることで、ブレートの動きを縦方向と横方向と両方向にすることを可能にし、その時々の料理のシーンによって料理をする方のプレートの動きの自由度をさらに高めました。

従来の3Dシンクはプレートの動きは横方向が基本でしたので、プレートを置くとキッチンの開口部が小さくなるのですが、Paralelloは二人で料理をするというコンセプトなので、シンクの開口部をできるだけ広く取る必要があるので、プレートをシンク奥に置くことにしました。

ここで問題はシンクの奥行きが760mmと広くなるので、従来のように水栓をシンク奥に設置をすると手が届かなくなってしまいます。そこで水栓をシンク横に持ってきたのですが、吐水口同士が両方から干渉してしまうことを避けるために新開発のシャワー一体型水栓「Grand Canyon」を採用しました。写真はそのGrand Canyonです。この水栓は水栓上部がフレキホースに繋がるシャワーが付随しているので、シャワー部分を伸ばす事で十分なスパウトの長さを確保しました。(写真はGrand Canyon水栓です)

新開発のシンクParalelloには色々新しい考え方や機能が満載されています。恐らくシンクの機能性ということだけを考えれば、世界で一番進んだシンクだと自負しています。

一人で食べるより、一緒に食べた方が美味しいように、一人で料理をするより一緒に料理をした方が楽しいと思いませんか?
Palarelloはそんな事を可能にしてくれるシンクです。

10.7_nabe1.jpg

CEO TOYO Kitchen STYLE
https://www.facebook.com/toyokitchenceo/photos/a.1778176089094411.1073741827.1778170335761653/1811686312410055

TITLE:Paralello開発のきっかけ

今日はParalelloの開発は何をきっかけに始まったのかという話です。

2Dシンク、3Dシンク、4Dシンクと多層化によるシンクの機能化に取り組んできた過程で、一度とんでもない大きなシンクを作ってみようかという話になりました。ご存知のようにTOYO KITCHEN STYLEのシンクは一点、一点ハンドメイドで作られています。ハンドメイドという事はプレスで機械的に作られるシンクと違って、ハンドメイド製品はどうしても製作誤差が大きくなります。この本来誤差が大きくなる宿命とも言えるハンドメイドでシビアな寸法誤差が要求される3Dシンクの製作は当初困難を極めました。つまりシンク内の段差の奥行き方向の寸法と、プレートの奥行き寸法がぴったりと合わないと、プレートが滑らなかったり、脱落したりしてしまいます。

この寸法誤差のシビアさはシンクが大きくなればなるほど難しくなります。写真のGシンクは間口1mを超える巨大なシンクで、発売にあたっては、多分に製作上の実験的な意味が大きかったのは事実です。

当初はこの巨大なGシンクは予想通り「大きすぎる」というお客様の声で、これも予想通りあまり売れませんでした。まあ、製作上とても難しいので、あまり売れても困るという事もあって、供給可能な量と販売量は適当なバランスで推移してたのです。

ところが数年経ったある年、このGシンクが何故か売れ始めたのです。

疑問に感じた私が社内的にユーザー調査をした結果、このGシンクのユーザーのニーズは「複数で料理をすることができるから」というものでした。この時、初めてそれまでのキッチンは全て一人で料理をする事を前提として設計されていたにも拘らず、複数で料理をしたいというニーズがあることを認識し、その意味について考えた結果、その答えの一つが昨年発表したMEGA KITCHENに繋がり、今年のParalelloに繋がるのです。

 ー 続くー

10.1_nabe2.jpg

CEO TOYO KITCHEN STYLE
https://www.facebook.com/toyokitchenceo/photos/a.1778176089094411.1073741827.1778170335761653/1809005812678105/

TITLE:新シンク「PARALELLO」の誕生の経緯とその意図、TOYO KITCHEN STYLEが目指す方向

ちょっと長文になりますが新シンク「PARALELLO」の誕生の経緯とその意図とこれからもTOYO KITCHEN STYLEが目指す方向の話です。

コミュニケーションの基本は会話から始まります。キッチンを中心としたライフスタイルも勿論ですが、会話がないと始まりません。では、その会話はどういうきっかけで始まるのでしょうか?


キッチンは単なる料理をするだけの設備ではなく、家族や友人とのコミュニケーションという切り口で考えるべきだ。そういう事を私が言い出したのはもう20年以上前になると思います。今ではどのキッチンメーカーもカタログだけ見ると「家族とのコミュニケーション」というコピーが並ぶ時代になり、誰もがキッチンを単なる料理をする道具という見方をする人が少なくなりました。


では、キッチンを一つのコミュニケーションを促進する為の設備と考えた時、それはどんな要素でもって成立するのでしょうか?まず私が考えたのは、「顔を見るとこから対話は始まる」という意味で、背中を向けて料理をするオンウォールがたのキッチンではなく、家族の顔を見ながら料理ができるアイランド・キッチンを提案しました。この考え方は今では広く受け入れられ、戸建てに納入されるキッチンの大半はアイランド・キッチンになってきました。

でも、次の疑問はキッチンとダイニングが離れていて、それで会話か弾むのだろうかという疑問があり、それを解決する為にキッチンとダイニングを一体化したキッチン、 D-LANDとCD-LANDを開発し提案をしました。この二つのキッチンは単にキッチンとダイニングを一体化するだけでなく、料理をするキッチンの部分と、食事をするダイニングの部分の面を同じにすることで、キッチンとダイニングの心理的な距離を更に縮めました。これによって、料理をしながら食事をし、食事をしながら料理をするというキッチン・スタイルが実現でき易くなりました。そして、この考え方に賛同して戴ける方が多く、特にCD-LANDは弊社としては爆発的なヒット商品となりました。

このヒットを見て、昨年来、量産メーカーが揃って形だけのCD=LANDもどきを出してきたのはご存知の通りです。

今年発売の新シンク「PARALLERO」は更に考え方をもう一歩前に進め、コミュニケーションの基になる要素として「共同体験」とか「体験の共有化」という側面から設計したシンクです。

料理をしながら食事をし、食事をしながら料理をするというライフスタイルの中で一番の問題は、食事をする人は複数だけど、料理をする人は基本一人だけという点です。複数の人が料理をし、同時に食事をする、つまり「料理」と「食事」を複数の人が同時に「体験を共有化」することで更に対話が弾むはずだという考え方です。

「PARALELLO」(パラレロ)シンクはまさにその二人で並んて料理をする事を可能にしたシンクです。

「PARALELLO」シンクでも一つ特筆すべきは、二人で料理ができる巨大なシンクでありながら、通常の1200mm間口のシンクユニットにすっぽり収まるという点です。この意味はこのシンクを搭載するキッチンの間口に大きな制約はなく、一般的な間口のキッチンで奥行きが900mm以上あれば収まるということです。

新シンク「PARALELLO」、全国の主要ショールームでの展示が始まりました。ぜひショールームでキッチンを中心としたこれからのライフスタイルの実現を実感してください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

9.25_nabe2.jpg

TITLE:新シンク「パラレロ」

これが今年の春に発表した新シンク「パラレロ」

間口760mm、奥行760mm、深さ250mmという巨大なシンクです。この巨大なシンクによって、さらに効率的なキッチンを設計できると同時に「食」を中心としたライフスタイルを実現します。

まず、シンク内を多層化する事でシンクの使い勝手の革命を起こした3DシンクのDNAに加えて、前後のプレートの動きを実現する事でプレートの大型化と使い勝手をさらに高めました。

また、この前後にスライドするプレートはシンクの開口部を最大に確保し、多層化シンクでありながら最大限の開口部と広々としたシンクによって使い勝手をさらに向上させました。

また、このパラレロ・シンクは二人同時にシンクを使う事を可能にし、複数の人間が料理をしながら食事をし、食事をしながら料理をするという、「食」を中心としたライフステイルの実現に向けてさらに一歩進む事を可能にします。

9.21_nabe1.jpg 9.21_nabe2.jpg

TITLE:GAGGENAUの実演会 at KOBE

 今年から正式に採用したドイツのGAGGENAU社の調理機器の実演会を神戸ショールームで開催したので、その視察に神戸に出かけていきました。
 お昼頃に神戸に到着して、さて、、取り敢えず腹ごしらえという事で、JR元町駅を降りてすぐの「冷麺処 伸」でお昼を戴きました。
スクリーンショット 2012-07-08 10.21.14.png
 写真はスタミナ冷麺
お肉もたっぷり入ってて、麺も美味しく、また神戸に来たときは寄ってみようと思いました。
神戸というとやはり中華街なんですが、知らないだけかと思いますが、韓国料理も有名なんですかねぇ?
 腹ごしらえが終わって、徒歩で神戸ショールームに向かいました。JR元町駅から徒歩で10分程度です。
 神戸ショールームは旧居留地の近くの小さなショールームですが、名古屋ショールームのようなデッキがあり、そこでの実演会の開催です。
IMG_1602.jpg
 実は神戸ショールームに出かけるのは久しぶりで、基本的レイアウトは変わってないという説明でしたが、かなりスッキリとして印象に変わっていて、いいショールームになってました。
IMG_1600.jpg
 こんな感じてショールームのデッキ・スペースを利用しての開催です。
 このGAGGENAUは今年の春から正式に採用をしたのですが、調理機器としては世界最高峰と言われています。デザインも凄いのですが、カタログ上のスペックに拘る日本の調理機器とまるで違い、料理が美味しく出来上がるという処にかなりの工夫がされています。

 実際に焼いた牛肉と鶏肉を戴いたのですが、味の違いは明確に分かり、今後の販売にかなり自信を持つ事が出来ました。

 
スクリーンショット 2012-07-08 10.46.41.png
 帰り道には好きな大丸のカフェでカフェ.シェケラッティ(エスプレッソをシェーカーで冷たくしたもの)を戴いて、お土産に神戸南京街でいつも行列が出来ている「老祥記 」の豚饅を買って名古屋に帰りました。

 久々の神戸でしたが、いい街ですね。

 仕事で来たのに、何かリフレッシュされて帰宅しました。