TOYO KITCHEN STYLE

JP/EN

COLLECTION

Kitchen

Kitchen Function

ワークトップWorktop

ワークトップがインテリアになる

新感覚ステンレスワークトップ「Emblem(エンブレム)」。
重厚な質感を損なうこと無く、凹凸のはっきりとしたテクスチャーを実現したトーヨーキッチンスタイル独自のステンレス加工。
上に置いたものとの接触が面ではなく点なので、キズがつきにくく、目立ちにくい機能的メリットがあります。

キルト

ミシンで縫ったような、ダイヤパターンの幾何学模様を描き、立体的にステンレスを浮かびあがらせています。表面を鏡面仕上げにすることで、鏡のように美しく周りを映し出します。

Series
iNO

アイス

大自然の流氷からインスパイアされたデザイン。ランダムで深く荒々しいリンクルが特徴で、表情はどこか人の肌のような温もりも感じることができます。

Series
iNO
CORE
BAY
CUBE

レリーフ

編み目のような波型の凹凸が、しっとりとした艶を放ちます。鋼の硬さと相反する優しい風合いをあわせ持ったデザインです。特殊なサンドブラスト加工でシルクを思わせる繊細で滑らかな手触りです。

Series
iNO

ステップストーン

踏み石をイメージした大きな凸凹が特徴の存在感あるデザインです。ヨーロッパの石畳やあさつゆにも通じる不規則なパターンを採用しました。

Series
iNO

職人が1枚1枚ていねいに磨き上げる、
ステンレスワークトップ

高品質ステンレスSUS304を使用
オリジナル研磨のワークトップ

鋼のなかで特に強度に優れるステンレス。成形や曲げ加工が難しいとされるこの素材を、職人の手で丁寧につくり込み、熟練の研磨技術で仕上げました。コーナーとのつなぎ目がなく、まるで一枚板のような美しさと強靭さを兼ね備えたワークトップです。

温かみを感じるステンレス

ワークトップには職人技によるチタン研磨仕上げを施しました。表面に繊細な加工をすることでキズやくもりを目立ちにくくし、柔らかい反射が冷たい印象のステンレスに温かみを感じさせます。

Series
iNO
CORE
BAY
CUBE

INOは極薄の1.3cm
薄く美しい、ステンレスワークトップ

INOのワークトップは極薄の1.3cm。
CORE/BAY/CUBEより薄く、より美しいワークトップです。

  • INO
  • CORE/BAY/CUBE

キッチンに最適な素材「ステンレス」

熱、衝撃、摩耗など過酷な状況や衛生面が求められるキッチンのワークトップに最も適した素材がステンレスです。トーヨーキッチンでは中でも最も腐食がなく、医療現場の機材にも使われることの多いSUS304を標準採用しています。

ステンレスワークトップの特徴

耐 熱
油はねも大丈夫
鍋に使われることからも分かるように、ステンレスは熱に強いので熱湯や油はねで変色することがありません。
弾 力
お皿が割れにくい
ステンレスは長年の使用にも十分な強度を誇る一方、瞬間的な衝撃に対して粘りのある弾力性を兼ね備えています。
耐 汚
油、洗剤にも強い
様々な食材や調味料に対して防汚性が高いだけでなく、ステンレスそのものに殺菌効果があります。
エ コ
再生可能な循環素材
耐久面、衛生面に優れたステンレスは、地球にやさしいリサイクル可能な素材です。

人工大理石のワークトップもお選びいただけます。

Series
CORE
BAY

ゼリーストーン

ゼリーストーンならではの美しい透明感が魅力。澄んだ透明感がキッチンにさわやかなイメージを添えます。

  • ASC3ホワイトグラス

アクアストーン

インテリア感覚にあふれるアクアストーンは、透明感のある美しい発色と光沢が何よりの魅力。他に類を見ない、全く新しい表情豊かなマテリアルといえます。

  • ASP1プラチナムグレイ
  • ASP6サフラン

カームストーン

優れた品質、落ち着いた色柄によってキッチンにやさしい表情を加えます。シミや跡の残りにくい耐汚染性で、強さや耐久性も抜群です。

  • ASV2ストーミーグレイ
  • ASV3ブラックラーバ

Kitchen Function

Concept

個性を映すインテリア空間。日常をエンターテイメントにする、それがトーヨーキッチンスタイルです。

Showroom

クオリティとデザインの頂点を極めた製品。ぜひショールームにてご体感ください。

Simulation

Webでお見積り。キッチン、インテリア選びのご参考に。