閉じる

TOYO KITCHEN STYLE (R)

よくある質問と内容

数多く聞かれる質問、また「これはぜひ知っていただきたい」
という内容を中心に、紹介させていただきます。

Q01

営業職の主な訪問先はどこですか?

訪問先は特約店と呼ばれる当社と直接取引する会社の他、工務店、設計事務所、ハウスメーカー、デペロッパーなどです。また、現在は決定権が施主となることが多くなってきたため、ショールームで施主と業者を交えて打ち合せを行うケースもあります。

Q02

営業職とは具体的にどのような意味ですか?

営業職とは単にルート営業のように御用聞きの営業ではなく、得意先毎に販売戦略を立てたり、新規業者を攻略する営業を行う意味とお客様に対しても、提案型の営業を行う意味を持っております。

Q03

ショールームは女性のみの勤務ですか?

当社ショールームでは女性だけでなく男性スタッフも勤務しています。

Q04

文系で営業職を希望しますが、建築の資格や専門知識は必要ですか?

仕事に必要な知識はOJTによって身に付けていきます。よって、資格等がなくともやる気があれば問題ありません。専門学科に関係なくインテリアやデザインに興味のある方を歓迎しています。

Q05

採用試験はどのように行われますか?

当社は人物本位で面接を重視します。

Q06

仕事に対する若手社員の声はどのように反映されるのでしょうか?

若手の意見は支店・営業所・ショールームなど出先の場合は、支店長週報という形で社長まで意見が反映されます。また、電子掲示板・メールシステムが確立していますので、若手社員から直接社長へ意見が反映されることもあります。

Q07

環境問題への取り組みを教えてください。

当社は早い時期から環境問題に取り組んでおり、キッチンに使用されている主要部材は南洋材を使用せず、間伐材を使用した材料で構成されています。また、リサイクルが容易なアルミニウムをキッチンメーカーではいち早く取り入れ、引き出しや棚板などの材料に使用しています。

Q08

ショールームを見学したいのですが、突然行ってもいいのでしょうか?予約等が必要ですか?

ショールーム見学に予約は必要ありません。ただし、受付時に就職活動の旨をお伝えください。

Q09

将来、インテリアコーディネーターの資格を取りたいと思っていますが、その際に援助はしてもらえますか?

残念ながら会社としての資金バックアップ制度は現在のところありません。ただし、個人的に資格を取り、それが仕事の中で活かされて成果として現れてくれば、当然評価の対象となります。

Q10

女性がどの分野で、どのように活躍しているのか、もう少し具体的に知りたいです。

現在、当社で働いている女性の大半はコーディネーター職です。また、本社関係の一般事務職も女性です。ただし、まだ少数ではありますがデザイン職、本社 管理部門、営業職に総合職の女性が働いており、今後も男女を問わず優秀な人材が様々な部署で活躍して頂くのを期待しています。

Q11

短大生も採用していますか?

採用しております。