TOYO KITCHEN STYLE (R)

ニュース&イベント

イタリア×日本 時代と国を超えた伊藤若冲の新しい解釈 ベネツィアンモザイクアート「SICIS 伊藤若冲コレクション」発表

2014年11月20日

TOYO KITCHEN STYLE News Release 2014

株式会社トーヨーキッチンスタイル(代表取締役社長 渡辺孝雄)は、2014年11月22日(土)よりイタリアSICIS 社製ベネツィアンモザイク「SICIS 伊藤若冲コレクション」11種を発表します。

 


(左)製作風景|(右)モザイクによって描かれたSICIS 伊藤若冲コレクション「向日葵雄鶏図」4,613,000 円(税抜)W1350×H2400×D4mm

 

・SICIS 伊藤若冲コレクション

 

SICIS 伊藤若冲コレクションは、弊社代表取締役渡辺孝雄がキュレーターとして、ベネツィアンモザイクアートブランドSICIS とコラボレーションを行った事で誕生しました。イタリア・ラベンナの工場の熟練したモザイク職人が吟味したモザイクを1枚1枚手割りをして製作しています。伊藤若冲の繊細な筆の動きを再現するため、通常の手割りモザイクよりも細かく貼り合わせを行っています。独特な豊かな色彩をベネツィアンモザイクによって表現する事により、艶と透明感を加え、名作に新たな解釈を与えました。過去と現在、日本とイタリア、絵画とモザイク、インテリアとアート。
様々な境界線を超えた、伊藤若冲へのオマージュです。

 

・展示場所

 

2014年11月22日GRAND OPEN!!
TOYO KITCHEN STYLE |トーヨーキッチンスタイル・ザ・ハウス
〒465-8670 名古屋市名東区一社2-21
TEL:052-709-1040 FAX:052-709-0185
営業時間:10:00~18:00 休館日:毎週水曜日/夏期/年末年始

 

・伊藤若冲(1716-1800)
江戸時代中期の京にて活躍した絵師、 写実と想像を巧みに融合させた「奇想の画家」として称せられる。
作風は、多種多様の動植物を繊細に描き、さまざまな色彩と形態が重なることで織り成す、華麗な作品が特徴。そして色彩豊かでありながら絹地に染料と顔料を巧みに組み合わせた表現された全体のイメージは、 淡い色彩にも深みが同居しています。
特に、若冲の特徴的な技法「裏彩色」は、絹地の裏からも着色することで全体の立体感や透明感を生み出し、繊細な描写と相まって動植物が生きている瑞々しさに溢れています。
代表作の「動植綵絵」30 幅は、綿密な写生に基づきながら、近代のシュルレアリスムにも通じる幻想的な雰囲気が漂う。
また、当時の最高品質の画絹や絵具を惜しみなく使用したため、200 年以上たった 現在でも保存状態が良く、褪色も少ない。
「動植綵絵」は、若冲が相国寺に寄進したものであるが、のち皇室御物となり、現在は宮内庁が管理している。


 

・SICIS 伊藤若冲コレクション一覧(価格税抜表示、サイズ全てW1350×H2400×D4mm)

 


左より「紅葉小禽図」4,920,000 円|「雪中錦鶏図」4,920,000 円|「老松鸚鵡図」4,613,000 円|「向日葵雄鶏図」4,613,000 円


 


左より「牡丹小禽図」4,920,000 円|「老松白鳳図」4,920,000 円|「老松孔雀図」4,920,000 円|「薔薇小禽図」4,920,000 円


 


左より「梅花群鶴図」4,613,000 円|「桃花小禽図」4,920,000 円|「芍薬群蝶図」3,844,000 円


・製作風景

 


 

《CONCEPT》

 

◯豊かさの進む先にあるアート
インテリアとアート。
まるで違う世界に感じる方も多いかもしれませんが、ここ近年その境界線が曖昧になってきていると感じています。
衣食住、モノがあることが豊かな時代から、現代はモノは溢れ、 生きていくための必要最低限のものは近所のスーパーマーケットで安価に揃ってしまう時代になりました。 そして人々は、さらに違う豊かさを求める様になりました。
機能を越えた、自分の感性に響く「何か」を探しもとめ。
そのキーワードが「アート」だと考えています。
私の考えるアートの定義は、機能を越えた、感動や安らぎ、喜びを与えてくれる何かです。
これからの衣食住、すべての分野において、 共通のキーワードだと考えています。

 

◯伊藤若冲とSICIS
インテリアの可能性を広げるため、より深く心に刺さるアートしての表現の様々な方向性を考え、行き着いたのが、江戸時代中期の京にて活躍した絵師、 伊藤若冲をSICIS のモザイクによって再解釈することでした。
伊藤若冲の作風は、多種多様の動植物が、繊細に描かれ、さまざまな色彩と形態が重なることで織り成す、華麗な作品です。そして色彩豊かでありながら絹地に染料と顔料を巧みに組み合わせた表現された全体のイメージは、淡い色彩にも深みが同居しています。
私は伊藤若冲の作品をSICIS のベネツィアンモザイクで表現したならば、 新しい若冲が生まれると確信し、SICIS のレオ社長に相談しました。
当初、イタリアを代表する表現力、技術力を誇るSICIS のモザイク職人でさえ、 若冲の作品をベネツィアンモザイクで表現することには躊躇しました。作品の美しさを違う手法で表現するとしても、その繊細な一筆一筆を生かさないと意味が根本から変わってしまうことを彼らは理解していました。そして彼らの最終的な判断は、通常の手割りのモザイクとは比べ物にならないレベルまで細かく、そして筆の動きに合わせ貼り合わせていくことを実践しました。
また、若冲の特徴的な技法である「裏彩色」が生み出す、豊かな色彩と透明感によって表現された瑞々しさが、ベネツィアンガラスの艶や色彩、そして透明感で再表現されることで、新しい生命感が生まれました。そして、雪の表現についても、若冲の特徴である「水気をふくんだ粘りある雪」ベネツィアンガラスの様々な白によって表現することで実現しています。
完成した作品をご覧ください。
息をのむ程の圧倒的なまでの繊細な表現と色彩。
ベネツィアンモザイク×動植綵絵は、新しい若冲の解釈として
日本とイタリア、時代と国を越えた伊藤若冲へのオマージュです。

 

若冲がこの作品を見てくれたなら、きっと気に入ってもらえると信じています。

 

渡辺 孝雄

 

・SICIS |シチス
シチスは、1987 年イタリアのラベンナにて創業。世界に25 店舗のショールームを展開し、世界中でべネツィアンモザイクの品質の高さと技術が認められ、世界中のプレミアムホテルなどの商業施設や、住宅に採用されています。
SICIS(シチス)とは、”Sic Immensos Ciarosque Inceptos Somniavi”というラテン語のイニシャル。”果てしなく名高い偉業を夢見たように” を意味します。すべてのシチスコレクションは、唯一無二のオリジナルカラー。貴重な鉱物をガラスに混ぜ、高温で溶かすことによって生まれる、シチスだけの色彩で製品を展開します。
また、シチスは現在、家具やジュエリーも展開するなど、モザイクを軸にしたハイブランドとして世界で認知されています。

PDF