Interiorインテリア最新トレンド

キッチン「イノ・キルト|iNO QUILT」登場

2017.9.26 Tue

「美」がもたらす緊張感が心地よいキッチン
キッチン「イノ・キルト|iNO QUILT」発売開始

Quilt_04

サイズ:W2440 – 6490 × D770/900/1050/1260/1460 × H850/900/950mm
※上記のサイズは、扉が「キルト」の場合です。ワークトップは写真の仕様と異なる場合を含みます。

キッチン「イノ・キルト|iNO QUILT」

美しいというだけでなく、緊張感を感じさせる美しさはインテリアの一服の清涼剤。
そんな研ぎ澄まされた「美」をキッチンで表現しました。
ステンレスという素材の究極の美しさに酔いしれてください。

Quilt_05

ステンレスの塊。どこから見ても美しい。
ワークトップやキッチン扉が、ステンレスのキルトで 1 つになりました。
さらに、シンクの中までキルトでつながり、美しいステンレスの塊感を堪能させてくれます。
どこから見ても美しいキッチンの完成です。

ドアマテリアル「キルト|Quilt」
Quilt_06
鏡面に磨いたステンレスを立体的に浮かび上がらせた「キルト」

通常なら柔らかい布地でつくるキルティング。
ミシンで固いステンレスを縫ったような、特殊プレス技術でダイヤパターンの幾何学模様を描き、キルトダウンに羽毛をいれるように立体的にステンレスを浮かびあがらせています。
そして、表面を鏡面仕上げにすることで、鏡のように美しく周囲を映し出します。

ドアパネルについて詳しくはこちら

シンク「パラレロ|Parallelo(キルト仕様)」
Quilt_07

一瞬で水が消える、「逃げ水シンク」。
シンク全体をワークトップと一体化させたキルト仕様のパラレロ。
ステンレスを鏡のように研磨することで滑らかな水流を生み出し、キルティング状に溝を走らせた特殊プレスによって、水が逃げるように吸い込まれます。
水が一瞬で消える、今までにないキッチンシンクの誕生です。

シンクに水路をつくりました。
Quilt_08

規則正しい正確なダイヤパターンの溝をつたって、気持ちよく水が流れていきます。
まるで水路を勢いよく流れていく水を見ているように、驚きのスピードの水切れが体感できます。

サイズ: シンク W760×D760mm / W910×D910mm ワークトップ W1240 – 3490 × D900/1050mm

シンクについて詳しくはこちら

フロアユニット「プッシュオン|PUSH ON」
Quilt_09

最新の自動スライドシステムを採用した、あたらしい引出し収納「プッシュオン」。
ハンドルがないことで生まれる金属の塊感。
このラグジュアリーなデザインを生み出すために開発された のが、最新の引出しシステム-プッシュオンです。
扉を軽く押すだけで、ワイドな引出しもスムーズにオープンし、押し返すだけで音もなく、スッと閉まります。
従来の電動式とはちがう、電源不要の自動スライドシステムです。
キッチンでの作業をより快適に、そして扉を開閉する仕草もエレガントにみせてくれます。

両手がふさがっていてもOK。モノをしまう動作に無駄がありません。
Quilt_10

プッシュオンは、腰やヒザで押すだけで自動で扉が引き出せます。
両手で鍋やお皿を持っているときや、 調理で手がよごれているときでも大丈夫。
からだの一部で扉に触れるだけで、片付けや調理の手を止める ことなく、流れるような動作でキッチン作業が行えます。

フロアユニットについて詳しくはこちら

レンジフード「ユーフォー|UFO新サイズ
Quilt_11

キッチン全体をカバーする、W2400mm の超ワイド UFO。
キッチンやインテリアと調和するデザイン性と、高い煙捕集性、メンテナンス性を持つUFOに、お部屋全体の換気まで可能にする、ワイドサイズが加わりました。
鍋から立ちのぼる湯気やフライパンの油煙など、強力に煙を吸い込むだけでなく、シンク内の生魚や香りの強い食材から発生する臭気も、レンジフード全体で効率的に吸引してくれます。

ワイドなフードですべてをキャッチ。部屋の中へ煙やニオイを逃しません。
Quilt_12

フラットな整流板を伝い、サイドウィングで煙や臭いをキャッチ。
社内実験を何度も繰り返し発見した「3 枚の羽」は、上に登ろうとる煙を段階的に捕集していき、上空に逃げた煙も引き戻します。

簡単操作でシンプルな清掃性。
Quilt_13

サイズ:W2400/D900/H483mm
仕上げ:SUS304 鏡面仕上げ+艶消し塗装カバー / 仕様:シロッコファン×2機 / LED 照明×8灯

おそうじはシンプルで簡単。フード手前のボタンを押すだけで、ワンタッチで整流板が下りてきます。
簡単操作でフードの中まで手が入るので、溜まった油はオイルトレーから棄てるだけ。
整流板は取り外しも可能です。

レンジフードについて詳しくはこちら


プレスリリースは
こちら

Follow us
News LetterSTYLE Magazine
E-mail
お名前
お名前(カタカナ)
住所
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
Category
Share

関連記事

Read More

Image Post