moooiインテリア最新トレンド モーイ

moooi 2018年-秋の新製品発売開始

2018.10.31 Wed

「パーチライト」シリーズ新作やマーティン・バースによるソファ
モーイより秋の新製品発表

moooi18autumn_850

perchlighttree_450

パーチライトツリー|Perch Light Tree
デザイン:ウムト・ヤマチ|Umut Yamac
サイズ:W170×D160×H270cm
価格:3,814,000円
光源:LED
止まり木に止まって、遊んだりさえずったりしている鳥たちがモチーフとなった詩的で優雅な照明シリーズに、豪華なツリータイプが登場。
折り紙のように折られた鳥は、くちばしと尾羽根の先端の真鍮色の金属がおもりとなり、止まり木の上でゆらゆらとバランスを取りながらスイングします。
両足を通じて灯されているLEDが温かみのある柔らかい光を拡散します。鳥は大小異なるサイズが居り、前後の向きと位置も変えることが可能です。

somethinglikethissofa_450

サムシングライクディスソファ|Something Like This Sofa
デザイン:マーティン・バース|Maarten Baas
サイズ:W307×D148×H88cm
価格:1,256,000円
フリーハンドで描いたスケッチをそのまま忠実に製品化したような不揃いなデザインが特徴のソファ。
こう見えて、空間に合わせて様々な組み合わせや大きさが実現する完璧なシステム性を備えたシステムソファです。
どんな組み合わせでもちゃんと持ち前の不揃いに組みあがります。

filigreefloorlamp_450

フィリグリーフロアランプ|Filigree Floor Lamp
デザイン:リック・テグラー|Rick Tegelaar
サイズ:W80×D65×H160-240cm
価格:332,000円
光源:LED
「光源と照明との違いは何か?」これがフィリグリーフロアランプに課せられた問いです。
エレガントで繊細な細い線で描かれるネットは、フィリグリージュエリーを思い起こさせます。
ランプの中心にある強力なLEDライトをカバーする半透明のスクリーンは、ピンと張られ部屋中に柔らかな光を拡散します。ディマー機能付き。

canalchair_450

カナルチェア|Canal Chair
デザイン:ルカ・ニケット|Luca Nichetto
サイズ:W66×D43×H85×SH48cm
価格:144,000円〜
仕様:ステマニケット / トンシュールトン / ガレア
何世紀にも渡って地中海の水路を席巻した古くからの典型的な船の船首をモチーフにしたアームチェア。
船のカラーを思わせる様々なファブリックをラインアップ。水路の国、オランダらしいデザインです。

turbotablehigh_450turbotablelow_450

ターボテーブル|Turbo Table
デザイン:マーティン・バース|Maarten Baas
サイズ:ハイ W89×D79×H100cm / ロー W131×D47×H40cm
価格:ハイ 483,000円 / ロー 557,000円
子供が書いた落書きをそのままテーブルにしてしまった、まるでおとぎ話のようなテーブルです。
同じくマーティン・バースがデザインしたサムシングライフディスソファとは相性ぴったり。アンテナはペンホルダーになっています。

nr2_450

エヌアールツー|NR2
デザイン:ベルトヤン・ポット|Bertjan Pot
サイズ:φ55×H44cm
価格:169,000円
光源:LED
エレガントで明るく、糸玉のような、石鹸の泡のような軽やかな形状をした照明。
ファイバーグラスの細かい糸で飾られ、内側のLEDで照らされると光っているようにも見えます。


■仕様追加■

jacksonchair_450

ジャクソンチェア|Jackson Chair(シグネチャーレザー)
デザイン:マルセル・ワンダース|Marcel Wanders
サイズ:W89×D79×H100×SH38cm
価格:1,200,000円
リクライニング機能とスィーベル機能が備わった快適な座り心地のアームチェア。
体全体を支えてくれる巨大な背もたれは、日常生活で溜まった疲れを癒すのに最適です。きっとお気に入りの場所になるでしょう。専用のフットスツールもあり。

coppelia_450coppelias_450

コッペリア|Coppelia(ブラックフレーム)
デザイン:三宅 有洋|Arihiro Miyake
サイズ:φ101×H54cm / S φ68×H43cm
価格:509,000円 / S 417,000円
光源:LED
新しいLED技術で何ができるか?を発想することからプロジェクトがスタートした新しいシャンデリアのかたち。
極細のワイヤーに電極を通すことで、ワイヤーそのものが本体としてコッペリアのフォルムを形作っています。繊細で複雑に見えるワイヤーパターンも、よく見ると実は秩序だった規則のもとに構成されています。
LEDの光を周囲に広く分散させるチャレンジから、シャンデリアのように放物線を描いた、光が軽やかに浮遊するデザインが完成しました。


プレスリリースはこちら


タグ:

関連記事

Read More

Image Post