Showroom Newsショールームニュース

今さら聞けないソファの選び方 奥行・足元編 ~ソファ受注会開催中 in福岡・熊本~

2019.2.14 Thu

~2/19(Tue)

2.14_fukuoka1

トーヨーキッチンスタイル福岡・熊本ショールームではソファ受注会を開催しています。
数あるソファの中から何を基準に選べばよいかお悩みの方も多いはず。
今回は、意外と見落としがちな、ソファの奥行きと足元についてご紹介します。

ソファの奥行きと生活スタイルについて

日本で多く流通しているソファの座面の奥行は約50cm。姿勢を正して座るには程よい奥行です。
一方で、ソファでは体を投げ出して、くつろぎたいと考えられる方も多いはず。
海外のハイブランドのソファは、クッションを併用して使うことが多く、深い奥行きが特長です。

家族やゲストとの会話を楽しむ、映画やドラマをソファでゆっくりと見たい、とお考えの方は、ソファの上で胡坐をかいたり、寝ころべる、深い奥行きのソファが最適かもしれません。
クッションを使用することにより、奥行きが調整でき、姿勢も保持しやすくなります。

2.14_fukuoka2

2.14_fukuoka3

ソファの足元 エアフロー構造のオススメ

2.14_fukuoka4

2.14_fukuoka5

トーヨーキッチンスタイルのキッチンで採用している 「エアフロー構造」
浮遊感や、風通しの良さによる快適性、優れた衛生効果が特長です。

ソファにおいても同様のことが言えます。
ソファは大物家具のため圧迫感が出やすいものですが、エアフロー構造のソファの場合、解放感や軽快感が演出できます。
また、ペットの毛やホコリもラクに清掃ができます。

ソファ選びの重要なポイントです。

ソファへの拘りはお客様によって千差万別。
トーヨーキッチンスタイルでは専門スタッフがお悩みを解決します。
ぜひ、期間中にショールームにご来館ください。

福岡ショールーム→

熊本ショールーム→


商品の詳細な仕様は、オンラインショップにてご確認いただけます。
商品を詳しく見る→
その他「暮らしを彩るインテリア」を豊富に取り揃えております。
インテリアを詳しく見る→
「キッチンがインテリアになる」強く美しいシステムキッチン。
システムキッチンを詳しく見る→
ショールームではどんなサービスが受けれるの?
ショールームをご利用いただくメリットをご紹介→
製品をゆっくりご覧いただけますようご来館予約を承ります。
ご来館の際は、入力フォームもしくはお電話にてご予約ください。
スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

ご来館予約フォーム→


タグ:

関連記事

Read More

Image Post