Kitchen・Interiorキッチン・インテリア最新トレンド

憧れを現実に。アイランドキッチンのメリット・デメリット

2021.10.14 Thu

アイランドキッチン メリット デメリット

あたらしく家を建てるならキッチンにこだわりたい。
リフォームして、使いやすいキッチンに替えたい。

キッチンを考えるとき、アイランドキッチンにしたい、憧れるという方も多いのではないでしょうか。
今回はアイランドキッチンのメリット・デメリット、快適に使うには?などのポイントに絞って、アイランドキッチンについてくわしく特集します。


<目次>
・アイランドキッチンとは
・アイランドキッチンのメリット
・アイランドキッチンのデメリット
・アイランドキッチンを快適に使うためのポイント
・アイランドキッチンがさらに進化!「ゼロ動線キッチン®」

アイランドキッチンとは

アイランドキッチン メリット デメリット

アイランドキッチンとは、キッチンを島(アイランド)のように独立させたキッチンのことです。
リビングスペースに向かうように設置されることが多く、家族やゲストと向かいながら調理をしたり、コミュニケーションを図れます。

キッチンのレイアウトには対面キッチンと壁付キッチンとあり、アイランドキッチンはこのうちの対面キッチンに含まれます。
対面キッチンにはアイランドのほかにもキッチンの片面を壁につけたペニンシュラ(半島)やシンクと加熱をわけたセパレート(Ⅱ型)などがあります。


アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチン メリット デメリット

開放感がある
アイランドキッチンは壁から離れて独立しているため、どこからもアクセスしやすく、また視線を壁に遮られることもないため、リビングに向かいながら広い視野で家事や料理を楽しむことができます。
新築やリフォームなどの間取りを考えるとき、キッチンを中心としたレイアウトが考えやすいです。
アイランドキッチンは壁から離れて独立しており、視線を壁に遮られることもありません。リビングとの一体感があり、新築やリフォームの際キッチンを中心とした空間をデザインしやすいです。

コミュニケーションが取りやすい
リビングと対面する形になっているアイランドキッチンは、家族やゲストと会話しながら調理ができるため、キッチンで独り調理をする、ということがありません。
小さいお子様の様子も調理をしながら見ることができます。

複数人で作業しやすい
アイランドキッチンはキッチンの周囲をぐるりと回ることができ、それによって調理や配膳がしやすくまたキッチンの対面側や側面などキッチンを囲んでの作業がしやすいです。
家族と一緒に調理をしたり、ゲストを呼んでホームパーティーをしたり、キッチンを中心に会話が弾みます。

スタイリッシュでおしゃれ
アイランドキッチンなだけで空間がスタイリッシュに見えます。
またアイランドキッチンは「見せる」ことを意識したデザインのものが多く、存在感があり空間の主役となることでしょう。


アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチン メリット デメリット

広いスペースが必要
アイランドキッチンを設置するには、両サイドに通路を確保するためのスペースが必要になります。
そのため壁付キッチンやペニンシュラキッチンより広いスペースが必要となります。
あまり広くない空間にアイランドキッチンを無理に置くと極端に狭くなりアイランドキッチンの良さも発揮できなくなります。

キッチンが丸見え
アイランドキッチンは「見せるキッチン」と言われますが、裏を返せばすべてがどこからも丸見えになってしまうということが言えます。
散らかった印象にならないためにも、整理整頓や日々のお手入れを心がける必要があります。

部屋に匂いがつきやすい
キッチンの周りに壁がないので、匂いや煙が部屋全体に充満しやすく、特にIHヒーターの場合ガスコンロに比べて上昇気流が弱いため、換気扇を回してもあまり効果がなくキッチンの周囲に匂いが広がりやすいです。
高性能なレンジフード(換気扇)や換気を考えた窓の配置など部屋全体の環境づくりも大事になっていきます。

収納スペースが少ない
アイランドキッチンは壁から離れているため、収納スペースが限られます。
十分な収納力のあるキッチンを選んだり、壁際にカップボードを置くなど、収納も合わせて検討する必要があります。


アイランドキッチンを快適に使うためのポイント

アイランドキッチン メリット デメリット
メリット・デメリットがあるアイランドキッチンですが、ではどのようにしたらアイランドキッチンを快適に使えるのでしょうか。

形を考える
アイランドキッチン、ダイニングテーブル、ソファ・・すべてを置こうと思うとスペースがない!
そんなときはキッチンの形を考えてみては。
トーヨーキッチンスタイルにはキッチンとダイニングテーブルがひとつなぎになったアイランドキッチン(CD-LAND)があります。
キッチンで食事ができればあとはソファの置き場所を考えるだけですみます。
左右の通路を確保できなければ、片側を壁につけたペニンシュラキッチンにするのもおすすめです。
ペニンシュラキッチンなら壁があることで匂いや汚れの飛散も防ぐことができます。

収納力のあるキッチンを選ぶ
壁面収納もいいですが、できればアイランドキッチンそのものにたっぷりとした収納力があるといいですよね。
トーヨーキッチンスタイルのフラッグシップキッチン「INO|イノ」は大型で美しく収納できるフロアユニットで、一般と比べ18cmも奥行きが広く、たっぷりと収納することができます。
お皿はもちろん大きな鍋やボウルなども余裕でしまうことが出来ます。

フロアユニットについてくわしく→

アイランドキッチンのために開発されたレンジフードを選ぶ
部屋中に煙や匂いが充満してしまうのを解決するには、アイランドキッチンのために開発されたレンジフードがおすすめです。
「ユーフォーフード|UFO」なら、左右の3枚羽が確実に煙や匂いを吸い込むので、お部屋の中でどんな煙や匂いも漏らしません。
また、150cmの超ワイドフードならコンロとシンクまでキッチン全体をカバーします。

ユーフォーについてくわしく→


アイランドキッチンがさらに進化!「ゼロ動線キッチン®」

アイランドキッチン メリット デメリット

ゼロ動線キッチン®ならアイランドキッチンのメリットを活かし、さらにデメリットもカバーできます。

ゼロ動線キッチン®はキッチンでの調理動線をゼロにする目的で考えられました。
シンクと加熱が遠いとどうしても右に左に行ったり来たりして疲れてしまいます。
使いやすいキッチンは疲れないはず。
ゼロ動線キッチンは、キッチンでの調理動線をゼロにする目的で開発された、最新のキッチンスタイルです。

ゼロトップ
調理台スペースをシンクの中に置き換えることでシンクとコンロの距離の最短距離を実現しました。
これによりキッチンのサイズがコンパクトになり、今まではアイランドキッチンが置けなかったようなスペースでも置くことができます。

パラレロシンク

アイランドキッチン メリット デメリット

パラレロは洗う・切る・盛り付けるのすべての作業がシンク内で行えます。シンクの中で調理が完結する新発想のシンクです。
これによりシンクと調理台スペースを行ったり来たりしていた作業が、これからはシンクの前から一歩も動かずに完結できます。

また、パラレロは単に料理がしやすいというだけでなく、対面側からも使えたり、大人2人が横に並んでも広いスペースを確保でき、まさに会話するキッチンシンクです。
ひとりでの調理作業からみんなで料理を楽しむキッチンへ。
まさにアイランドキッチンのメリットである、「コミュニケーションが取りやすい」、「複数人で作業しやすい」を叶えたキッチンです。

ゼロ動線キッチンMOVIE→

全国のショールームではアイランドキッチンとインテリアを組み合わせた展示を多くご覧いただけます。
実際にアイランドキッチンをお部屋に置いたときのイメージがしやすく想像も膨らみます。

また、パラレロシンクを実際に料理をしながら体験できる体験会も随時開催しています。
是非一度お近くのショールームにお越し下さい。

全国ショールーム一覧→


タグ:

関連記事

Read More