TOYO KITCHEN STYLE

JP/EN

ニュース&イベント

TOYO KITCHEN STYLE より 世界が嫉妬する洗面空間「MATERICO by Jaime Hayon(マテリコ バイ ハイメ・アジョン)」発表

2014年10月30日

TOYO KITCHEN STYLE News Release 2014

株式会社トーヨーキッチンスタイル(代表取締役 渡辺孝雄)は、2014年10月30日(木)より、ハイメ・アジョンとのコラボレーションによるオリジナル洗面「MATERICO by Jaime Hayon(マテリコ バイ ハイメアジョン)」を発表します。(後援:スペイン大使館経済商務部)

 


TOP:ホワイトマーブル SINK:塗装ホワイト WIDE:200cm 価格: 1,789,000円(税抜)


TOP:ステンレスチタン仕上げ SINK:鏡面仕上げ WIDE:80cm 価格:1,178,000 円(税抜)|TOP:ブラックマーブル SINK:塗装ブラック WIDE:140cm 価格:1,519,000 円(税抜)

 

「MATERICO by Jaime Hayon」は【キャビネット × シンク × ワークトップ 】の構成となっており、

 

・サイズ:3バリエーション(W80,140,200cm)
キャビネット:2色(ホワイト、ブラック)の2バリエーション
・シンク:鏡面と塗装2色(ホワイト、ブラック)の3バリエーション
・ワークトップ:チタンと大理石2色(ホワイトマーブル、ブラックマーブル)、人工大理石2色(ストーミーグレイ、ブラックラーバ)の5バリエーション

 

から組み合わせる事が可能です。



CONCEPT MATERICO by Jaime Hayon |コンセプト マテリコ バイ ハイメ・アジョン

 

MATERICO by Jaime Hayon manifests a powerful vision: that through joy and elegance, the bathroom can be elevated to the same level of importance as the living room. Hayon brings his characterful design and the idea of elegance to the bathroom, with the same attention to craft and emotion as he applies to lounge chairs and sofas. “A hundred years ago, the bathroom was as important as other rooms in the home – the Victorian era and even the age of Art Deco,” says Hayon, “but in the last few decades, we’ve lost that spirit in favor of clinical, asceptic spaces.” Bathroom design has a special place in the practice of Jaime Hayon. After all, it was 10 years ago that Hayon launched his career with a collection so surprisingly elegant for bathroom, it was exhibited at the London Design Museum. Today in collaboration with TOYO, Hayon brings 10 years of further development to bear in a new bathroom collection, through noble materials such as marble, wood, and of course stainless steel, TOYO’s area of expertise. Hayon concludes, “The Jaime Hayon Collection brings glamour – together with function – back to bathrooms

 

Jaime Hayon

“MATERICO by Jaime Hayon”は、歓びと上質なエレガンスを通し、バスルームはリビングルームと同等の重要性
をもつまでその価値を高められる、という力強いビジョンを示しています。

 

このたびハイメ・アジョンはラウンジチェアやソファをデザインする際のクラフトワークへの意識や感情をそのままに、その個性的なデザインとエレガンス溢れるアイデアバスルーム空間に応用しました。
「今から100年前ほど遡るビクトリア朝時代やアール・デコの時代、バスルームは他の部屋と同等の重要度を持っていました。しかしながら、この数十年で病院のように殺風景で無菌的なスペースとしてのバスルーム認知が主流になり、バスルームはその精神性を失ってしまったのです」とハイメは言います。

 

Jaime Hayonのデザインにおいてバスルームは特別な意味をもっています。ハイメは今から10年前、 London Design Museumにて驚くほどエレガントなバスルームコレクションと共にバスルームデザインのキャリアをスタートさせました。今回、TOYO KITCHEN STYLEとのコラボレーションでは、マーブル、 ウッド、そしてTOYO KITCHEN STYLEの専門であるステンレススティールといった品格ある素材を用いることで、 彼のバスルームコレクションは更なる成長を遂げました。

 

「 “MATERICO by Jaime Hayon” は、バスルーム空間に機能性だけでなく、かつてバスルームがもっていた“魅力”をまた取り戻すのです」とハイメは結んでいます。



Jaime Hayon Profile |ハイメ・アジョン プロフィール

 

Spanish artist-designer Jaime Hayon was born in Madrid in 1974.
Times magazine included Hayon as one of the 100 most relevant creators of our times and Wallpaper magazine has listed him as one of the most influential creators of the last decade.
With offices in Italy, Spain and UK, Hayon’s main interest is to find challenges and new perspectives. His vision blurrs the lines between art, decoration and design bringing back a renaissance in finely-crafted, intricate objects within the context of contemporary design culture: creating furniture, product, interiors, sculptures and art Installations.
His unique style was first fully exposed in ‘Mediterranean Digital Baroque’ at London’s David Gill Gallery, followed by many exhibitions and installations set up in major galleries and museums worldwide. His concern for the conservation of craft skills and his way of challenging design has led him to develop renowned work for Baccarat, Fritz Hansen, The Groningen Museum, Bisazza, Bosa, La Terraza del Casino, Lladró, Magis, Established & Sons and Faberge among many others.
His influence and variety has received important International awards such as Elle Deco International Award 2006, Elle Deco Germany: ‘Best International Designer’ 2008, ‘BEST DESIGNER’ for ELLE DECO JAPAN in 2008, AD RUSSIA ‘DESIGNER OF THE YEAR’ 2009, MAISON OBJET DESIGNER OF THE YEAR 2010. In 2008, Jaime was guest of honor at Belgium’s Interieur Biennial, the youngest person ever to receive the accolade

 


ハイメ・アジョンはスペイン人のアーティスト/デザイナーで、1974年にスペインのマドリッドで生まれました。 Times誌は、現代の最も活躍するクリエイター100名のひとりとして、また、Wallpaper magazineは、 近年、最も影響力のあるクリエイターの1人として、ハイメ・アジョンを選出しました。イタリア、スペイン、イギリスにオフィスを持つハイメが最も大切にしているのは、新しい挑戦と可能性の追求を継続することです。彼のもつ視点はアートと装飾、そしてデザインの世界の境界線を曖昧にしつつ、丁寧なクラフトワークと複雑なオブジェという形式をもってコンテンポラリーデザイン文化と一致させ、家具、プロダクト、彫刻およびアートインスタレーションの作品世界を創り出しています。
彼の独自なスタイルはロンドンのデイビッド・ギル・ギャラリーにて展示された「地中海のデジタル・バロック」という作品にて開花し、その後世界の名だたるギャラリーおよびミュージアムにて作品展示が行われています。伝統的なクラフトスキルを守る姿勢と新たなデザインに挑戦する彼の手法はバカラ、フリッツハンセン、グローニンガー美術館、ビザッツァ、ボーサ、ラ・テラッツァ・デル・カジノ、リヤドロ、マジス、エスタブリッシュド&サンズ、そしてファベルジェなどの一流クライアントとの仕事に携わる中で、素晴らしい作品となって表現されています。
彼の活動は、国際的なメディアで数多く紹介されてきました。2006年の「Elle Decor International Award」、Elle Decor誌ドイツ版の「Best International Designer 2008」、エル・デコ日本版の 「2008年ベストデザイナー」、AD誌ロシア版の「Designer of theYear 2009」、パリの見本市メゾン・エ・オブジェの「Designer of the Year 2010」をはじめ多くの賞を受賞しています。また2008年には、ベルギーのインテリア・ビエンナーレにて最年少でゲスト・オブ・オーナーに選ばれました。

PDF