期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

アイランドキッチンとダイニングテーブルがセットの事例|メリット・デメリットも解説

新しくキッチンを作る際には、ダイニングテーブルも新しくする人が多いでしょう。特にアイランドキッチンを検討している場合にはダイニングテーブルもセットでプランニングするとよりおしゃれで効率的になります。

この記事では、アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにするメリット・デメリットや、セットしたレイアウト事例を多数ご紹介しています。アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにする魅力を知り、ぜひワンランク上のおしゃれなキッチンを手に入れてください。

INDEX

  1. アイランドキッチンとダイニングテーブルがセットになるメリット
  2. アイランドキッチンとダイニングテーブルがセットになるデメリット
  3. アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにする方法
  4. アイランドキッチンとダイニングテーブルがセットの事例
  5. アイランドキッチンのカウンターのメリット
  6. カウンター付きアイランドキッチンの事例
  7. アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにすると、より魅力的に
もっと見る
理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

アイランドキッチンとダイニングテーブルがセットになるメリット

アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにすると、それぞれ別にプランを立てるよりもメリットがあります。主なメリットをご紹介しましょう。

空間を有効活用できる


アイランドキッチンにダイニングテーブルをセットにする一番のメリットは、LDK空間を有効活用できることです。LDKがあまり広くなくキッチンに取れるスペースが狭い場合、アイランドキッチンを導入するとダイニングやリビングスペースが圧迫されがちですが、テーブルをセットすることでそのカバーができます。

アイランドキッチンとダイニングテーブルそれぞれの一面の通路幅を取る必要がなくなるため、その分をリビングダイニングスペースに当てることができるからです。テーブルよりも幅の狭いカウンターにするとさらに省スペースで済みます。

料理の提供や片付けが楽


アイランドキッチンにダイニングテーブルをセットにするとキッチンとテーブルの距離が近くなり、家事動線が良くなるのもメリットです。

料理の配膳もサッとできて、食事の後の片付けも手を伸ばすだけで食器が下げられ大変便利です。家族が座ったまま手渡しで配膳・片付けに参加でき、みんなの協力が得られやすいのも嬉しい点と言えます。

冷蔵庫とテーブルも近くなりますので、食事中に飲み物を出してくるなど、冷蔵庫まで行ったり来たりするのにも便利です。

統一感のあるおしゃれな空間にできる


アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにする場合、キッチンのワークトップをそのまま伸ばしたデザインにできるため、統一感のあるキッチンになります。カラーや素材を合わせることでスタイリッシュでおしゃれな印象を与えられます。

同じデザインであればスッキリ見えるため、大きなスペースを取られていても圧迫感が少なくなり、狭いLDKにもおすすめできるレイアウトです。アイランドキッチンの良さをより引き立ててくれ、魅力あふれるおしゃれな空間を演出してくれることでしょう。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

アイランドキッチンとダイニングテーブルがセットになるデメリット

アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにすると良いことばかりではなくデメリットもあります。前もってデメリットを知り、対処方法を考慮して検討しましょう。

油はね・水はねが気になる


キッチンとテーブルの距離が近く、仕切りもないため、調理中の油はねやシンクの水はねがダイレクトにテーブルに届くことがあります。特にキッチンの正面にテーブルが設置されている場合には、コンロ前に油が飛び散りやすくなるので、油はねをガードするものを設置しましょう。

透明なガラス製の油はねガードであれば、アイランドキッチンの解放感を妨げることなく防ぐことができます。調理中だけ取り出して使うコンパクトな油はねガードも効果的です。

気軽にテーブルを交換できないことも


アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにすると、テーブルを気軽に交換することはできません。家具を買い替えることが多い人は注意しましょう。

また、ワークトップが延長していたり、接続されている場合は交換するには工事が必要になります。違うデザインのテーブルにしたい、配置を変えたいと思っても簡単にはできませんので慎重に考えましょう。

アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにする方法

アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにするには、主に2つの方法があります。自分のイメージに合ったセットプランであっても、キッチンの広さや横幅などにより配置が難しいこともありますので、しっかり考慮しましょう。

横並び型


横並び型とは、アイランドキッチンの真横にテーブルを配置したレイアウトのことです。
ワークトップを横に伸ばして同じデザインのテーブルにすることもできますし、別のデザインのテーブルを置くことも可能です。

同じデザインのテーブルはキッチンと統一感があるのが魅力で、洗練された雰囲気になります。別のデザインにした場合はキッチンとテーブルの高さを変えることができるので、テーブルをやや低くすると、キッチン・テーブルそれぞれの使い勝手が良くなります。

横並び型は、キッチンから横に手を伸ばすだけで配膳や片付けができて大変便利な配置です。また、正面にテーブルを配置した場合に比べ油はねや水はねに気を遣わずに済むメリットもあります。テーブルと冷蔵庫の距離も近くなるので、食事中に冷蔵庫から物を出し入れしやすいのも嬉しい点です。

ただし、横並び型はキッチンに広い横幅が必要になりますので、狭いキッチンの場合は導入が難しくなります。

一体型


一体型は、アイランドキッチンのワークトップをダイニング側に伸ばしてカウンター・テーブルとして使う、キッチンと一体化させたレイアウトです。

デザインや素材がおそろいでおしゃれに見えるだけでなく、キッチンとテーブルを別々に置くよりも小さなスペースで設置できるメリットがあります。キッチンから距離が近く、前に手を伸ばすだけで料理をサーブできて大変便利です。

調理する人とテーブルにいる人がすぐ近くで対面になるため、顔を見て会話ができるのもメリットです。また、キッチンからリビングへ向かうのに移動距離が短いのも、嬉しい点と言えるでしょう。

ただし、調理中の油はねや水はねがカウンター・テーブルに飛び散りやすくなるため、対策が必要になります。煙や匂いもダイレクトにテーブルに届くため、強力な換気扇の設置を検討しましょう。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

アイランドキッチンとダイニングテーブルがセットの事例

トーヨーキッチンスタイルのアイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにした事例をご紹介します。レイアウトやキッチンの種類によってさまざまなイメージを演出できますので、ぜひ参考にしてみてください。

事例①:ワークトップと高さのあったセット


こちらはトーヨーキッチンスタイルのハイエンドモデル「iNO」を採用し、ワークトップをそのまま横に伸ばした横並び型のセットです。コンロ横にテーブルを配置しているので、調理したての熱々の料理をサーブすることが可能です。

気になる煙や匂い対策には超大型のワイドフードを設置しているので、部屋全体の換気を一気に行えます。ワークトップ・テーブル・扉・レンジフードすべてを流氷をイメージした「アイス柄」に合わせたクールなキッチンになっています。

愛知県 G様邸

事例②:キッチンにテーブルをくっつけたセット


こちらは同じく「iNO」のペニンシュラキッチンを採用し、壁の反対側に横並びに別素材のテーブルを設置した事例です。コンロを壁側に配置しており、油はねがテーブルに飛び散る心配がありません。また、テーブルのすぐ横がシンクなので食器の片付けがサッとできます。

別素材で選んだテーブルはキッチンより10cm程度低くしてあるので、椅子に座った時に足が床につき、ゆったりと座れます。高さを変えたことでキッチン、テーブルそれぞれが使いやすくなりました。

テーブル・椅子・リビングのソファーセットをコーディネートして落ち着いた空間を演出しているキッチンです。

岐阜県 N様邸

事例③:部屋の雰囲気に合わせたセット


アイランドキッチンの対面側にカウンター、横側にダイニングテーブルをセットした、一体型と横並び型の両方を叶えた事例です。普段の家族の食事にはカウンターを、週末などにゲストがある場合はテーブルを利用できます。

料理をしながら窓から庭を眺められるキッチンは、キッチンに立つ人が長時間過ごす快適な場所になっています。テーブルが隣接することで家事の動線が良くなり、長く居ても疲れを感じさせません。

木の質感を活かしたキッチンが部屋の雰囲気にマッチした居心地のいい空間になっています。

鳥取県 K様邸

事例④:目の前で調理が見れるパーティセット


トーヨーキッチンスタイルの「iNO」にはさまざまな形状が用意されており、こちらは「CD-LAND」というキッチンとダイニングテーブルを一体化したモデルです。キッチンとテーブルがフルフラットでつながれるのは一体型のメリットの一つと言えます。

料理を作る人と食事をする人の距離が近いため、非常にコミュニケーションが取りやすい形状です。コンロで加熱調理をしながら会話ができますし、熱々の料理をすぐにサーブできます。

6人座れる大きなテーブルは、家族や友人と料理を囲めるだけでなく、パソコンを使った仕事やミーティングなどにも活用が可能です。このキッチン一つで幅広い用途に対応でき、LDKの主役となるキッチンになっています。

埼玉県 I様邸

アイランドキッチンのカウンターのメリット

アイランドキッチンにカウンターを付けることで、テーブルをセットにした場合とはまた別のメリットがあります。テーブルよりも場所を取らず、カウンターの奥行き次第でさまざまな用途に使えるため非常に便利です。

キッチンのカウンターの奥行きは、配膳に使うためなら20〜30cm程度、パソコンや勉強用なら30〜40cm程度、食事用であれば40〜50cm以上が目安で、50cm以上あれば余裕があると言われています。

また、カウンターの高さは床から70cm程度が使いやすいと言われていますが、アイランドキッチンのワークトップを伸ばした場合はキッチンと同じ高さの80〜90cm程度になるため、椅子の高さで調節します。

カウンター付きアイランドキッチンのメリットは、ダイニングテーブルを置くより場所を取らずに済む上に、テーブルをセットするのと同じメリットを受けられる事と言えます。

カウンター付きアイランドキッチンの事例

こちらではトーヨーキッチンスタイルのカウンター付きアイランドキッチンの事例をご紹介します。テーブルとセットした場合と比較しながら、自分のイメージに近いのはどちらか考える参考にしてみてください。

事例①:バーのような豪華な雰囲気のカウンターキッチン


まるでバーのような雰囲気のメタリックなカウンター付きキッチンです。光沢感のあるメタルスモークの扉に、デザインを施したステンレスのワークトップ、どちらも美しくキズがつきにくいため永く美しさが維持できます。

キッチンシャンデリアの輝きも相まって、家族の集まる空間をきらびやかな楽しい場所にしてくれるキッチンになっています。

熊本県 O様邸

事例②:部屋全体を見渡せるカウンターキッチン


キッチンとカウンターが一体化した「iNO CD-LAND」を採用したキッチンの事例です。
シンクの横並びにカウンターテーブルが設置されており、コーナーを使ったレイアウトが友人や家族とのコミュニケーションをさらに楽しいものにしてくれそうです。

コンロからは離れているので、大ぶりのシャンデリアをテーブル上に設置しても安心できます。キッチンはリビングより数段高くなっているため、部屋全体を見渡すことができ、リビングと離れているので料理や食事に集中することもできます。

リビング側からはキッチンが目に入りにくく、どちらも落ち着いて過ごせる空間設計になっています。

新潟県 H様邸

事例③:コンパクトながら食事も楽しめるカウンターキッチン


こちらは全ての面が正面になる「BAY CUBE」を採用したキッチンです。キューブ型のコンパクトなキッチンの中に食事もできるカウンターが設置されており、密なコミュニケーションが取れるキッチンになっています。

どの面からでも調理に参加できるので、コンパクトながら複数人での調理にも対応可能です。メタリックなキッチンにブラックの椅子を合わせたモダンなキッチンですが、自然素材の床や畳としっくりマッチしています。距離の近さが心地よい、LDKの中心になるキッチンです。

京都府 西淵様邸

アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにすると、より魅力的に

アイランドキッチンとダイニングテーブルをセットにするとさまざまなメリットがあり、アイランドキッチンの良さをより引き出すことができます。ただし、自宅のキッチンのスペースによりどのようなレイアウトにできるのかが変わってきますので、イメージしているセット方法が難しい場合もあり得ます。

実際のキッチンとテーブルを見ることでより具体的にイメージできますので、本やネットで事例を見るだけでなくショールームで実物を見てみましょう。その場でプロに相談することで難しいと思っているセットの方法についてもアドバイスをもらえたり、違ったレイアウトのイメージが浮かぶかもしれません。

この記事とプロのアドバイスを参考に自分にピッタリの理想のキッチンを手に入れてください。

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介
TIPS 23.05.15(Mon)

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。