期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

システムキッチンの交換費用を抑えるコツ|交換すべきタイミングも紹介

「システムキッチンのシンク下から水漏れがする」「最近システムキッチンの汚れが落ちにくく、臭いも気になる」という悩みをお持ちで、そろそろシステムキッチンの交換の時期かなとお考えの方の方も多いでしょう。

この記事では、システムキッチンの交換すべきタイミング、交換にかかる費用相場、システムキッチンの選び方、交換の流れを解説します。システムキッチンの交換費用を抑えるコツ3選も参考に、予算内で理想のキッチンを実現しましょう。

また、トーヨーキッチンスタイルのおすすめキッチンの紹介もしています。まずはどんなキッチンにしたいかを検討し、その後、実際にショールームに足を運んで担当者にいろいろ相談してみるのがおすすめです。

INDEX

  1. システムキッチンを交換すべきタイミング
  2. システムキッチンの種類
  3. システムキッチンの交換にかかる費用相場
  4. 後悔・失敗しないシステムキッチンの選び方
  5. システムキッチンの交換の流れ
  6. システムキッチンの交換費用を抑えるコツ3選
  7. トーヨーキッチンスタイルでおすすめのキッチン
  8. システムキッチンの交換費用を抑えて理想のキッチンを実現しましょう
もっと見る
理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

システムキッチンを交換すべきタイミング

長年使っているシステムキッチンを交換すべきタイミングがいつなのかと考える人も多いのではないでしょうか。システムキッチンを交換するタイミングは、システムキッチンの寿命が迫っているときです。

具体的には、15年以上使っている場合や、頑固な油汚れやカビを掃除しても落ちないときなどが挙げられます。水回りの場合、排水管の臭いや詰まり、シンク下からの水漏れなどがあります。また、ガスコンロやレンジフードの異臭や、ガスコンロの異常燃焼などがある場合も、システムキッチンの交換すべきタイミングです。

毎日使うキッチンが一時的でも使えなくなるのはとても不便なので、大きなトラブルになる前に交換するのがおすすめです。

システムキッチンの種類

システムキッチンの種類

システムキッチンは設置方法によりアイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、I型キッチンなどの種類があります。キッチンの種類は使い勝手を左右することもあるため、それぞれの特徴を知り、より使いやすいキッチンに交換しましょう。

アイランドキッチン


アイランドキッチンは、リビング、ダイニングとの対面式で、四方が壁から離れていて完全に独立したキッチンです。周囲に壁がないため、複数人で調理をする動線を確保しやすく、リビングにいる家族や友人とコミュニケーションを取りながら調理することができるのが特徴です。

また、壁や吊戸棚などがなく、見た目がおしゃれで開放感があるため人気があります。四方に通路が必要なため、アイランドキッチンの設置にはある程度のスペースが必要です。

ペニンシュラキッチン


ペニンシュラキッチンとは、左右どちらかが壁に接しているキッチンです。アイランドキッチンと同様にリビング、ダイニングとの対面式ですが、左右どちらかが壁に接するため、アイランドキッチンに比べると、狭いスペースでも対面型のキッチンの設置が実現します。

コンロ側が壁に接して設置されることが多いため、コンロ前に壁などを設置することで、対面キッチンで気になる油はねを気にせず使用できるのも特徴です。

I型キッチン


I型キッチンはコンロ、作業台、シンクが一直線に並んでいるキッチンです。正面が壁に接していることで、油はねや水はねなどを心配せず使用でき、吊戸棚などを設置して収納をしっかり確保できるのも特徴です。

比較的省スペースでも設置することができ、価格も比較的安いため多くのキッチンで取り入れられています。ただし、キッチンが横に長くなると移動の距離が長くなるため、作業効率が悪くなる場合があります。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
システムキッチンの交換にかかる費用相場

システムキッチンの交換にかかる費用相場

システムキッチンの交換にかかる費用は大きく分けると「本体価格」と「工事費用」の2つです。本体価格は選択するキッチンのグレードにより変わり、工事費用は部分的な入れ替えをするか、キッチン全体の入れ替えをするかによって変わります。

本体価格


選択するキッチンのグレードや、機能を追加、変更することにより本体価格の相場は変わります。

キッチンのグレードはワークトップの素材、シンクや収納扉の種類により分かれます。
  • スタンダードグレード:約50万〜100万円
  • ミドルグレード:約80万〜210万円
  • ハイグレード:約150万〜350万円

キッチンの機能を追加、変更した場合の費用相場を参考に、こだわりたいポイントのみ追加、変更することで、予算内に収めることもできるでしょう。
  • 食洗機を追加:約30万円
  • 浄水器付き蛇口に変更:約3万円
  • コンロの台数増設:約3万円

工事費用


キッチンの交換やリフォームには、キッチンの本体価格のほか、古いキッチンの処分や新しいキッチンの取り付け工事費用が必要です。また、キッチンの移動やレイアウト変更をする場合には、配管の工事や内装工事、電気工事なども必要になってきます。

諸経費には、図面作成や役所への申請、現場管理などリフォーム業者が工事を円滑かつ適切に行うために要した各種経費が含まれます。諸経費の内容や費用はリフォーム業者ごとに異なるため、工事費用の30%以上等相場以上の金額が見積もり書に記載されていた場合、必ず内訳を確認するようにしてください。

後悔・失敗しないシステムキッチンの選び方

「限られた予算の中で選んだキッチンで、あとでガッカリしたくない」「どのキッチンにすれば使い勝手が良いのか?」と思う方も多いでしょう。ここでは、後悔や失敗しないための、システムキッチンの選び方を紹介します。

使いやすさを重視して選ぶ


予算に限りがある場合には、使いやすさを重視して選びましょう。シンプルな機能のスタンダードグレードでも、支障なく使用できます。

本体価格を抑えつつ、毎日の家事が楽になるオプションをプラスすることで、使いやすいキッチンが実現します。毎食後の食器洗いを任せられる「ビルトイン食器洗い乾燥機」や、吹きこぼれや油汚れなどをさっと拭き取ることができる「IHクッキングヒーター」は家事の時短につながるでしょう。

デザインにこだわって選ぶ


デザインにこだわって選びたい方には、ワークトップや扉などの素材が多彩な、ハイグレードのキッチンを選択するのがおすすめです。

実際にショールームで見てみると、スタンダードグレードとミドルグレードのキッチンはそこまでデザインの差がありません。使い勝手に加えてデザインにもこだわりたい方は、思い切ってハイグレードのキッチンを選択すると、高級感のある理想のキッチンを実現できるでしょう。

システムキッチンの交換の流れ

システムキッチンの交換には、現地調査、見積と比較検討、契約という流れがあり、その後工事が開始します。のちのち後悔することがないように、工事完了までの具体的な流れを把握しておきましょう。

予算・希望を明確にをする


予算をあらかじめ明確にしてから、キッチン選びをするようにしましょう。キッチン選びをしているとついつい欲がでてしまい、予算オーバーになることがあるからです。

そして、どのようなキッチンにしたいのかを家族で話し合っておくことも大切です。今のキッチンの不満点や改善したい点、追加したい機能などを明確にしておくといいでしょう。

ショールームに行き、プロに相談する


予算や希望を明確にしたうえで、ショールームに行きプロに相談すると、的確なアドバイスを受けられ、自分に合ったプランを練ってもらうことができます。プランを練り上げていく過程で、新たな要望や疑問が出てきたら、予算にあった理想のキッチンを実現するために、納得できるまで話し合いを重ねましょう。

現地にて打ち合わせをする


実際にリフォーム担当者と工事業者が現地におもむき、現在のキッチンの寸法を細かく計測します。給排水や電気配線、ガスの配管、搬入口のサイズなど、選択したプランが実現可能であるかを確認し、必要であればプランを再検討します。その際、現状のキッチンを見てもらうことで、収納の問題点やキッチンにある物の量を把握してもらえます。

契約をする


現地調査が終了するとプランの詳細と見積もりが届きます。話し合って決定した内容に間違いがないかをしっかり確認し、話し合った内容が反映されていない場合には、再度打ち合わせをしましょう。プラン詳細と見積もりに問題がなければ、いよいよ契約をします。契約をしてから工事開始までの期間に、近隣への挨拶なども済ませておきましょう。

工事が始まる


工事が始まると養生→解体工事→設備工事→キッチンの取り付け→内装工事という流れを経て、いよいよ引き渡しです。引き渡し時には、担当者とプラン通りに仕上がっているか、設備に不具合がないかを確認しましょう。

工事期間中はしばらくキッチンが使えなくなるため、その期間の食事や生活についてどうするかを考えておく必要もあります。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

システムキッチンの交換費用を抑えるコツ3選

システムキッチンの交換を考える際に、使い勝手の良い理想のキッチンにしたいけれど、できれば費用は抑えたいと考えるでしょう。ここでは、キッチンの交換費用を抑えるコツについて紹介します。

ショールームに行くなどプロに相談する


キッチンの交換費用を抑えるには、ショールームに行き、プロに相談してみましょう。キッチンの交換を考えた時、あれもこれもと要望が増えてしまい、すべてを取り入れてしまうと予算オーバーになることがあります。

プロに相談することで、どうしてもこだわりたいポイントやオプションを取り入れつつ、他の部分でコストダウンできる要素などを提案してもらいましょう。施工方法や素材などの仕様により費用を抑えることもできます。

素材やオプション機器はよく考えて選ぶ


素材やオプション機器の選択によっても、費用は大きく変わります。

オプション機器をとりいれることで、キッチンの使い勝手が向上し、毎日のキッチン生活が快適になるといえます。しかし、費用を抑えることを優先してしまうと、後で後悔する可能性が出てくるのです。本当に必要なオプション機器であるかをよく検討したうえで、取り入れるようにしましょう。また、オプション機器のグレードを少し下げることで費用を抑えることもできます。

内装やレイアウトを大きく変更しない


キッチンの内装やレイアウトを大きく変更しないことも費用を抑える際のポイントです。キッチンの壁や床などの内装を変更すると、面積により工事費用が上がります。内装については、壁紙の種類や床材のグレードを下げることで費用を抑えることも可能です。

キッチンのレイアウトを変更すると、電気配線や給排水管、排気用ダクトの工事などが必要となり、費用が高くなってしまいます。予算を抑えたい場合には、大きなレイアウト変更をしないリフォームがおすすめです。

トーヨーキッチンスタイルでおすすめのキッチン


トーヨーキッチンスタイルでは、ラグジュアリーなシステムキッチンや、技術とノウハウを搭載したキッチンなどがあります。ここではトーヨーキッチンスタイルでおすすめのキッチンを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ラグジュアリーなシステムキッチンiNO[イノ]


iNOはトーヨーキッチンスタイルのコンセプトや技術を集結したハイエンドモデルです。

調理台をシンクと一体化したパラレロシンクを搭載し、横移動をゼロにした「ゼロ動線キッチン」が特徴です。また、豊富なキッチン形状が、他にはない多様なレイアウトを実現します。独自開発のステンレスワークトップやドアハンドルをオリジナルにカスタマイズでき、大容量の収納空間やキッチンに足をつけたエアフロー構造も人気です。

iNO

技術とノウハウを搭載したスタンダードモデルBAY[ベイ]


BAYはトーヨーキッチンスタイルの技術とノウハウを搭載しているスタンダードモデルです。

調理から洗い物までの作業がシンク内で行える「3Dシンク」を採用し、3層構造でシンクを立体的に使用できます。インテリアのテイストに合わせて選べる豊富なカラーも人気です。

スタンダードモデルでありながら、トーヨーキッチンスタイルのこだわりでもあるステンレス素材や、キッチンに足をつけたエアフロー構造を標準装備しているモデルです。

BAY

システムキッチンの交換費用を抑えて理想のキッチンを実現しましょう

システムキッチンの交換にかかる費用を抑えるためには、キッチンの交換で優先したいことを考え、新しいキッチンを選ぶようにしましょう。15年以上使っているキッチンや、掃除をしても汚れが落ちにくくなったキッチン、異臭や異音がするときはキッチンを交換すべきタイミングです。

毎日使うキッチンを快適にして後悔しない商品選びをするためには、ショールームに行き実際に商品を見てみるのがおすすめです。専門的な知識を持った担当者に相談してみることで、より良い提案をしてもらえるでしょう。

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介
TIPS 23.05.15(Mon)

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。