TOYO KITCHEN STYLE(R) CARO2

About CARO2製品仕様

強く、美しく。妥協のないクオリティ。
永く使えるキッチンは、強くそして美しくなければいけません。量産では不可能なクオリティとデザインは、選びぬかれた素材と高度なステンレス加工の職人技によって実現しています。

CARO2 標準キッチンシンク2D-Sink

上下左右「立体的」に使える、マルチシンク。

シンク上下を活用できる2Dシンク

幅110cmという広々としたシンクスペースと、ゆったりとした作業スペースを同時に確保できる、調理効率に優れたシンクです。シンクは2段リブ構造になっており、調理台プレートとまな板をセットすれば、シンク上のスペースを有効活用した作業が可能です。

キャロ2では、調理台プレート、まな板は別売となります。

キャロ2では、水栓金具は1本となります。

シンク上スペース+シンク下スペース=シンクの上下を同時活用

2Dシンク内では、洗った野菜を水切りしたり、調理の妨げになる汚れた鍋やフライパンを一時的にストックしたり。シンクの上下を立体的に活用することで、調理効率がぐんとアップします。

シンクサイズ:
W110× D56 × H24cm
  • ※CARO2のシンクは2Dシンクのみとなります。
  • ※調理台プレート、まな板はオプション品となります。
大人2人が並んで作業できる、ワイドなシンク。
水はシンク内へ流れるので、あふれる心配はありません。

2Dシンクをもっと詳しく

TOYO KITCHEN STYLE の[ 基本品質 ]Stainless

長く愛されるデザイン。キズや衝撃にも強い。
ステンレスを極めたワークトップ。

極厚ステンレス

強く、頑丈なワークトップには、1.0~1.5mmの分厚いステンレスを採用しています。
一般メーカー(0.6~0.8mm)とは使っている素材の量が違います。

ステンレスにこだわる理由。

鋼のなかで特に強度に優れ、衛生的な素材 -ステンレス。
成形や曲げ加工が難しいとされるこの素材を敢えてつかっているのには理由があります。
1つは、キッチン環境にもっとも適している素材であること。毎日つかうものだからこそ、過酷な環境に強いものが必要でした。錆付きや汚れもつきにくく衛生的、かつ金属のもつ高い剛性は長年の使用に耐えられる。ステンレスがプロの厨房や医療現場でもつかわれているのもそのためです。
  • Point 1鋼特有の
    堅牢さで
    長くつかえる
  • Point 2衛生的で
    清潔さを
    保てる素材

ステンレストップの4つの特徴

【 耐 熱 】 油はねも大丈夫。
鍋に使われることからも分かるように、ステンレスは熱に強いので熱湯や油はねで変色することがありません。
【 耐 汚 】 油、洗剤にも強い。
防汚性が高いだけでなく、医療現場でも使われているステンレスは、衛生的にも水回りに適した素材です。
【 弾 力 】 お皿が割れにくい。
長年の使用にも十分な強度を誇る一方、瞬間的な衝撃に対して粘りのある弾力性を兼ね備えています。
【 エ コ 】 再生可能な循環素材。
耐久面、衛生面に優れたステンレスは、地球にやさしいリサイクル可能な素材です。

真似できない技術。
80年以上もステンレスとともに歩んできました。

創業以来培ってきたわれわれの技術力は、ステンレスとともに進化してきました。固い鋼であるステンレスも、人間の手技とアイデアひとつで美しく変身します。世界で認められる高いデザイン性の裏には、ステンレス加工への飽くなきチャレンジ精神が宿っています。

ノウハウをもっと詳しく >

  • Point 1熟練技術で
    素材の魅力が
    引き出せる
  • Point 2人の手が
    つくる
    あたたかみ

ステンレスワークトップをもっと詳しく

TOYO KITCHEN STYLE の[ 基本品質 ]Door Material

美しさと耐久性が両立するキッチンドア。

『デザインの高い再現性』、
そして『キッチン環境に最適な素材』を研究・開発してきました。

トーヨーキッチンスタイルのキッチン扉は、水や熱、汚れなどに強く、耐久性に優れている素材を選んでいます。毎日直面する過酷なキッチン環境の中で、長くキッチンを使いつづけられることを研究した答えです。

キッチンに最適な素材。

キッチンの扉材には、キズや汚れに強く、耐水性にも優れた素材を選んでいます。たとえばHPLに代表されるメラミン化粧の扉は、表面のメラミン層でキズや汚れ、湿気などをガードするだけでなく、芯材となるぶ厚い高品質パーティクルボード(下記参照)によっても強固に守られています。この3層(メラミン層+2 層のパーティクルボード)構造のおかげで、長く使用してもキズつきにくく、お手入れも簡単なキッチンが生まれます。キッチンが直面する過酷な環境下で試験と検証を繰り返し、ようやく辿りついたわれわれの答えです。

トリプルガード メラミン層+粉砕パーティクルボード層+高密な中心層 の3層構造
一般的なキッチンよりも厚い18mmのパーティクルボードはチップも高密(右)。表面の化粧層の厚さも一目瞭然です。

ハンドル1本さえ妥協しません。

キッチンデザインに合わせて、ハンドルはすべて自社でデザインしています。色や形はもちろん、グリップ感までこだわったオリジナルのキッチンハンドルです。

こだわりをもっと詳しく >

ドアパネルをもっと詳しく

TOYO KITCHEN STYLEAirflow

キッチンが宙に浮く、軽快感。

湿気がこもらず衛生的。

キッチンの特にシンク周辺は湿気がこもりやすく、ケコミでキッチン下がふさがれている場合、ハウスダストやダニなどが発生しやすい危険地域といえます。エアフローはユニット全体を床から持ち上げて空気を通すので、キッチン下に湿気がたまりません。掃除も簡単でつねにクリーンな状態を保つことができます。

「寒い」「暑い」を解消。
キッチンをリビング側に設置するとキッチンが空気の流れを遮り、キッチン側の空気回りが悪化します。リビング側は心地よくても、キッチンにいる人は「寒さ」「熱さ」に悩まされます。エアフローで床から浮いているキッチンなら、部屋全体の空気もスムーズに循環。キッチンを部屋の中心に置くために、足元の通気性は大切なポイントです。
空調効率アップ。 快適かつエコな生活にもつながります。
キッチンの高さは2種類。
独自の人間工学基準でエアフローによりキッチンに近づくことなどを考慮し、身長の1/2プラス10cm の高さを推奨しています。
つま先が入ってラク。
調理作業は立ち仕事。包丁などを扱う際は、やや前傾姿勢になり、思った以上に疲労を伴うことがあります。エアフローにより足元に空間が生まれ、つま先が入ることで、作業がもっとラクになります。

エアフローをもっと詳しく

ビルトイン [標準装備]Tall Boy

トールボーイ

キッチンにオブジェを

トールボーイは、広いシンク全体をカバーできるあたらしい水栓。
33cm ものロングスパウトは、トーヨーキッチンスタイルの広くて深いシンクにあわせて開発されました。
また、吐水レバーも女性が楽に手の届く長さ(17cm)にデザインし、奥行きの深いキッチンでも前傾せずに自然なポーズで湯水を出すことができます。

水栓は本体価格の中に含まれています。

CARO2の水栓はTall Boy1本となります。

水栓をもっと詳しく

ビルトイン機器[オプション]

あなた色のキッチンをつくろう。

HOW TO MAKE CARO2

キッチンとインテリアをセットで選べるパッケージプランもついて、スピーディーかつ思いのままにキッチンをお選びいただけます。

キッチンをつくる