期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

アイランドキッチンにリフォーム|メリットやデメリット、費用、日数を解説

「理想のキッチンは?」の質問に、アイランドキッチンを思い浮かべる人は多いかもしれません。しかし、自宅のキッチンをリフォームするとなると費用を検討する必要がありますし、メリット、デメリットの両方を知っておかなければ、リフォーム後に後悔することにもなりかねません。

そこでこの記事では、自宅キッチンをアイランドキッチンにリフォームする場合の費用や注意点などを解説していきます。

INDEX

  1. アイランドキッチンとは
  2. アイランドキッチンのメリット
  3. アイランドキッチンのデメリット
  4. アイランドキッチンのリフォーム費用
  5. アイランドキッチンのリフォームに要する日数
  6. 長く快適に暮らすために、時間をかけて検討することが大切
もっと見る
アイランドキッチンとは

アイランドキッチンとは

アイランドキッチンとは、壁から離れたスペースに、島(アイランド/Island)のように配置されたキッチンのことです。アイランドキッチンには、シンクや調理台、コンロなどが設置されているほか、食洗機などが組み込まれている場合もあります。

アイランドキッチンは、リビングやダイニングに対面するかたちで作業できることから、「対面(式)キッチン」とも呼ばれますが、対面キッチンは大きく5種類に分けられます。

島のように完全に独立したかたちで配置されているのが「アイランドキッチン」であるのに対して、壁の片側に作業台が接しているのが「ペニンシュラ(半島)キッチン」。ほかに、上から見たときにアルファベットの「I」に見える「I型キッチン」、上から見たときに「L」に見える「L型キッチン」、コンロとシンクを分けて2列に並べた「セパレート型キッチン」があります。

トーヨーキッチンスタイルでは、お客様のご要望に合わせたアイランドキッチンを提供しています。ぜひ下記のページもご確認ください。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチンのメリット

続いては、アイランドキッチンのメリットをみていきましょう。

①開放感がある
壁に向かって料理や洗い物をする場合と比べて視野が広く、開放感を感じることができます。キッチンの左右にもスペースがあるため、動線を確保しやすく、のびのびと料理を楽しめます。

②2人以上での作業が楽
前後左右ともに壁から離れているため、複数人でキッチンに立ってもゆとりが感じられます。料理と食器洗いをふたりで手分けしたり、子どもと一緒にお菓子作りを楽しんだりしたい方には向いているでしょう。

③コミュニケーションを大事にできる
料理しながらでもリビングやダイニングを見渡せるため、コミュニケーションを大事にすることができます。また、遅く帰った人のために料理を温め直しているときなど、食卓で待っている方と会話を楽しみながら用意することもできます。

④洗練された空間になる
空間にゆとりがあるぶん、洗練された見た目になることから、リビングやダイニングのインテリアにまでこだわりたくなる人が多いかもしれません。また、おしゃれなイメージを大事にしたいとの想いから、清潔感を保つためにまめに掃除するようになることも考えられます。

アイランドキッチンのデメリット

続いてはデメリットです。

①見られたくない部分も見えやすい
毎日料理するキッチンは、散らかったり汚れたりしがちです。日々の掃除や片付けを怠った状態だと、来客時に恥ずかしい思いをするのはもちろん、気持ちよく過ごせないでしょう。

②ニオイが広がりやすい
料理のニオイがリビングやダイニングまで広がりやすいため、換気に気を配る必要があります。窓の位置が理想的ではない場合などは、高性能な換気扇の設置を検討したほうがいいでしょう。

③油や水の飛び散る範囲が広い
ニオイだけでなく汚れも広がりやすいので、お手入れしにくい家具などは近くに設置したくないと考える人も多いでしょう。油はねガードなどを設置すれば汚れが飛び散りにくくなりますが、こまめに油はねガードを掃除することは必須です。

④収納スペースが少ない
壁面に接しているキッチンと比べると、どうしても収納スペースが少なくなります。よく使うキッチンツールや調味料などは、壁に設置した棚に収納しておくとサッと使うことができますが、アイランドキッチンだとそうはいきません。

⑤リフォーム費用が高額になるケースがある
キッチン単体でのリフォームではなく、ダイニングやリビングとのつながりも考慮しながらリフォームしなければならない際はコストがかさむでしょう。

⑥コンセントを増設する必要がある
一般的にコンセントは壁に設置されています。ですので、炊飯器やミキサー、電子レンジなどをベストな位置に設置するために、床などにコンセントを増設しなければならない場合があるでしょう。


レンジフード「UFO」ならニオイや油汚れなどの心配も不要


周囲に壁のないアイランドキッチンでもっともパフォーマンスを発揮するレンジフードです。IHやガスコンロなどを全体にカバーできるサイズだけでなく、独自の吸気構造によって、油煙や湯気を高い確立で吸引します。

インテリアと調和するデザイン性と、高い煙捕集性、メンテナンス性を両立しました。

くわしくはこちら

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
アイランドキッチンのリフォーム費用

アイランドキッチンのリフォーム費用

アイランドキッチンのリフォームにおいては、「キッチン本体の価格」と「設置費」を合計したものを「基本費用」と考えます。基本費用はメーカーによっても異なりますが概ね100万円~130万円程度です。ハイグレードモデルのキッチンやデザイン・使い勝手にこだわると200~350万円、あるいはそれ以上かかることもあります。

さらに、ビルトイン食洗機やIHクッキングヒーターも導入したいなら、オプション費用も見積もっておく必要があります。メーカーによっても異なりますが、ビルトイン食洗機の相場は8万円~10万円程度、IHクッキングヒーターの相場は15万円~20万円程度とされています。

また、水が流れる金属管上部のセンサーに手をかざすことで水を出したり止めたりできる「タッチレス水栓」は5万円前後、吐水口に手を差し出せば水が出る「ハンズフリー水栓」は8万円前後になるケースが多いようです。

そのほか、背面収納棚を設置する場合、収納のサイズや素材によっても異なりますが、20万円~50万円程度のオプション費用が必要となります。間取りに合わせて特注サイズで作る場合には、さらに高額になることも。
見た目をスッキリさせるために、キッチンとリビングダイニングを仕切る「腰壁」を設置する場合は、10万円前後のオプション費用をみておくといいでしょう。

アイランドキッチンのリフォームに要する日数

アイランドキッチンのリフォームに要する日数

アイランドキッチンのリフォームは、壁付キッチンの解体・撤去にはじまり、電気の配線工事、ガスの配管工事などさまざまな作業や工事が必要なため、通常のリフォームより期間が長くなります。日数にして約2~3週間です。

換気ダクトの延長が必要な場合などはさらに長くなります。もちろん、リフォーム期間中は自宅で料理することはできないので、その点もふまえてスケジュールを組むことが大切です。

長く快適に暮らすために、時間をかけて検討することが大切

「家は一生の買い物」といいますが、リフォームも一生に何度もないでしょう。また、その後の暮らしを大きく左右する買い物です。そのため、「思っていたのと違う」「以前より居心地が悪くなった」などと後悔することのないよう、アイランドキッチン選びからオプションの有無まで、十分に時間をかけて決めていってくださいね。

プロの意見を聞いたり相談したり、実際のキッチンを見たい場合は、ショールームにお越しいただくのがおすすめです。理想を叶えるご提案をさせていただきます。

全国ショールーム一覧

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

黒いキッチンの魅力的な事例7選
TIPS 23.11.30(Thu)

黒いキッチンの魅力的な事例7選

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。