期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

システムキッチンの色選びのポイントとは|注意点や配色の事例を紹介

システムキッチンのリフォームを検討する際、色選びで悩む人も多いのではないでしょうか。占める面積も大きいため、色合いはリビング全体の雰囲気や印象にも大きく関わります。

そこで今回は、システムキッチンの色選びのポイントや注意点、失敗しない方法についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

INDEX

  1. システムキッチンの色選びのポイント
  2. 色を選ぶ際の注意点
  3. おしゃれなキッチンの配色の事例
  4. トーヨーキッチンのキッチン実例集
  5. キッチンを理想の色で仕上げるために、ショールームに足を運んでみましょう
もっと見る
理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

システムキッチンの色選びのポイント

システムキッチンは、一度導入すると簡単には交換できないものだからこそ、正しい選び方のポイントを押さえておくことが大切です。ここでは、システムキッチンの色選びのポイントについて詳しく解説します。


①調和を保つなら「部屋全体とのバランス」を考える


部屋全体の調和を保つなら、床や壁をはじめダイニングのテーブルやリビングのソファ、家電など部屋全体のバランスを考えましょう。同系色で合わせると、色合いがチグハグにならずまとまった印象を受けます。全てを同系色にする必要はありませんが、シックな色合い、明るめの色合いなど配色の方向性を統一するとバランスがよくなります。

②「ショールームに足を運ぶ」と失敗を防げる


可能であれば、ショールームに足を運んでみましょう。キッチンに限った話ではありませんが、カタログやインターネットで見た色味と実物のカラーが異なったり、受ける印象が違っていたりすることもあります。そのため、実物を確認しておくと安心です。また、今のキッチンやリビングの写真をもとに、プロのアドバイスを聞くこともできます。

トーヨーキッチンスタイルでは、キチンのショールームを全国に展開しています。ぜひ直接キッチンをご覧になってください。

ショールーム

③「壁や床の色を意識する」と雰囲気が変わる


キッチンやリビングの中でも、すぐに取り替えのできない床や壁の色とのバランスは大切なポイントです。床・壁・キッチンを同系色でそろえると統一感が生まれ、空間が広く感じられます。また、床がダークカラーなら明るい色味を、淡い色なら落ち着いた色のキッチンにすると、キッチンの色がアクセントになりおしゃれな雰囲気になります。

④迷った時は「カラーシュミレーション」もおすすめ


色選びに悩んだら、カラーシミュレーションを利用してみましょう。パソコンに住宅の写真を取り込み、専用ソフトで加工します。 より仕上がりに近いイメージで色を検討できると同時に、複数のパターンを並べて比較することもできます。

ただし、あくまで画面上になるので、実際のイメージとズレが生じる可能性もあります。

⑤リフォームするなら「素材や柄」にもこだわりを持つ


キッチンは、素材の質感によっても雰囲気が変わるものです。同じ色でも、素材によってはポップになったり、エレガントになったりと、全く違うイメージになります。特にキッチンの扉は占める面積が大きいため、印象を大きく左右します。扉のカラーを選ぶ際には、どのような雰囲気にしたいかイメージを固めてから、素材を選びましょう。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

色を選ぶ際の注意点

ここまで、色選びのポイントについて紹介してきました。しかし、よく考えて選んだつもりでも、実際に設置してみるとギャップが生じることも。そのギャップを最小限にするため、ここでは、色を選ぶ際の注意点について詳しく解説します。

①照明によって色合いが異なるケースもある


システムキッチンの色は、そのもののカラーだけでなく、電球の色や日当たりでイメージが変わることがあります。

落ち着いたダークカラーのキッチンを例にとると、白っぽい照明や日当たりの良い場所なら暗くなりすぎないところ、落ち着いた明かりや日当たりが悪いキッチンでは、重たい印象になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

②質感や柄によっても印象が左右される


システムキッチンは仕上げの質感や柄によって印象が異なります。仕上げには、つやのある鏡面仕上げや、マットに仕上げるつや消し仕上げがあります。

柄は、石目柄や地模様、木目調などさまざまです。 なかでも木目調は柄に違いが出やすいため、見本で見た時と実際にご自宅で見た時では全く違うものに見えることもあります。


③サンプルを取り寄せて実際に確認する


カタログやホームページの色と実物の色では、イメージが違うこともあります。そのため、色サンプルを取り寄せるなどして、実際の色をチェックしましょう。

業者に相談すれば、さまざまなメーカーの色サンプルを見ることができます。ただし、サンプルだけで決めるのではなく、できればショールームなどで雰囲気を確かめるようにしましょう。


④キッチンが占める割合も考慮する


キッチンの占める割合から、色を考えることも大切です。キッチンの広さと色合いによっては、実際以上に広く開放的な印象を与えることもあれば、更に狭く感じることもあります。

リビングやキッチンが広くない場合は、壁や天井、床などに近い色合いにして馴染ませるのがおすすめです。逆に、広いキッチンであれば、システムキッチンの色合いでアクセントをつけると良いでしょう。

おしゃれなキッチンの配色の事例

色選びのポイントや注意点が分かったら、次は色の持つ特徴を押さえましょう。おしゃれで人気の高いカラーから3つをピックアップし、それぞれの特徴を詳しく紹介します。

①ホワイト


キッチンの色として根強い人気を誇るのがホワイト系です。白には空間を広く見せる効果があり、限られたスペースでも開放感のある空間に見せることができます。ほかにも、白は清潔感と部屋を明るく見せる効果がありますし、一番存在感があるキッチンを白にすることで、炊飯器や冷蔵庫など様々な家電製品とのバランスが取りやすくなります。

②ブラック


ブラック系は他の色と合わせやすいキッチンカラーです。また、スタイリッシュでモダンな印象を与え、男性にも好まれる色合いです。キッチンの床や壁が明るい色の場合は、空間が引き締まります。汚れが目立ちにくいことも、メリットの一つでしょう。

ただし、床や壁が濃い色の場合は暗い雰囲気になりやすいので注意が必要です。

③シルバー


シルバー系のキッチンは選択の幅も広く、どのような色味とも合わせやすいカラーです。上品な印象を与えてくれるので、リビング・ダイニングに洗練されたイメージが加わるでしょう。

ただし、面積が広すぎるとぼやけた印象になることも。小物類やキッチン周りの家具類でアクセントをプラスして、バランスを取るのがおすすめです。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

トーヨーキッチンのキッチン実例集

実際に、キッチンの素材やカラーはどのような印象を与えるのでしょうか。ここでは、トーヨーキッチンにおいて、実際にカラーにこだわって導入したシステムキッチンの事例を3つ紹介しますので、参考にしてみてください。

事例①:BAY 大阪府 K様邸

事例①:BAY 大阪府 K様邸

こちらは、明るく開放的な雰囲気が漂う空間の中心に設置されたキッチンです。木の素材感があることでステンレスな見た目のキッチンも無機質になりすぎず、あたたかみのある空間になっています。職人の技が光るステンレスは強度もありつつお手入れがしやすく、使い勝手も抜群です。

大阪府 K様邸

事例②:iNO[イノ] 新潟県 I様邸

事例②:iNO[イノ] 新潟県 I様邸

こちらは、白を基調とした開放的な空間に、天然石をデザインした扉を付けたキッチンを設置した事例です。特殊な技術で施工された本物の石の質感が高級感・重厚感をもたらしながらも、白の壁紙とマッチして暗くなりすぎず、洗練された雰囲気に仕上がっています。家族や友人とのひとときも楽しく過ごせそうなキッチンです。

新潟県 I様邸

事例③:iNO[イノ] 沖縄県 N様邸

事例③:iNO[イノ] 沖縄県 N様邸

こちらは、メガキッチンがリビングダイニングの中心的存在になるように配置された事例です。ハイプレッシャーラミネートと呼ばれる素材のキッチンで、凹凸のあるシルバーが高級感を醸し出しながらも重くなりすぎず、他の家具や床の色と調和しています。キッチンを中心に家族や友人など人が集い語らい、くつろぐことができる空間になっています。

沖縄県 N様邸

キッチンを理想の色で仕上げるため、ショールームに足を運んでみましょう

システムキッチンの色を選ぶとき、色の持つ特徴や印象を知っておくことが、イメージ通りに仕上げる鍵です。ショールームでは、実際にさまざまな色や素材のシステムキッチンを見ることができ、イメージをより具体化することができます。失敗しない色選びのために、ぜひ一度ショールームに足を運んでみましょう。

全国ショールーム一覧

システムキッチン

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介
TIPS 23.05.15(Mon)

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。