期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

システムキッチン交換の費用相場とは?内訳やリフォーム事例をご紹介

システムキッチンを新しくしたい、という方の中にはどれくらい費用がかかるのか、思い描くキッチンにリフォームできるのか疑問や不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

こちらではシステムキッチンの交換にかかる費用の相場や工事の流れ、キッチン交換の際のポイントについて解説しています。リフォームで快適なキッチンを手に入れた事例についてもご紹介していますので、これを参考に理想のキッチンを実現しましょう。

INDEX

  1. 予算別のシステムキッチン交換の費用相場
  2. レイアウト別のシステムキッチン交換の費用相場
  3. システムキッチン交換の費用の内訳
  4. システムキッチンの交換事例
  5. システムキッチンを交換するまでの流れ
  6. システムキッチンを交換する際のポイント
  7. システムキッチンの交換は明確なイメージからスタート
もっと見る
理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

予算別のシステムキッチン交換の費用相場

キッチンを交換するにはどれくらいの予算を取ればいいのでしょうか。まずはシステムキッチン交換の費用相場について予算別にみていきましょう。

50万円以下


予算が50万円以下の場合、どうしても交換しなければならない設備のみの部分的な交換をするリフォームになるでしょう。例えば、古くなったレンジフードの交換:10〜20万円、食洗機の交換や新たに設置:9〜26万円などがあげられます。

予算が少なくてもキッチン本体がもう寿命であるような場合には、手頃な壁付きのI型キッチンのスタンダードなモデルであれば導入することも可能です。

60~150万円


予算が50〜100万円になると対面型キッチンの交換も可能になります。I型キッチンの場合でもグレードの高いものを選べたり、オプション機器も付けられるでしょう。

ただし、壁付けキッチンから対面型キッチンへの変更はこの予算では難しくなります。キッチンの位置の移動を伴うリフォームでは大がかりな設置工事が必要になるからです。

150~350万円


予算が150万円以上になると各キッチンメーカーのハイグレードモデルも選べますし、レイアウトを変更するリフォームも可能です。壁付けキッチンから対面型キッチンへ変更するリフォームでは、大がかりな設置工事と、対面型キッチン本体の費用がかさむため、この程度の予算が必要になります。

レイアウトを変更しない場合でも、壁紙や床材を防汚加工のものにするような内装費がかさむ工事も可能になります。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

レイアウト別のシステムキッチン交換の費用相場

キッチンを新しくするなら今度は対面式のアイランドキッチンにしたい、など大まかなイメージがあると思います。予算内で実現可能かどうか、今度はレイアウト別に交換費用の相場をみてみましょう。

「I型キッチン」は50万円前後から


最も普及している壁付きのI型キッチンから同じI型キッチンに交換するのであれば、50万円前後で交換が可能です。I型キッチンはシンク・コンロが横並びのシンプルなキッチンで、動線も良く、設置スペースも少なく済みます。

ただし、同じI型キッチンでもグレードにより価格は50〜350万円と幅がありますので、注意が必要です。キッチンの位置の変更もせず取り付けだけになるので、工事費用も抑えられます。


「対面型キッチン」は60万円前後から


対面型キッチンは、リビングダイニングに向かって作業できるため、家族とのコミュニケーションが取りやすいキッチンです。対面型キッチンに交換する場合は60万円前後から交換が可能です。本体の価格が壁付き型より高額になり、60〜280万円となります。

壁付きのキッチンから対面型にレイアウトを変更する場合は、給排水管やガス管の移動、排気ダクトの繋ぎ直し、内装工事など大がかりな工事が必要となるため、費用も高額になりがちです。また、設置に広いスペースが必要となるためリビング・ダイニングが狭くなることもあります。

システムキッチン交換の費用の内訳

前出のように、システムキッチンを交換する際はキッチン本体の価格と交換に伴う工事費がかかります。キッチン価格に「標準工事費込み」と、撤去から取り付け工事の費用が含まれて表示される場合もあります。それぞれの費用の内訳についてご紹介しましょう。

本体価格


システムキッチンの本体価格はシンク、ガスコンロ・IHヒーター、レンジフードなど標準装備されたものと、オプション機器に分けられます。吊り戸棚や下部のキャビネットまでは標準仕様になっていることが多いようです。

オプション機器はビルトイン食洗機、ビルトインゴミ箱、浄水器、カップボードなどメーカーにより様々です。オプションを付けることで数十万円の差が出ますので、本当に必要なのか慎重に検討しましょう。

工事費用


工事費用はシステムキッチンの取り付けとその他の工事に分けられます。キッチンの取り付けだけなら約5〜10万円が相場です。その他の工事には養生工事、解体工事、配水管工事、ガス管工事、内装などが含まれ約30万円以上かかります。

相場より高くなるのは、キッチンのレイアウトを変更するリフォームの場合です。壁付けから対面式のキッチンに変更する場合は、大がかりな工事が必要になるため費用も高額になります。また、古いキッチンを外してみたら床や壁の傷みがひどかった場合にも、追加の工事が必要になり高くなります。

システムキッチンの交換事例

システムキッチンの交換事例

どのようなリフォームが可能なのかイメージするためには、リフォーム事例を見るのもおすすめです。実際にシステムキッチンを交換した事例を参考に、具体的にプランを立ててみましょう。

I型キッチンへの交換


壁付きのI型キッチンへの交換は、費用も安く抑えられ、工事の日数も2〜4日と短いため、手軽にキッチンがリフレッシュできます。交換費用は本体価格プラス10〜20万円程度です。

明るい色のカラーを選べばキッチンの雰囲気も大きく変わります。壁紙や床にデザイン性のある防汚加工のシートを貼ると、インテリアとも調和し、美しさが長持ちするのでおすすめです。

機能性と収納力に優れたキッチンに交換することで料理効率もアップし、毎日快適に家事が行えます。


対面型キッチンへの交換


壁付き型から対面型キッチンに交換すると、開放感のあるおしゃれなLDK空間が演出でき、リビングにいる家族と料理中もコミュニケーションが取れるので人気のレイアウトになっています。

対面型キッチンへの交換は、レイアウトの変更を伴うため大がかりな工事になり、工事期間も長く、費用も高額になります。また、キッチン自体のサイズが大きく、壁付き型に比べ通路幅を余分に取らねばならないため、広いスペースが必要です。

片側が壁に付いたペニンシュラキッチンやコンパクトなキューブ型のアイランドキッチンを選ぶと狭めのLDKでも設置しやすくなります。

トーヨーキッチンスタイルの対面型キッチンの実例については下記のページをご覧ください。

対面キッチン

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

システムキッチンを交換するまでの流れ

システムキッチンを交換するまでの流れについてご紹介します。ポイントを押さえ、流れに沿って行動するとリフォームがスムーズに進められます。

①事前準備


初めにどのようなキッチンに交換したいのか、現在のキッチンの不満な点や希望することを具体的にしておきましょう。リフォームに関する情報を集めて、希望するキッチンのイメージを明確にしておくと要望が伝わりやすくなります。

その上で依頼したいリフォーム会社を吟味しておきましょう。

②プラン内容の相談


リフォームのプランを立てる際は、キッチンのレイアウトを決めてから、収納の確保やデザイン、さらに機能設備の選定の順で行うと効率的に行えます。

サイズや使い勝手などを確認するためには、ショールームに行き、その場で疑問点などをアドバイザーに相談するのもおすすめです。

③現地調査、打ち合わせ


現地調査とは、リフォーム業者が自宅を訪れ、キッチンの採寸や構造を確認することを指します。電気の配線や給排水管、ガス管、搬入口などをチェックしてもらい、プラン通り実現できるか検討し打ち合わせます。

収納の問題点や調理器具の量を把握してもらうため、ありのままを見てもらうことと、マンションであれば管理規約の確認を忘れずに行いましょう。

④予算の確認


現場調査と打ち合わせを踏まえ、見積りの提出となります。細部の仕様がわかるリフォームプランと図面、見積書が出されますので、打ち合わせ通りの内容になっているか、予算の範囲に収まっているか確認しましょう。

予算をオーバーしてしまった場合は、どうしてもゆずれない要望を伝え相談し、再度検討します。

⑤プラン決定、契約締結


複数のリフォーム会社に見積りを依頼している場合、比較検討を行います。どれも工事内容が同じかどうか、合計に含まれていない費用はないかしっかり確認しましょう。その上で、最も希望に近い会社と契約します。

契約後、工事の開始までの間に近隣の住人や、マンションであれば管理人にも挨拶をしておきましょう。

⑥工事の開始


工事の準備が整えば施行開始となります。工事の流れは、養生工事→解体工事→設備工事→キッチン取り付け→内装工事の順序で行われます。

工事中はキッチンが使用できないため、食事をどうするか、生活に不便はないか考えて対処しておきましょう。

システムキッチンを交換する際のポイント

システムキッチンを交換する際のポイント

システムキッチンを交換する際にはいくつか注意すべきポイントがあります。ポイントを押さえてプランを立てることで失敗が少なくなります。

動線を考慮したレイアウトを検討する


使いやすいキッチンにするためには、動線を考慮してレイアウトを決めましょう。キッチンの動線は「ワークトライアングル」が理想的と言われており、シンク・コンロ・冷蔵庫の3点を結ぶ三角形が正三角形に近いほど効率よく作業が可能です。

それぞれが2〜3歩で移動できる距離が望ましいと言われているので、レイアウトの参考にしてみてください。

工事中の食事場所を確保する


リフォーム工事中はキッチンが使えませんので、食事をどうするか、どこで食べるのか、前もって考えて対処しておきましょう。外食やお惣菜、テイクアウトばかりでは食費もかさみますしバランスも悪くなりがちです。

炊飯器やオーブントースター、電子レンジはキッチンが使えなくても使用できますので上手に活用しましょう。

壁や床のデザインとの相性を考慮する


キッチンのリフォームは予算ありきとは言え、壁や床のデザインとの相性、インテリアとの調和も大切です。システムキッチンはメーカーごとにカラーや素材のバリエーションが異なりますので、同じグレードで比較して、よりイメージに近く自宅のインテリアに合うキッチンを選びましょう。

基本的な設備のスタンダードモデルを選んだ場合でも、インテリアにぴったりのカラーやデザインであれば、満足度はアップします。

システムキッチンの交換は明確なイメージからスタート

システムキッチンを交換する際は、どんなキッチンがいいのか、予算はどれくらい取れるのか考えなくてはなりません。キッチンの交換にかかる費用の相場や流れを知っておくと、より実現可能なプランを作成できます。

リフォームした事例を見たり、ショールームに行って実物のキッチンに触れることで、作りたいキッチンのイメージが具体的になってきます。理想のイメージを固め、この記事も参考にして、予算の範囲内で最適なキッチンリフォームに取り組んでください。

それでもわからないことや悩んでいる点があれば、ショールームでプロに相談してみるのもおすすめです。

システムキッチン

全国ショールーム一覧

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介
TIPS 23.05.15(Mon)

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。