期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

システムキッチンのレイアウトの決め方|1LDKでも導入できる?

リフォームを機にシステムキッチンを導入する方はたくさんいます。システムキッチンはサイズやレイアウトが豊富なので、1LDKに設置することも可能です。

今回はシステムキッチンの基本的な知識とレイアウトの考え方から、おしゃれな収納方法や賃貸物件に導入する方法まで紹介します。ぜひ参考にしてください。

INDEX

  1. システムキッチンのレイアウトの種類と標準サイズ
  2. システムキッチンのレイアウトの決め方
  3. システムキッチンをおしゃれに見せる収納術
  4. 賃貸のシステムキッチンについてよくある質問
  5. 1LDKでもおしゃれなシステムキッチンにリフォームできる
もっと見る
システムキッチンのレイアウトの種類と標準サイズ

システムキッチンのレイアウトの種類と標準サイズ

システムキッチンの標準的なサイズは、奥行65cmで横幅180~300cmです。シンクなどキッチンに必要なすべての設備が1枚のワークトップでつながっていてデザイン性も高く、レイアウトも主に3種類あります。レイアウトごとの特長とサイズの違いは以下に解説する通りです。

アイランド型キッチン


アイランド型キッチンは、キッチンだけを部屋の中に独立させて設置できるタイプのレイアウトです。奥行はペニンシュラ型と同じ70~100cmですが、幅は240~270cmと広めになっています。

キッチンの左右に最低でも80cmの通路を作る必要があるので、設置したいスペースの横幅が400cm以上あるか、事前に測っておきましょう。近年アイランドキッチンは1LDKにはもちろん、賃貸物件にも導入されているケースが増えています。

アイランドキッチン

ペニンシュラ型キッチン


ペニンシュラ型キッチンは、コンロとシンクが一直線で、キッチンの左右どちらかを壁に付けて設置するタイプです。幅は180~270cmでI型などと変わりませんが、奥行が70~100cmと商品によって異なります。

ペニンシュラキッチン

I型(壁付型)キッチン


I型キッチンはコンロとシンクが一直線に並んでいるのが特長です。最もベーシックな形状で、基本的には壁に沿って設置します。狭いキッチンスペースにも設置しやすいのがよいところです。

サイズは奥行60~65cm、横幅180~300cmの間でラインアップされています。作業効率を重視するなら、横幅は280cmまでのものを選びましょう。I型キッチンは形状がシンプルなため、比較的安い費用で導入できるのもポイントです。

壁付けキッチン

システムキッチンのレイアウトの決め方

システムキッチンのレイアウトの決め方

1LDKのキッチンをシステムキッチンにリフォームする際は、部屋のサイズに合うだけでなく、調理のしやすさなど、ご自身が重視するポイントも交えてキッチンのレイアウトやサイズを絞り込んでいきます。また、キッチンはシンク・コンロ・冷蔵庫の間を効率よく動けるワークトライアングルの形に設置できるかも重要なポイントです。

部屋のサイズからレイアウトを選ぶ


1LDKなど狭い家屋にシステムキッチンを導入すると決めたら、最初に部屋のサイズを測り、キッチンスペースに充てられる面積を割り出しましょう。キッチンスペースにはキッチンだけでなく、ゴミ箱・食器棚・調理家電などさまざまな家具を置くスペースや、調理する方が快適に動けるスペースも必要なので、十分な広さを確保する必要があります。

キッチンスペースに余裕がない場合は、スペースが狭くても設置しやすいI型キッチンやペニンシュラ型キッチンを選ぶのがおすすめです。

調理のしやすさでレイアウトを選ぶ


調理のしやすさを重視する方は、キッチンの動線や一緒に調理をする方の人数からレイアウトを絞り込みましょう。作業しやすい動線はキッチンのレイアウトによって異なります。基本的にはコンロ・シンク・冷蔵庫の動線がワークトライアングルを描くものを選びますが、I型キッチンの場合は、シンクを中心にして左右にコンロと冷蔵庫を設置すると作業が快適です。

大勢で一緒に調理する場合は、ぜひアイランド型キッチンを選んでください。皆でキッチンを囲んで作業ができるうえキッチンの周囲を自由に動けるので、調理から盛り付け、配膳までスムーズに作業を進められます。

賃貸の場合は工事が可能なレイアウトを選ぶ


マンションなど、賃貸物件のキッチンをリフォームする場合は必ず、物件に設置できるレイアウトのシステムキッチンを選んでください。管理規約にはリフォームに関する規定が記載されていますので、必ず読みましょう。賃貸物件はリフォームが可能でも、キッチンの場所を移動できない・使用できる床材の種類が限られている・電気工事ができないなど、さまざまな制限が設けられているケースがあります。

システムキッチンへのリフォームでガスコンロからIIHコンロにした場合は、電力を100Vから200Vに上げる工事も必要です。また、電気工事が可能なマンションでも実際に工事を行う際には、管理組合の許可を取りましょう。

ショールームで理想のレイアウトを探す


キッチンの設置場所やサイズは決まったけれど、どんな色にするとよいのかわからない方、実際にキッチンに触れてサイズ感や使い心地を確認したい方はショールームを見に行きましょう。ショールームにはさまざまなサイズやレイアウトのシステムキッチンが展示されています。

ショールームにはプロのアドバイザーが常駐しているので、悩んだときは積極的に相談してみてください。思いがけない理想のシステムキッチンを作れる可能性があります。

全国ショールーム一覧

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
システムキッチンをおしゃれに見せる収納術

システムキッチンをおしゃれに見せる収納術

システムキッチンをおしゃれに見せるには、収納のしかたを工夫するのも大切です。システムキッチンの収納力は商品によってさまざまですが、小さいタイプを選んだ場合は、食器棚などキッチン以外の収納場所を確保する必要が生じるケースがよくあります。

具体的な収納術を4つ紹介するので、参考にしてください。

扉は引き出し式が収納力が高くておすすめ


システムキッチンを導入する場合は、引き出し式収納が付いているものを選びましょう。引き出し収納は底が浅いうえに空間の奥まで見渡しやすいので、必要なアイテムをすぐに見つけられます。

引き出し内にトレーなどが付いていない場合は、別途、カトラリーケースやバスケットを購入してください。引き出し内のアイテムをサイズやカテゴリ別にきれいに整理整頓しておくと、作業がスムーズになるだけでなく、キッチンの中までおしゃれな感じになります。

飾るようにあえて見せる収納


システムキッチンでも、特にアイランドキッチンは収納力が低いのが特長です。手持ちのアイテムを収納しきれない場合は、調理器具などをあえて見せる収納法を検討しましょう。収納家具は、釣り下げ型オープンラック・置き型オープンラック・グラスハンガー・背面収納がおすすめです。

見せる収納を使う場合は、調理家電・調理道具・食品の保存瓶などもキッチンに合うデザインのもので統一すると、カフェやレストランのような雰囲気を演出できます。

ワゴンやレンジボードを活用する



キッチンに十分な収納スペースがない、部屋に別途食器棚などを作るのが難しい場合は、ワゴンやレンジボードを活用しましょう。キャスター付きワゴンなら調理や食事に必要な小物を乗せた状態で、いつでも好きなところに移動させられます。

レンジボードは電子レンジの設置棚の下に収納棚が付いている収納家具です。キャスター付き・扉付きなどさまざまな商品があるので、電子レンジのサイズと収納したいものに合うものを選んでください。

コンロラックで調味料・ツールをひとまとめ


調味料のボトルや小さい調理道具は、コンロラックにまとめて収納しましょう。システムキッチンは仕切りのある小物用の収納スペースが少ないので、いざというときに必要なものを取りやすくするためにもワークトップに常設するのがおすすめです。

コンロラックはコンロと壁の間に収まるサイズのものを選んでください。調味料や調理道具を同じシリーズでそろえると、キッチンがさらにすっきりし、おしゃれに見えます。

賃貸のシステムキッチンについてよくある質問

賃貸でもキッチンのリフォームが可能な物件はあります。しかし、実際にリフォームをするとなると、持ち屋と異なりさまざまな制約があるのが事実です。

本記事では賃貸物件のキッチンをリフォームする際によくある質問と、気を付けたいことを3点解説します。

1LDKでも導入できるシステムキッチンはある?


1LDKでもシステムキッチンの導入は可能です。一般的なサイズのものを導入しにくい場合は、よりサイズが小さいコンパクトキッチンを選びましょう。基本的にはどんなレイアウトのものでも導入できますが、部屋の構造によっては導入できないものもあるので、事前に業者とよく相談するのがおすすめです。

賃貸物件によっては、リフォーム自体が禁じられているケースもあります。事前に管理規約を読み直し、管理人や管理会社にも確認するようにしてください。

賃貸でのキッチンリフォームで気をつけるべきことは?


賃貸物件のキッチンをリフォームすると決めたら、始めに管理規約などでガスや電気の工事・キッチンやシンクの移動・レンジフードの追加・床材変更の4点が可能かを確認してください。中にはリフォームの工事期間や搬入できる工事機器について制限を設けているところもあります。

また、工事中は大きな音や騒音が出るので、リフォームを始める日が近づいたら、近隣の住民にリフォーム工事をする旨のお知らせを忘れずにしておきましょう。

リフォーム費用を管理会社に負担してもらうことは可能?


キッチンに限らず、賃貸物件の修繕費用は法律で管理会社など貸主が負担すると決められています。しかし、リフォームの場合は貸主と借主がどのぐらいの割合で費用を負担するかなどの規定が設けられていないのが事実です。

管理会社や貸主に少しでもリフォーム費用を負担してもらいたい場合は、直接話をして交渉しましょう。交渉の際には具体的なリフォームプランと、工事費用を記載した見積もりを持っていくとスムーズに話が進みます。

1LDKでもおしゃれなシステムキッチンにリフォーム可能

持ち家、賃貸物件に関係なく、1LDKでもキッチンをシステムキッチンにリフォームすることは可能です。システムキッチンはレイアウトの種類もサイズも豊富にラインアップされています。資料を取り寄せたり、ショールームに足を運んだりしながら、我が家に合う使い勝手のよいデザインのものを選びましょう。

部屋全体をおしゃれに見せるには、キッチンだけでなく調理道具・カトラリー・調味料などの収納方法を工夫するのも大切です。

システムキッチン

全国ショールーム一覧

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

黒いキッチンの魅力的な事例7選
TIPS 23.11.30(Thu)

黒いキッチンの魅力的な事例7選

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。