期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

キッチンの通路幅の目安を解説|失敗談や決め方の注意点まで

現在のキッチンの使い勝手が悪く、リフォームや買い替えを検討している人もいるでしょう。キッチンの通路幅は、広すぎたり狭すぎると調理をするたびに疲れてしまいます。 

今回は、理想的なキッチンの通路幅を決める際のポイント、注意点などをご説明します。実例集もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

INDEX

  1. キッチンの通路幅の失敗談
  2. 理想的なキッチンの通路幅の目安とは
  3. キッチンの通路幅を決める際のポイント
  4. キッチンの通路幅を決める際の注意点
  5. トーヨーキッチンスタイルのキッチン実例集
  6. キッチンの通路幅はライフスタイルや好みに合わせて決めましょう
もっと見る
理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

キッチンの通路幅の失敗談

キッチンの通路幅は設置するものや、使用する人数を考えて決めないと、使いづらくなってしまうことがあります。ここではキッチンの通路幅の失敗談についてご紹介します。使いやすい通路幅にするためにも、ぜひ参考にしてください。

失敗談①冷蔵庫を置くスペースが確保されていなかった


キッチンの通路幅の失敗談で多いのが、冷蔵庫の周辺が狭くなってしまったという事例です。

I型のシステムキッチンの規格サイズの奥行きは60〜65cmで、食器棚の一般的な奥行きは45cmです。一方、冷蔵庫の一般的な奥行きは70cm前後のため、キッチンカウンターや食器棚のサイズに合わせて通路幅を決めてしまうと、冷蔵庫の周辺のみ通路が狭くなってしまいます。

失敗談②複数人で同時に使う時にぶつかる


複数人で同時に使うことを考慮せずに通度幅を決めてしまうと、複数人で使用する場合にぶつかってしまうことがあるのです。たとえば、朝の忙しい時間に、すれ違おうとするとぶつかってしまっては、毎朝お互いにストレスが溜まってしまいます。

キッチンを使うのが1人でない場合には、通路幅をある程度確保しておく必要があります。

失敗談③広すぎて無駄な動きが増える


通路幅を広くしすぎると、無駄な動きが増えてしまいます。たとえば、振り返った時に背面の収納棚にすぐ手が届かないと、移動距離が長くなり、作業効率が悪くなることがあるのです。毎日使用するキッチンで、無駄な動きが増えてしまうことはストレスを招きます。

使用する人数や、使用する人の体格に合わせて適度は通路幅を設けるようにしましょう。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
理想的なキッチンの通路幅の目安とは

理想的なキッチンの通路幅の目安とは

理想的なキッチンの通路幅の目安は、使用する人数やシチュエーションにより変わります。毎日使うキッチンを快適にするためにも、生活スタイルに合わせて理想的なキッチンの通路幅を決めましょう。

①1人で作業する場合は「90cm前後」


1人で作業する場合には、90cm前後の通路幅がおすすめです。

振り向いた際に、背面の棚などに手が届きやすい通路幅にしておくことで、無駄な1歩を省くことができます。小柄な方の場合であれば、少し狭めでもいいでしょう。ただし、冷蔵庫のサイズを確認しておかないと、冷蔵庫の周辺が狭くなり、使いづらくなることがあります。

②夫婦で使うのであれば「100〜110cm」


夫婦でキッチンを使う場合には、100〜100cmの通路幅を確保するのがおすすめです。

ゆとりを持った通路幅にすることで、2人がスムーズにすれ違うことができ、背面の引き出しや扉を開ける際にもぶつかることがありません。また、大柄な方がキッチンを使用する場合にも100〜110cmの通路幅を目安にすると使いやすいでしょう。

③ファミリー世帯は「120cm程度」


複数人でキッチンに立つことがあるファミリー世帯であれば、120cm程度の通路幅があるといいでしょう。

朝食時などは、それぞれが冷蔵庫やキッチンに集まる場合もあるでしょう。時間に追われている朝にキッチンが渋滞してしまうと、ストレスを感じてしまいます。

また、子どもと調理することがある場合にも広い通路幅であれば、作業がスムーズで、ぶつかって怪我をする心配もなく安心です。

キッチンの通路幅を決める際のポイント

キッチンの通路幅を決める際には、色々な視点からキッチンの使い勝手を考える必要があります。ここでは、キッチンの通路幅を決める際のポイントについて具体的にご説明します。

①キッチンの作業スペースの長さを理解する


キッチンの通路幅を決める際には、キッチンの間口幅や奥行きを理解しておきましょう。間口幅とは作業スペースとなる、シンクやコンロ、作業台の長さです。間口幅と奥行きは、システムキッチンの種類により規格サイズがあります。作業スペースの長さを理解しておくことで、通路幅をどれくらい設けることができるかを考えることができます。

②冷蔵庫や食器棚の奥行きを確認する


冷蔵庫や食器棚は奥行きにも注意が必要です。キッチンの奥行きより冷蔵庫が大きい場合、冷蔵庫周辺の通路幅が狭くなってしまいます。また、大きな食器棚を置いたことで、扉を開けてその前に立つことができないと、作業がとても不便です。扉や引き出しを開けて、正面に立って取り出しが出るだけの通路幅を確保するようにしましょう。

③キッチンの利用人数や家族構成に注目する


キッチンを利用するのが1人であれば、振り返れば背面の収納やカウンターに手が届く通路幅であると、作業効率が良いです。しかし、複数人で使用する場合や、調理中に後ろを人が通ることがある場合には、通路幅をある程度広く取っておく必要があります。キッチンの利用人数や家族構成に合わせて、通路幅を決めることで、使いやすいキッチンとなるでしょう。

④家具の大きさも考慮する


キッチンの通路幅を決める際には、隣接するダイニングやリビングの家具の大きさも考慮しましょう。通路幅を広く取ることで、ダイニングやリビングのスペースは狭くなるため、家具の配置に支障が出ることがあるのです。例えば、ダイニングの椅子を引くスペースが確保できないと、食事のたびに不便に感じます。

キッチンの通路幅を決める際の注意点

キッチンの通路幅を決める際の注意点

キッチンの通路幅を決める際には、システムキッチンのサイズのほか、キッチン周りに置くものや、部屋全体の間取りも考慮して決めるようにしましょう。ここではキッチンの通路幅を決める際の注意点についてご説明します。

①冷蔵庫と向かい側の壁は70cm以上確保する


冷蔵庫の奥行きを考えた上で通路幅を決めないと、使い勝手が悪くなってしまいます。

たとえば、3〜4人家族で使用する冷蔵庫の奥行きは70cm〜75cmが一般的です。冷蔵庫は引き扉と引き出しで構成されていることが多いため、冷蔵庫と向かい側の壁までの距離を70cm以上確保しておかないと、引き出しが引き出しきれないことがあるのです。

②リビングの広さも考慮する


キッチンの通路幅を決める際は、キッチンだけで考えるのではなく、リビングの広さも考慮するようにしましょう。キッチンの使い勝手を優先して通路幅を広めに確保した結果、リビングが狭くなってしまうことがあります。家族で寛ぐリビングの広さもある程度は確保したいところです。キッチンの通路幅を決める際には、家族で相談をして優先順位を決めましょう。

③ゴミ箱や食器洗い機の配置を確認する


意外と忘れがちなのがごみ箱や食器洗い機の配置場所です。ごみ箱で通路を防ぐことがないように、設計の段階でカウンター下に収納できるようにするなど置く場所を決めてきましょう。食器洗い機は引き出しタイプが一般的ですが、一部のメーカーでは扉を手前に倒して開けるフロントオープン式のものもあります。フロントオープン式の場合には、ドアが通路に大きく出るため、通路幅が足りないということがないよう注意が必要です。

④ショールームに訪問してイメージを膨らませる


キッチンの通路幅を決める際には、ショールームを訪問し、実際に扉や引き出しを開けたり、通路幅の長さを見て確認しましょう。同じ人数で使用するとしても、それぞれ体格も違うため、ベストな通路幅も変わってきます。

実際にみて、イメージを膨らませることで、使い勝手の良い理想的なキッチンを実現できることでしょう。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

トーヨーキッチンスタイルのキッチン実例集

ここではおしゃれなキッチンを多く提案しているトーヨーキッチンのキッチン実例集をご紹介します。実例集を見ることで、より具体的にイメージすることができるので、参考にしてください。

事例①:BAY 岡山県 MK-HOUSE


スタンダードモデル「BAY」を、一辺が壁に接する「ペニンシュラ型」でレイアウトしたキッチンです。ワークトップ(天板)の奥行きが広く、複数人でキッチンに立つことができます。「BAY」はインテリアのテイストに合わせてカラーやデザインを選べるので、リビングやダイニングとの統一感を出せるのも特徴です。

岡山県 MK-HOUSE

事例②:iNO[イノ] 京都府 O様邸


ハイエンドモデルの「iNO」を取り入れたキッチンはラグジュアリー感があり、家具やアイアンの手すりともマッチしています。メタリックな扉にはアラベスクが描かれており、
キッチンがインテリアの一部となっている素敵なデザインです。「iNO」は豊富なデザインから自分好みにカスタマイズできるため、個性のあるキッチンを望む方におすすめです。

京都府 O様邸

キッチンの通路幅はライフスタイルや好みに合わせて決めましょう

キッチンの通路幅で失敗しないためには、ライフスタイルや好み、使用するシチュエーションなど色々な観点から考えて決めるのがおすすめです。よくある失敗談を踏まえて、後悔することなく、快適に長く使い続けることのできるキッチンを実現しましょう。

実際にショールームを訪れて、プロのアドバイスを受けることもできるので、まずはショールームの予約をしてみましょう。

全国ショールーム一覧

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介
TIPS 23.05.15(Mon)

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。