期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

【実例付】アイランドキッチンの使い勝手を良くするポイント

アイランドキッチンを導入すると決めたら、使い勝手の良いものを選んで設置しましょう。使い勝手の良いキッチンにするには、収納力・動線・お手入れのしやすさなどを設計の段階からしっかり考えるのが一番のポイントです。

具体的な事例と一緒に、アイランドキッチンの使い勝手を良くする方法を紹介するので参考にしてください。

INDEX

  1. そもそもアイランドキッチンとは?レイアウトの種類を確認
  2. 使い勝手の良いキッチンの条件とは?
  3. 使い勝手の良いアイランドキッチンの実例
  4. 実例から分かったアイランドキッチンの使い勝手を良くするポイント
  5. アイランドキッチンの使いやすさは動線とお手入れのしやすさがポイント
もっと見る
理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

そもそもアイランドキッチンとは?レイアウトの種類を確認

アイランドキッチンはシステムキッチンの1つです。システムキッチンのレイアウトは他に、ペニンシュラキッチン・I型キッチンなどがあります。それぞれ異なる特徴があるのでしっかり理解したうえで、我が家のキッチンを使い勝手が良くて快適なものにできるのはどのレイアウトかを決めましょう。

アイランドキッチン


アイランドキッチンは、キッチン本体だけを独立させて設置する対面型のシステムキッチンです。壁に接している面がないので、キッチン周りに広いスペースを確保できます。キッチンへの出入りや移動が快適で、家族が多い方やホームパーティをする方にも使いやすいのがポイントです。

一般的に、設置に広いスペースを必要としますが、小さいサイズのものを選べば一人暮らしのマンションにも導入できます。おしゃれで調理作業もしやすいキッチンです。

アイランドキッチンとは

ペニンシュラキッチン


ペニンシュラキッチンは、キッチン本体の右か左を部屋の壁に付けるタイプの対面型システムキッチンです。シンクとコンロは一直線に並んでいます。通路はキッチンの片側だけ作るので、狭いキッチンスペースにも設置できるのがポイントです。

ペニンシュラキッチンはキッチン前面にカウンターを付けられるレイアウトでもあります。キッチン前に多目的な台が欲しい方や、キッチンの天板や調理中の手元を隠したい方におすすめです。

I型キッチン


I型キッチンは、キッチンやコンロが横一列に並んでいるレイアウトです。壁付けにも対面型にもできますが、日本では部屋の空間を有効利用するため、ほとんど壁付けで設置されています。キッチン本体のサイズもコンパクトなうえにデザインも豊富で、キッチンの中では比較的低価格なのが特徴です。

横幅が長いものもありますが、長すぎると調理中に移動する距離が長くなって体に負担がかかるので、自分の体力に見合うものを選びましょう。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

使い勝手の良いキッチンの条件とは?

どのレイアウトのシステムキッチンでも使い勝手の良いものを選ぶには、さまざまなポイントをチェックする必要があります。特に、ワークトライアングル・収納力・メンテナンスのしやすさは重要です。アイランドキッチンで何人か一緒に調理をしたい場合は、キッチン本体とキッチン周囲に十分な広さがあるかも確認しましょう。


ワークトライアングルを意識したレイアウト


ワークトライアングルとはキッチンの理想的な動線を意味する言葉です。シンク・コンロ・冷蔵庫の3つを線でつないだら三角形になるように配置しましょう。アイランドキッチンの場合は、コンロとシンクがある方の背面に冷蔵庫を置くのがおすすめです。

アイランドキッチンのワークトライアングルは、三角形の1辺はシンク・コンロ間を120〜180cm、シンク・冷蔵庫間を120〜270cm、コンロ・冷蔵庫間を120〜210cmの長さにすると最も動きやすく、使い勝手が良くなります。3辺の合計は360〜600cmで、正三角形に近い形を描けるように設置位置を考えてください。

十分な収納力がある


アイランドキッチンは、キッチンの天板が常に丸見えの状態になります。天板を常にすっきりさせておくためには、キッチンに十分な収納力が必要です。アイランドキッチンの主な収納スペースはシンクの下です。シンクの下はフライパンや鍋の収納に、引き出し収納がある場合は調味料や計量スプーンなど小物の収納に使いましょう。

どうしても収納が足りない場合は壁に吊るすなど、調理器具をあえて見せる収納方法もおすすめです。

複数人でも調理しやすいスペース


使い勝手の良いキッチンを選ぶには、適切なサイズのキッチンを選ぶのも大切です。アイランドキッチンの導入を決めたら、事前に一緒に調理をする方の人数を把握しておきましょう。アイランドキッチンは奥行きが75〜100cm、横幅が240〜270cmのものが最も使いやすいサイズと言われています。一緒に調理する方の数が多いほど広いキッチンが必要です。

メンテナンスのしやすい設備


アイランドキッチンもメンテナンスのしやすいものを選びましょう。普段のお手入れが簡単で、修繕・修理の頻度が少ないものにしたいなら、キッチンの素材をステンレスや人工大理石にするのがおすすめです。

キッチンの素材や耐久性だけでは解決しにくい場合は、他のアイテムを併用しましょう。特に、アイランドキッチンは油跳ねが多く、頻繁に床掃除が必要になります。コンロで加熱調理をする際は油跳ねガードを使うのもよい方法です。

使い勝手の良いアイランドキッチンの実例

使い勝手の良いアイランドキッチンを実現するには、キッチンのレイアウト・キッチン本体や部屋の設備・キッチンの素材をよく考えるのが大切です。部屋全体の雰囲気がちぐはぐにならないよう、部屋と調和するデザインのキッチンを選びましょう。具体的な事例を4つ挙げて解説するので、参考にしてください。

ダイニング・カウンター付きのキッチン


ダイニングと庭を眺められる位置にアイランドキッチンを導入した事例です。天板と扉の取っ手にはステンレスを、扉は熱硬化素材のメラミンを採用しています。どちらも耐久性・耐火性・耐熱性に優れ、お手入れがしやすいのが特徴です。

キッチン背面には、キッチンと同じ素材の扉を採用したカウンター収納とオーランド収納を並列に設置しています。部屋全体に統一感があるだけでなく、ワークトライアングルを描ける配置で無駄な動きがないのがポイントです。

本事例はアイランドキッチンのすぐ横に4人用のダイニングテーブルを、前面に2台椅子を設置しています。調理したものをすぐ配膳して食事を始められるので、家族にとっても快適です。

鳥取県 K様邸

レイアウトが特徴的なV字のキッチン


メゾネットタイプのマンションにV字型のアイランドキッチンを導入した事例です。シンクとコンロがキッチン中央の左右にあるので、体の向きを変えるだけで盛り付けまでのすべての作業ができます。体の負担が少ないうえ調理時間が短くなるので非常に快適です。

キッチン本体はコンパクトですが、2〜3人程度なら一緒に調理できます。シンクにあるまな板を移動させれば、食材をカットする作業と加熱調理を2人で分担可能です。素材はお手入れがしやすいオールステンレスで、表面に波型の凸凹を付けて傷を目立ちにくくしています。背面のキャビネットは一部見せるタイプになっているので収納力は下がりますが、おしゃれに見えるのがポイントです。

東京都 シンガー様邸

パーティー・大人数での食事にも対応したキッチン


横幅が広く、コンロ側の前面・横面・背面に6人で食事ができるスペースを設けたアイランドキッチンです。コンロの横に1人座れるので、加熱調理をしながら家族やお客さまに食事を提供できます。広いテーブルスペースを生かして、調理や食事をしない場合は会議など多目的に使えるのもポイントです。

大型のアイランドキッチンなので、作業スペースが広いだけでなく収納力もあります。本製品は扉を開けたら自動的に閉まるので、閉め忘れがないのもよいところです。キッチン素材はオールステンレスで、下面には細い足を取り付けて床とキッチンの間に隙間を作っています。キッチン下の掃除がしやすく風通しがよいので、いつも清潔です。

埼玉県 I様邸

コンパクトながら機能が詰め込まれたキッチン


無垢板がふんだんに使われている部屋にコンパクトなアイランドキッチンを設置した事例です。コンロとシンクの間が狭いので、体を左右に向けるだけで調理ができます。オールステンレスで、キッチンの下に足を付けて床の間に空間を作り、天板はチタン研磨仕上げで曇りや傷が目立ちにくなっていて、掃除のしやすさ・収納力・通気性・耐熱性・耐汚製のすべてに優れているのもポイントです。

収納棚はキッチンの真後ろに、冷蔵庫はキッチンの右斜め後ろに配置しています。キッチン・収納・冷蔵庫で理想的なワークトライアングルを実現しているので、食材や食器の出し入れが快適です。収納も冷蔵庫も、部屋によく馴染む色とデザインのものを選んでいます。

東京都 F様邸

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

実例から分かったアイランドキッチンの使い勝手を良くするポイント

アイランドキッチンの使い勝手を良くするには、背面も意識したレイアウトを考える・掃除がしやすい素材でできたキッチンを選ぶ・あらかじめ食事をする場所を決めておく、の3つに重点を置いて設計しましょう。項目ごとに解説するので、参考にしてください。


背面も意識したレイアウトにする


アイランドキッチンを導入する場合は、キッチンの背面も意識してキッチン空間のレイアウトを考えましょう。冷蔵庫や電子レンジなどよく使うものは、ワークトライアングルを描くように設置します。また、アイランドキッチンはキッチンスペース全体がリビングやダイニングから丸見えになるので、キッチンと背面に置く家具の色・デザイン・素材は部屋全体によく馴染むものを選ぶようにしてください。

きれいなレイアウトを実現するには、北欧風、和風モダンなどあらかじめ部屋のテーマを決めておくのが大切です。サブキッチンにするなどで本格的な調理をしない場合は、キッチン背面に何も設置せず、壁の色と合うキッチンを選ぶときれいに見せられます。


掃除のしやすい素材を選ぶ


掃除のしやすさは、キッチンの使い勝手を良くするうえで非常に重要なポイントです。掃除のしやすさはキッチンの素材で決まります。最もおすすめの素材はステンレスです。ステンレスは台所用洗剤と布巾で優しく汚れを拭き取るだけで清潔に保てます。取り除くのが難しい錆やにおいが付きにくいのもよいところです。

天板や扉にステンレスを採用しているキッチンは、同じステンレス素材でも、表面加工を施して傷に強くしたもの・耐水性を高めたもの・きれいな模様をつけたものなど、さまざまな便利機能を備えたものが出回っているので、好みと重視したい機能を備えたものを選びましょう。

ダイニング・カウンターなど食事をする場所を意識する


新築、リフォームのどちらの場合でも、キッチン空間のレイアウトを考える前に食事をする場所を決めておいてください。キッチンとダイニングテーブルが近いと配膳や後片付けがスムーズになります。アイランドキッチンであれば、キッチン本体にダイニングテーブルやテーブルカウンターを取り付けるのもおすすめです。

アイランドキッチンの横に一般的なダイニングテーブルを置く場合は、キッチンとテーブルの間を少し離して通路を作りましょう。動線が増えてキッチン周りを移動しやすくなります。

アイランドキッチンの使いやすさは動線とお手入れのしやすさがポイント

アイランドキッチンの使い勝手を良くするには、動線がワークトライアングルになるように配置を考えること、お手入れがしやすい素材でできたキッチンを選ぶのが特に大切です。近年はアイランドキッチンの形状も豊富になり、調理中の動線がゼロのものも出回っています。

どんなアイランドキッチンが自分にとって使い勝手が良いのか分からない場合は、ショールームに出かけましょう。実物のキッチンに触れながら、プロの助言を得られます。

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介
TIPS 23.05.15(Mon)

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。