期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

【事例付き】アイランドキッチンで目隠しを追加するには?

開放感が魅力的なアイランドキッチン。アイランドキッチンに憧れるけれども、目隠しはどうやってするのかと疑問を持つ方も多くいると思います。今回は、アイランドキッチンの目隠しの方法やアイデアを紹介します。アイランドキッチン以外のレイアウトも解説しているので、気になるキッチンの目隠しの仕方の参考にしてください。

INDEX

  1. アイランドキッチンとは?
  2. アイランドキッチンで目隠しするためのアイデア
  3. アイランドキッチンのメリット
  4. アイランドキッチンのデメリット
  5. アイランドキッチン以外で目隠しができるキッチンレイアウト
  6. 参考:ペニンシュラキッチンの事例
  7. 目隠しを上手く活用して対面キッチンを充実させましょう
もっと見る
理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

アイランドキッチンとは?

アイランドキッチンとは、名前の通りシンクや作業スペースが島(アイランド)のように独立している対面式キッチンです。料理をしながら家族とコミュニケーションが取りやすく、近代的な見た目が人気です。壁付けキッチンと異なり、周囲を回ることができるので、家事の動線がスムーズになります。複数人で調理する場合や、家に友人を集めてパーティーを開くときも効率良く作業できます。

開放感が魅力的なアイランドキッチンですが、周りに壁が無いためリビングからキッチンが丸見えになってしまいます。キッチンが少し汚れていたり、物が散らかっているだけでも部屋全体の印象を損ねる可能性があります。アイランドキッチンを設置する際は、常に整理整頓を心掛ける必要があります。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチンで目隠しするためのアイデア

アイランドキッチンで目隠しするためのアイデア

開放的ゆえにリビングからの視線が気になるアイランドキッチン。人目が気になる場合は、目隠しを利用しましょう。ここからは、アイランドキッチンで目隠しするためのアイデアを解説していきます。スタイリッシュなイメージを壊さない、おしゃれなアイテムの活用法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

観葉植物などで装飾する


アイランドキッチンの前やサイドテーブルに少し高めの棚やキャビネットを置き、その上に観葉植物を飾る方法があります。植物を置くことで、キッチンから視線を自然と逸らすことができるでしょう。

植物が目に入ることで、部屋全体に明るい雰囲気を演出してくれます。また、上部を隠したい場合は、植物を吊るすことで目隠しにもなり、カフェのような空間を生み出してくれます。シンプルなキッチンに植物を装飾することで、部屋に動きが生まれるのです。

ブラインド・カーテンを取り付ける


ブラインドやカーテンを取り付けると、必要なときに簡単に目隠しをすることができます。カーテンは、油はねが気になる場合もお手入れが簡単です。部屋の雰囲気に馴染むよう、不自然に見えない素材や色柄を選びましょう。

ブラインドは、羽根の角度を変えるだけで視線を遮ることができます。カーテンに比べて、すっきりとした印象に導いてくれます。代表的な素材に、木製とアルミ製がありますが汚れが落ちにくいほか、錆びる可能性があるので注意しましょう。

コンロ前にカウンタースクリーンをつける


カウンタースクリーンとは、シンクやコンロの前面に設置している低いパネルを指します。水はね防止が主な目的ですが、半透明なので目隠しとしても役立ちます。手元のみが隠せるので、リビングにいる相手と会話を楽しみながら作業できるでしょう。

ただし、半透明のプラスチック素材であるため、キッチンのおしゃれさが半減してしまう可能性がありますので、慎重に選ぶ必要があります。

腰壁を設置する


腰壁とは、アイランドキッチンの前面やサイドに立ち上げた低い壁を指します。床から腰の位置は、汚れや傷が目立ちやすい部分と言われています。腰の高さの壁を設置することで、ゴミや洗い物を隠すことができます。

腰壁は目隠しとしてでなく、内側を収納スペースとして利用できたりカウンターを設置できるといった利点もあります。腰壁を後付けすることもできますが、その分部屋のスペースが狭くなるので、広さも考慮しておきましょう。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンは目隠しが大変なのではないか、使いこなせるか不安といった方も多いでしょう。ここからは、アイランドキッチンのメリットについて紹介します。他のキッチンには無いアイランドキッチンの魅力を、一つずつ解説していきます。リフォームを考えている方やアイランドキッチンに憧れを持つ方は必見です。

とにかく開放感がある


アイランドキッチンは壁に接しておらず、仕切りも無いため開放感があります。リビングを見渡しながら、室内のさまざまな所に目を配ることができます。開放的な空間で作業できるので、圧迫感を感じられずに作業できます。

また、キッチンの通路が無いのでスペースを広く使って料理がしやすく、ダイニングへの移動もしやすいです。キッチンが部屋の主役になるのでインテリアの一部として、デザイン性の高いキッチンを実現できます。

複数人で調理を楽しむことができる


どの面にも接していないアイランドキッチンは、周りをぐるぐると回遊することができます。そのため、家族で作業する場合や複数人での調理も楽しむことができます。左右どちらからも出入りできるので、家族で一緒に調理したり配膳の手伝いをしやすくなります。

壁付けキッチンの場合は、壁や仕切りがあるためどうしても窮屈に感じてしまいます。家族や友人をよく家に招く機会が多い方は、アイランドキッチンの作業効率の良さがより感じられるでしょう。

リビング・ダイニングとコミュニケーションが取りやすい


調理中もリビングやダイニングを見渡せるので、家族や友人とコミュニケーションが取りやすくなります。リビングにいる家族と話しながら作業したり、友人の顔を見ながら会話と調理の実現ができるので、孤立感を感じづらいです。

また、小さな子どもがいる家庭でも様子を見ながら調理できることも嬉しい点です。料理中に子どもから目を離すことに不安を感じる方も多くいるでしょう。同じ空間で一緒の時間を過ごしながら、子どもを見守ることができます。

アイランドキッチンのデメリット

壁付けキッチンには無い魅力がたくさんのアイランドキッチン。利点がたくさんあるので、リフォームを検討する方も多いでしょう。ここからは、アイランドキッチンのデメリットを紹介します。欠点を知っておくことでリフォーム後にも役に立ちます。後悔をしないように、アイランドキッチンの特徴をしっかりと理解しましょう。

リビングから丸見え


開放感が魅力的なアイランドキッチンですが、それゆえにキッチンの様子がリビングから常に見えてしまいます。ゴミが散らかっていたり、少しでも汚れがある場合でも部屋全体が散らかっている印象を持たせてしまいます。

アイランドキッチンを取り入れる場合は、常に整理整頓を心掛ける必要があります。片付けをしても視線が気になる場合や掃除が苦手な方、時間があまり無いといった方は、目隠しを利用すると上手に隠すことができます。

広いスペースが必要になる


アイランドキッチンは周囲の通路分のスペースを確保する必要があるため、広い間取りが不可欠です。スペースに限りがある住宅にアイランドキッチンを設置してしまうと、リビングが狭くなってしまう可能性があります。

アイランドキッチンを取り入れる際は、間取りや空間デザインを事前にしっかりと考えておきましょう。設計の段階からアイランドキッチンがメインの空間として考えることで設置後に、後悔したり窮屈に感じることが少なくなります。

収納が足りないと感じることも



スタイリッシュですっきりとした印象が特徴であるアイランドキッチンなので、収納スペースが足りないといった点もあります。他のキッチンのレイアウトと比較しても収納スペースが限られているため、調理器具やキッチン雑貨が多い方は不便に感じるでしょう。

収納スペースに不安がある方は、背面部分に収納棚を設置することができます。また、壁に収納棚を設置したりキャスター付きのワゴンを取り入れることで収納不足を解消することができます。

アイランドキッチン以外で目隠しができるキッチンレイアウト

視線が気になるアイランドキッチンですが、少し工夫するだけでおしゃれで上手に目隠しをすることができます。目隠しを巧みに実現できるキッチンは、アイランドキッチンだけではありません。ここからは、アイランドキッチン以外でも目隠しができるレイアウトを紹介します。それぞれのキッチンの特徴に合った目隠しをしましょう。

ペニンシュラキッチン


アイランドキッチンと同じ対面キッチンのペニンシュラキッチン。キッチンの一面が壁に接している、まるで半島のようなレイアウトが特徴です。ペニンシュラキッチンも開放感があるため、リビングからの視線が気になる場合があります。

手元を隠したい場合は、コンロ前にカウンタースクリーンを設置することで目隠しすることができます。また、キッチン用のパーティションを利用すると、目隠しだけでなく水はねや油はね対策にもなります。


I型キッチン


I型キッチンはコンロから作業台、シンクまでが一直線に並んでいるキッチンです。シンプルで使いやすく、昔から人々に利用されています。I型キッチンでも、部屋の間取りによってはキッチンが見えやすくなってしまいます。

視線が気になる場合は、カウンターを設置することで丸見えになることを防止できます。作業できる程度の高さのカウンターを設置することで、調理にも支障が出ません。カウンターの内側を収納スペースとする活用法もできます。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

参考:ペニンシュラキッチンの事例

開放感が魅力で、コミュニケーションが取りやすいアイランドキッチン。その開放感ゆえに目隠しが大変となる場合があります。同じ対面キッチンでもペニンシュラキッチンは、開放感はありますが片方が壁に接しているため、目隠しを利用しやすいです。

ここからは、目隠しを上手く利用しているペニンシュラキッチンの事例を紹介します。高いデザイン性に、機能性を兼ね備えたトーヨーキッチンスタイルの実例を見て、ぜひリフォームの参考にしてください。

コンロが隠れるキッチン


M様邸のキッチンはメタリックな木目の扉「メタルスモーク」を使用しているため高級感のあるスタイリッシュな印象が広がります。背面部分の収納には扉と同じ「マイアミ」の柄を採用しているため全体的に統一感が生まれています。

コンロの前面には壁が設置されているため、リビングからコンロが見えません。壁があることで油はねや匂いの充満も軽減することができます。コンロ部分が壁に接していますが窓から光が差し込むので、明るさが感じられます。

香川県 M様邸


リビングからは見えないキッチン


H様邸はキッチンからリビングや中庭を見渡せる空間になっています。キッチンの横にはテーブルが設置されているため、配膳もスムーズに行うことができます。キッチンとテーブル、床が木目調で統一されておりあたたかみが感じられます。

キッチンからリビングまで距離があり、間に壁が設置されているためリビングからキッチンが丸見えになることはありません。設置場所を工夫して、自然な形で視界に入らないようにされています。

香川県 H様邸

リビング側に棚を設置し、目線を切れるキッチン


S様邸はまるでホテルのラウンジを思わせるスタイリッシュな空間が目に飛び込みます。扉にはティンを採用しており、モノトーンな家具と合わさりシックな印象を演出しています。背面部分をミラー扉にすることで、空間が広く見えます。

キッチン横には棚を設置しているので、目線を気にせず作業できます。棚にインテリアや観葉植物を置くだけで部屋全体を明るく見せてくれます。シンク横に棚があることでリビングへの水はねも防ぐことができます。

熊本県 S様邸

目隠しを上手く活用して対面キッチンを充実させましょう

目隠しを上手く活用するには、キッチンのレイアウトの特徴をよく理解することが大切です。今回、紹介したアイデアが、理想のキッチン作りの参考になれば嬉しいです。

よりイメージを膨らませるために、実際にショールームに足を運ぶ方法もあります。上手な目隠しの仕方や、デザイン性に富んだ方法を専門のアドバイザーが紹介してくれます。ぜひ専門家と一緒に、自分に合ったキッチンを実現しましょう。

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介
TIPS 23.05.15(Mon)

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。