期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

ペニンシュラキッチンが人気な理由は?おしゃれな事例付き

キッチンを新しくするなら「開放感があるおしゃれなキッチンにしたい」という人も多いでしょう。そのような方におすすめなのが、人気のペニンシュラキッチンです。

こちらの記事ではペニンシュラキッチンの魅力やおしゃれなキッチンの事例を紹介しています。キッチンリフォームの流れや注意点についても解説していますので、この記事を参考にあなたの自宅にピッタリのおしゃれなキッチンを選んでください。

INDEX

  1. 人気のペニンシュラキッチンとは?
  2. ペニンシュラキッチンが人気な理由
  3. ペニンシュラキッチンを選ぶ際の注意点
  4. ペニンシュラキッチンの事例5選
  5. 人気のペニンシュラキッチンにリフォームする流れ
  6. おしゃれなペニンシュラキッチンで快適なキッチンを手に入れよう
もっと見る
人気のペニンシュラキッチンとは?

人気のペニンシュラキッチンとは?

ペニンシュラキッチンとは、リビング・ダイニング向けに設置される対面キッチンの一つ。キッチンの左右どちらかが壁に付いているタイプのキッチンのことです。リビングとの間に壁や仕切りがないので、開放感があり、キッチンからの視界も広いのが特徴です。

料理中でもリビングにいる子どもやペットの様子がわかり、家族と顔を合わせて会話もできるため、コミュニケーションの時間が増えるので子育て家庭には特に人気となっています。

対面キッチンのデメリットは空間がひと続きになっているため、調理中の匂いや煙がリビングに流れやすいことです。また、キッチンの天板がフラットであれば洗い物の水はねや、コンロの油はねがリビングの床にまで飛び散りやすくなります。

また、ペニンシュラキッチンは片側にしか通路がないため、リビングに行くにはぐるっと回り込んで行かねばならず、動線が長くなるのもデメリットです。

ペニンシュラキッチンが人気な理由

対面式キッチンの中でも特にペニンシュラキッチンは人気があります。人気の理由には次の4点があげられます。

開放感のあるおしゃれなキッチンにできる


ペニンシュラキッチンはリビングとの間に壁や仕切りがないため、視界が広く、開放感があります。窓から差し込む陽射しや照明の明かりをさえぎるものがないので、明るく広々とした空間で、料理や家事が楽しめます。

料理をしながらでもリビングにいる子どもやペットの様子がわかるので、小さな子どものいるご家庭でも安心です。

また、ペニンシュラキッチンはカラーやデザインが豊富なため、リビングとインテリアのテイストを合わせたり、アクセントカラーを取り入れることで、よりおしゃれな空間を演出できます。キッチン壁面を「見せる収納」にすると収納力とおしゃれ度がアップするのでおすすめです。

においや油はね対策がしやすい


対面キッチンの一番のデメリットは、調理で出る匂いや煙、油はねや水はねがリビング側にも広がりやすいことです。家具や壁に匂いが付いたり、床にシミができることもあり、掃除の手間がかかります。

対策方法には強力な換気扇・レンジフードを設置したり、油はねガードやキッチンパーテーションの設置などがあります。ペニンシュラキッチンの場合はコンロを壁の近くに付けられるので、正面の対策だけでよく、フルオープンなアイランドキッチンよりも対策がしやすくなります。

コンロ前に造作壁を設けるとさらに匂いや油はね防止になり、手元隠しにもなります。ただし、開放感はやや減少します。

設置場所の制約が少ない


ペニンシュラキッチンはキッチンの左右どちらでも壁に付けることができるので、間取りに合わせて設置できるのも特徴の一つです。LDKから隣の部屋に移動するスペースに合わせてキッチンの位置を決められるので、設置場所の自由度があります。

また、壁に付けた側は通路を取らなくても良いため、キッチン周りすべてに通路幅が必要なアイランドキッチンと比べると設置スペースが小さくて済むのもメリットです。LDKが狭かったり、横幅が小さくても、ペニンシュラキッチンなら対面キッチンが実現できます。

ただし、マンションリフォームの場合には壁付きキッチンからペニンシュラキッチンにするようなレイアウト変更を伴うリフォームが制限されることもありますので、事前に管理規約で確認が必要です。

対面式の中では省スペース&低価格で導入できる


対面式キッチンにはペニンシュラキッチンの他に、アイランドキッチンやセパレートキッチンなどがありますが、どちらも本体自体が大きく、キッチン周りにも十分な通路幅が必要なため、設置には大きな面積を取らねばなりません。

一方、ペニンシュラキッチンなら壁に付いている側には通路を取らなくてよいため、省スペースで設置が可能です。コンパクトな部屋に対面キッチンを取り入れたいならペニンシュラキッチンが第一候補になるでしょう。

また、価格についてもペニンシュラキッチンの本体価格は他の対面キッチンの価格より5〜15万円程度安くなっており、費用的にも導入しやすくなっています。

ペニンシュラキッチンを選ぶ際の注意点

ペニンシュラキッチンはメリットが多いキッチンですが、選ぶ際には次の点に注意しましょう。

収納が足りないと感じることも


ペニンシュラキッチンは開放感を優先して吊り戸棚を設けないことが多く、その分収納スペースは少なくなります。できるだけキッチン下部の収納量が大きいものを選びましょう。

ドア式よりも引き出し式のキャビネットの方が収納力があり、出し入れもしやすくデッドスペースもできにくいのでおすすめです。リビング側にも収納が取れるタイプもあり、引き戸式にすると開閉のスペースを取らなくても済みます。

それでも足りないようなら背面収納やパントリーを設けることも検討しましょう。リフォームを機に持ち物を見直し、使用していない調理器具や食器などを手放すことも考慮してみてください。

においや油はね・水はね対策はマスト


ペニンシュラキッチンは他の対面キッチンのと比較すると匂いや油はね・水はねの対策がしやすいキッチンです。

ただし、独立したキッチンや壁付きキッチンと比べるとやはり汚れやすくなりますので、できるだけ有効な対策を取り入れて、キッチンもリビング・ダイニングもきれいなまま保つ工夫をしてみましょう。

おしゃれな空間重視なら、インテリアに調和しやすいデザインの高機能なレンジフードがありますので、チェックしてみてください。また、油はねガードに1枚板のガラス製を選ぶとインテリアの雰囲気を損ねずに汚れ対策できます。

リビング全体の換気を行える大型のレンジフードの設置や、リビングに空気清浄機を置くのもおすすめです。

リビングから丸見えになる


対面キッチンは、キッチン側からリビングがよく見えますが、同時にリビング側からもキッチンの様子がよく見えてしまいます。調理器具などが散らかっていたり、汚れがたまっているのも丸見えになるため、こまめに整理整頓や掃除をしなくてはなりません。

キッチンの正面に立ち上がりや造作壁を付けると、リビングとの一体感は多少は減少しますが、キッチンが丸見えになるのを防げます。造作壁に料理を一時置き出来るようなカウンターを付けると、配膳や片付けもスムーズに楽にできます。

ペニンシュラキッチンの事例5選

トーヨーキッチンスタイルのペニンシュラキッチンを採用したおしゃれなキッチンを紹介します。ペニンシュラキッチンをおしゃれにするコツをつかんで、レイアウトやインテリアの参考にしてみてください。

機能的で美しさを兼ね備えたデザイン


大きな窓から陽射しが差し込む明るいLDKに、流水をイメージした「スプラッシュブラック」の扉の「iNO」を設置したキッチンです。

シンク内で調理や盛り付けもできる「パラレロシンク」を搭載しており、ゼロ動線で料理ができ、大変効率的です。

普段はシンク横のIHヒーターを、来客時には背面の業務用コンロやスチームオーブンをと、状況に合わせて使い分けできるようになっています。機能的でありながら、メタリックな美しさを兼ね備えたキッチンです。

K様邸

コンロ前に壁を設置し、におい・油はね対策バッチリ


間接照明が空間の広がりを感じさせるLDKに、高級感のある「メタルスモーク」の扉の「iNO」を配置したキッチンです。背面収納も同じ柄で統一しているので、重厚感も感じられます。

ペニンシュラキッチン前に厚めの造作壁を設け、コンロの目隠しに利用しました。リビングからはコンロもレンジフードも目に入らず、スッキリした印象で、匂いや煙、油はねが広がるのをしっかり防止してくれます。

香川県 M様邸

ゴージャスなインテリアにも馴染む


アンティーク調の家具を配した広いダイニングキッチンに、メタリックなステンレス素材のキルト柄が印象的な「iNO」を採用したキッチンです。

ペニンシュラキッチン横の壁にモザイク柄を配し、キッチンと壁をモザイクタイルでつなげてキッチン空間に一体感を出しています。

キッチンに付けたシャンデリアや、窓からの陽射しによってキラキラと表情の変わるキッチンが、ゴージャスなインテリアの中で存在感を発揮しています。

愛媛県 K様邸

部屋のレイアウトを工夫して、リビングからの目線を切る


広々としたダイニングキッチンに、ペニンシュラキッチンと並行して背面に作業カウンターを設置したキッチンです。同じ空間でありながらリビングからは見えない位置にあるため、料理する人もリビングにいる人も集中できるレイアウトになっています。

背面カウンター下と、上部の吊り戸棚の両方に収納スペースがあるため、非常に贅沢な収納量が確保できています。作業スペースも豊富ですので、家族や友人と一緒に料理が楽しめるキッチンです。

岡山県 J様邸

和の雰囲気にも合うシンプルなデザイン


築130年の古民家にチタン扉の「BAY」を採用したキッチンです。コンパクトなサイズでも機能が満載されており、使い勝手の良さとベーシックなデザインがBAYの持ち味です。

横幅の狭いキッチンにカウンター付きのペニンシュラキッチンを導入し、普段の食事にも便利で、動線も短い快適なキッチンを実現しています。

シックな和の雰囲気の中、リビングや窓の外の庭を眺めながら調理ができる、居心地の良いキッチンです。

水の森の家

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
人気のペニンシュラキッチンにリフォームする流れ

人気のペニンシュラキッチンにリフォームする流れ

ペニンシュラキッチンにリフォームするときの流れについても解説していきます。

①まずはマンションの管理規約を確認


キッチンのリフォームをする場合、ガス管や排水管、電気の位置などを変更することになります。マンション住まいの場合は戸建てにはない制約があるので、注意が必要です。

プランを立てる前にマンションの管理規約を確認し、どの程度のリフォームが可能か確認しておきましょう。例えばガスコンロからIHヒーターに変更したい場合でも、マンション全体の電気量が決まっているため変更が難しいことがあります。

床の素材なども防音上の理由から指定されていることがあるのでチェックしておきましょう。

②キッチンに求める条件を整理


次に、現在のキッチンの不満点や改善したい点をリストアップして、どんなキッチンが望ましいか明確にしていきましょう。もっと動線が良く使いやすいキッチンにしたいのか、収納力のあるキッチンが欲しいのか、人により求めることはさまざまです。

リストアップしたら、その中で優先順位をつけていきます。絶対に必要な項目と、できたら欲しい項目など前もって優先度を決めておくことで、迷った時に選択しやすくなります。

③ショールーム・リフォーム業者に相談


キッチンに求める条件がリストアップできたら、具体的なイメージを固めるためカタログやWebサイトで情報を集めましょう。キッチンのメーカーだけでなく、リフォーム業者の情報も集めます。

欲しいキッチンの目途が立ったら、ショールームで実物を見てみましょう。最新の設備の情報やインテリアとの合わせ方など、カタログなどではわからないアドバイスがもらえます。

リフォーム業者を選ぶ際は、キッチンのリフォーム実績が豊富だったり、水回りのリフォームが得意な業者がおすすめです。

④プラン&見積りの提示


欲しいキッチンやリフォーム業者が絞り込めたら、プランと見積もりを依頼します。見積りを取る際は初めから1社に絞らず、複数の会社に相談しましょう。複数の見積もりを比較することで価格の相場もわかりますし、一番要望に近いプランを選ぶことができるからです。

見積りの前には実際に自宅を見てもらい、採寸や打ち合わせをしてから提示してもらいます。打ち合わせの時には要望や優先順位などをできるだけ詳しく話し、わからないことは何でも聞いてみましょう。

⑤契約


プランと見積もりが出そろったら、最も自分の要望に沿った、予算にも合った会社と契約に進みます。契約の前にはさらに細かく商品やサイズ、カラーに間違いがないか、提示された金額は予算と合っているか、不明な項目が入っていないかチェックします。

最も気に入ったプランだけれど予算をオーバーしてしまった場合は、削減できる部分はないか、新たに予算を追加できるかなど担当者と相談してみましょう。工事が始まってから想定外の費用がかかることがありますので、余裕を持って予算を立てることをおすすめします。

⑥リフォーム工事


契約後にいよいよキッチンを発注します。キッチンによっては納品まで2週間から1ヶ月程度かかることがありますので、納期を確認してから工事に取り掛かります。

マンションの場合には工事の許可が必要になりますので早めに管理組合に届出しましょう。
工事に際し騒音などで迷惑をかけることも考慮して、工事前にはご近所にあいさつをしておきましょう。

また、工事中はキッチンが使えませんので、その間の食事や生活をどうするのか考えておくことも大切です。

おしゃれなペニンシュラキッチンで快適なキッチンを手に入れよう

ペニンシュラキッチンはおしゃれで開放感があり、間取りを問わず設置できるため人気のキッチンです。人気の理由だけでなく注意点にも目を向けて、リフォームに取り入れられそうかしっかり検討してください。

キッチンを決めるにはショールームで実物を見て、その場でプロに相談すると、インテリアも含めた良いアドバイスがもらえます。プロのアドバイスとこの記事を参考に、おしゃれで快適なキッチンを手に入れてください。

全国ショールーム一覧

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

黒いキッチンの魅力的な事例7選
TIPS 23.11.30(Thu)

黒いキッチンの魅力的な事例7選

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。