期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

オープンキッチンのリフォーム費用とは?導入時のポイントも解説

オープンキッチンの開放感とおしゃれな雰囲気に、憧れる人も多いでしょう。 しかし、1番気になるのはリフォームにかかる費用です。

アイランド型やペニンシュラ型など複数の種類があるため、どれが自分に合っているのか分からず迷っている人もいるのではないでしょうか。

今回は、オープンキッチンの種類やリフォームの費用相場を紹介していきます。 導入時に知っておきたいポイントについても説明するので、本記事を参考に自分に合ったオープンキッチンを選んで、満足度の高いリフォームを実現させましょう。

INDEX

  1. オープンキッチンの種類
  2. オープンキッチンのリフォーム費用相場
  3. オープンキッチンの導入時のポイント
  4. トーヨーキッチンスタイルのオープンキッチン事例
  5. リフォーム会社を選ぶときのコツ
  6. リフォームで理想のオープンキッチンを手に入れよう
もっと見る

オープンキッチンの種類

自分に合った満足度の高いキッチンリフォームを行うためには、オープンキッチンの種類やそれぞれの特徴をあらかじめ把握しておく必要があります。

キッチンメーカーやリフォーム会社との相談や見積もりをスムーズに進めるためにも、まずはオープンキッチンの種類とそれぞれの特徴を知ることから始めましょう。

①調理スペースが孤立している「アイランドキッチン」


キッチンの四方が壁に接しておらず、島のように孤立しているタイプのキッチンをアイランドキッチンと呼びます。アイランドキッチンは調理スペースが広く前後左右に通路があるため、複数人でも調理をしやすいのが特徴です。料理の配膳や後片付けもしやすく、楽に行えます。

キッチンの中心に立って作業をするときも、家族やお客さまとコミュニケーションが取りやすいレイアウトのため、ホームパーティーをよく開催する人や自宅で料理教室を開く人にオススメです。

アイランドキッチンはサイズも大き目で空間の中心的存在になるため、素材やカラーにこだわるとおしゃれな雰囲気が増し、インテリアの一つとしても楽しめます。選べる素材やカラーの種類も豊富なので、自分の好みや実現したいインテリアスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

開放感やリビング・ダイニングとの一体感を重視するアイランドキッチンには、吊戸棚を付けないことが多いため、収納スペースが少ないと感じる場合があります。調理器具や食器の配置は前もって考えておく必要があります。

②片端に壁が設置されている「ペニンシュラキッチン」


片端が壁に接した状態で設置されたキッチンのことをペニンシュラキッチンと呼びます。壁から突き出たキッチンの形状が半島のように見えることから名づけられました。

ペニンシュラキッチンは片端が壁なので開放感はアイランドキッチンより減りますが、リビングやダイニングを見渡せるので、小さな子どもや高齢者を見守りながら作業ができます。

アイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどのオープンキッチンで懸念されるのは、臭いや油はね、水はねです。対策が必要になりますが、ペニンシュラキッチンではコンロ側に壁を設置することで、油・煙・臭いがリビングやダイニングに広がるのを防げます。透明の油はねガードや水はねガードを設置しても良いでしょう。開放感を失うことなく、油や水の飛散を防げます。

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンよりも収納スペースを確保しやすいという特徴もあります。アイランドキッチンはフルフラットタイプが多く、ペニンシュラキッチンは腰壁やカウンターを設置するのが人気です。腰壁の立ち上がりの手元部分に収納やスパイスニッチを設置することもできます。調味料をすぐに取り出せるので調理もしやすく、作業スペースを広く使えるため重宝します。

対面式のキッチンはお客さまから手元が丸見えになりますが、腰壁やカウンターを設置することで作業中にごちゃつきがちなワークスペースを隠すこともできます。ただし、腰壁は低すぎると目隠しにならず、高すぎても圧迫感が出やすいため高さには注意が必要です。

オープンキッチンのリフォーム費用相場

オープンキッチンのリフォーム費用相場

キッチンのリフォームと言えば本体価格だけに目が行きがちですが、間取りの変更を伴う大規模なリフォームの場合、工事費用も高額になり工期も長くなります。オープンキッチンのリフォームを行うには、あらかじめ本体価格と工事費用の相場をそれぞれ把握しておくことが大切です。

キッチンの本体価格だけでなく、組立設置費用・配管工事費用・電気工事費用・解体撤去費用・フローリング貼替費用などを含めると、100〜250万円かかると考えておきましょう。

キッチンにはグレードがあり、グレードによって価格が大幅に異なります。ハイグレードのキッチンにさまざまな高機能オプションを付けると、本体価格だけで200万円以上する場合もあります。予算に余裕がない場合はキッチンのグレードを落とすことで費用を抑えられるので、検討してみてください。

また、リフォーム会社によってキッチンの本体価格が異なりますので、複数のリフォーム会社に見積もりを依頼し比較検討しましょう。複数の会社から見積書を出してもらうことで、およその費用相場が分かります。

オープンキッチンの導入時のポイント

オープンキッチンの導入時のポイント

ここでは、オープンキッチン導入時に知っておきたいポイントを紹介します。以下の7点について、導入前によく確認しておきましょう。

①マンションはリフォーム可能か事前にチェック


戸建てのリフォームと比べて、マンションはリフォームの際の制約が多いのが特徴です。マンションにお住まいでリフォームを検討する場合、管理規約をあらかじめ確認しておきましょう。

内容に不明点があれば管理会社へ必ず確認し、問題ないことを確認してからリフォームの計画を立てましょう。

制約の多いマンションでのリフォームは、マンションでの施工事例が多い、経験豊富なリフォーム会社を選ぶと安心です。見積もりの段階で自分の理想のキッチンが実現可能かどうか、アドバイスをもらえる可能性もあります。

②キッチン周りに十分なスペースがあるか確認


オープンキッチンを設置する際には、キッチン周りに十分なスペースがあるか確認しておくことが大切です。特にアイランドキッチンの場合、前後左右に通路用のスペースが必要なことから、目安として設置に6畳程度のスペースが必要となります。

アイランドキッチンは回遊性も魅力の一つですが、通路幅が狭いとキッチンの使い勝手にも影響します。一般的なアイランドキッチンの通路幅としては、左右とリビング側に80cm前後、キッチン手前側に100cm前後を確保すると良いでしょう。家族構成や生活スタイルによっても快適に過ごせる通路幅は異なるため、家族と相談しながら決めていきましょう。

③使っていない調理器具は処分を検討


キッチンのリフォームは断捨離の絶好の機会です。使っていない調理器具があれば、処分を検討しましょう。代用できるものや同じものが2個以上ある場合、どちらかを処分したり必要としている人に譲ったりして、新しいキッチンに収納するものを出来るだけ減らしておくことをオススメします。

④臭いが気になるなら壁のリフォームも行う


臭いが気になる場合、キッチンリフォームの際に壁のリフォームを合わせて行うと良いでしょう。自然素材の「珪藻土」や「漆喰」がオススメです。珪藻土や漆喰には消臭効果や脱臭効果があり、アレルギー対策にも有効なので家族の健康のために採用する人が増えています。

⑤作業動線を重視する場合はI型がオススメ


作業動線を重視する場合は、I型のキッチンがオススメです。

I型はシンク・コンロ・調理スペースが一列に並んだキッチンで、横への移動のみで作業ができます。省スペースかつローコストで設置できるため、広いスペースを確保できないマンション採用されることも多いです。ただし、キッチンが長すぎると端から端までの移動距離が長くなってしまうため、最大でも4m程度にしておきましょう。


⑥おしゃれな空間を優先するならアイランド型


おしゃれな空間を最優先したい場合、アイランド型が良いでしょう。

アイランド型にするなら、素材やカラーなどキッチン本体のデザインにこだわることをオススメします。部屋全体の統一感を持たせ、ほかのインテリアに馴染むキッチンにすることがおしゃれに見せるポイントです。

⑦キッチン周りに腰壁を設置すると目隠し対策になる


オープンキッチンはリビングやダイニングから手元が丸見えになってしまいます。こまめな掃除が必要なため、導入を躊躇する人もいるようです。

キッチン周りに腰壁を設置すると目隠し対策になるためオススメです。腰壁以外にも、立ち上がりカウンターや格子を設置しても良いでしょう。油はねや水はね対策になるうえ、作業スペースの確保や調理器具を置く場所としても使用できるので効率アップにつながります。

トーヨーキッチンスタイルのキッチン事例

トーヨーキッチンスタイルで理想のキッチンを叶えた事例を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

事例①:iNO 兵庫県 house lucca|ハウス ルッカ


兵庫県のhouse luccaでは、ペニンシュラキッチンの対面にダイニングスペースを設置しているため、料理をしながらコミュニケーションが取りやすいのが特徴です。

背面に大きな収納棚が備え付けられており、十分な収納スペースも確保されています。調理家電もすべて隠せるため、全体的にすっきりとした印象のキッチンになっています。

ブラックマーブル扉のキッチンが重くなりすぎず、陽射しの差し込む明るい空間を引き締めている魅力的なキッチン空間です。

兵庫県 ハウス ルッカ

事例②:iNO 新潟県 H様邸


新潟県H様邸では、対面式のアイランドキッチンを採用。キッチンとダイニングテーブルが一体化しているため、配膳や後片付けも楽に行えます。料理をしながらリビングの様子が見れるため、小さなお子さんや高齢者、ペットがいる家庭にオススメのレイアウトです。

光沢感のあるメタルスモークの扉、シルバーのカウンターやレンジフードは、シャープな印象のデザインで統一感があります。

新潟県 H様邸

事例③:BAY CUBE 大阪府 モンキー不動産様


キューブ型のコンパクトサイズのキッチン「BAY CUBE」を採用された、大阪府のモンキー不動産様。こだわりの照明器具の数々がラグジュアリーな空間を演出しています。

カウンタースペースが広めに取られているので、ダイニングテーブルとしても使用できます。夜景を見ながらバーのように使うこともできるため、お酒を楽しむ時間が増えそうです。コンパクトな部屋に採用するとリビングスペースが広く使えるメリットもあります。

大阪府 モンキー不動産様

リフォーム会社を選ぶときのコツ

リフォーム会社を選ぶときのコツを知っておくと、失敗が少なくなります。

積もりを依頼する前に、リフォーム会社が信頼できる会社かどうか確認することが重要です。自分の希望するキッチンリフォームと似たような事例があるか、リフォーム実績の数は十分かなどを確認するようにしましょう。

リフォーム費用は、リフォームする物件やリフォームを依頼する会社によって大きく異なることも把握しておきましょう。そのため、複数のリフォーム会社に見積もりを提出してもらい、比較検討することが大切になります。

自分の理想のキッチンを見つけるためには、さまざまなスタイルのキッチンを見てみると良いでしょう。トーヨーキッチンスタイルのWebサイトには、数多くのおしゃれなオープンキッチンの事例が掲載されていますので、一度チェックしてみることをオススメします。

リフォームで理想のオープンキッチンを手に入れよう

オープンキッチンの種類やリフォームの費用相場、導入時に知っておきたいポイントなどを紹介しました。オープンキッチンの種類やそれぞれの特徴をあらかじめ把握し、理想のキッチンをイメージしておくことでリフォーム会社との相談や見積もりがスムーズに進みます。

オープンキッチン導入時に知っておきたいポイントや、最後に紹介したリフォーム会社を選ぶときのコツを参考にして、希望するリフォームと相性の良いリフォーム会社を見つけてください。予算内で理想のキッチンを実現する提案をしてもらいましょう。

オープンキッチンについて少しでも気になる点があったら、トーヨーキッチンスタイルのショールームに足を運び、実際にオープンキッチンを体感してみましょう。専門知識を持った担当者に相談すれば、アドバイスをもらえるのでオススメです。

全国ショールーム一覧

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

黒いキッチンの魅力的な事例7選
TIPS 23.11.30(Thu)

黒いキッチンの魅力的な事例7選

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。