期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

オープンキッチンとは?メリットやデメリット、使い勝手の良いキッチンを選ぶポイントを解説

オープンキッチンはおしゃれで開放的なイメージがあり、人気のキッチンタイプです。自宅のキッチンを独立したタイプからオープンキッチンにしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

この記事ではオープンキッチンのメリット・デメリット、使い勝手のよいキッチンにするポイントについて解説しています。おしゃれなキッチンの実例も紹介していますので、オープンキッチンにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

INDEX

  1. オープンキッチン(対面キッチン)とは?
  2. オープンキッチンのレイアウト
  3. オープンキッチンのメリット
  4. オープンキッチンのデメリット
  5. 使い勝手のよいオープンキッチンを選ぶ際のポイント
  6. トーヨーキッチンスタイルのオープンキッチン事例
  7. オープンキッチンはデメリットの対策をして選択しよう
もっと見る
オープンキッチン(対面キッチン)とは?

オープンキッチン(対面キッチン)とは?

オープンキッチンとは、キッチンがリビングやダイニングと同じ部屋にあり、壁などで仕切られていないキッチンのことです。キッチンがリビング向きに設置されることが多く、対面キッチンとも呼ばれます。

キッチンからリビング・ダイニングがひと続きの広い空間になるため開放感があり、リビングにいる家族とも一体感が感じられ、料理中もコミュニケーションが取りやすいことから近年人気となっています。

ただし、調理の際の匂いや煙がリビングにも流れやすく、水はねや油はねがリビング側の床にまで飛び散りやすくなるのが難点です。

クローズドキッチンとの違い


キッチンのスタイルにはオープンキッチンの他にクローズドキッチンがあります。クローズドキッチンは壁に囲まれた空間に設置されたキッチンで、壁に向かって作業をする壁付けキッチンが配置されます。

独立した部屋の中で料理をするので調理や片付けに集中できますし、来客があっても調理中のキッチンを見られることもありません。吊り戸棚なども設置できるので、収納スペースが広く取れますし、壁面が多いので冷蔵庫や食器棚も好きな場所に置けます。また、調理で出る匂いや煙がリビングに流れる心配もありません。

ただし、独立しているため調理中は一人作業となり、孤立感があることと、配膳や片付けの動線が長いのがデメリットです。

オープンキッチンのレイアウト

オープンキッチンの主なレイアウトには以下の3つがあります。同じ対面式のキッチンですがそれぞれにメリット・デメリットがあります。

アイランドキッチン


アイランドキッチンはキッチン周りのどこも壁についておらず、島のような形をしたキッチンのことです。リビングからキッチンの間をさえぎる壁や仕切りが何もないので、広々とした空間を演出してくれます。

料理をしながらリビングが見渡せて、家族と顔を見合わせて会話するなどのコミュニケーションを取ることもできます。左右どちらからでも出入りできるので動線がよく、配膳や片付けがスムーズにできるのもメリットです。

ただし、キッチン本体のサイズも大きく、四方に通路幅が必要になるため、設置には広いスペースを確保しなくてはなりません。

ペニンシュラキッチン


ペニンシュラキッチンはキッチンの左右どちらかが壁に付いた形のキッチンです。こちらも料理中も家族とコミュニケーションを取りやすい形状ですが、壁に付いている分、開放感はアイランドキッチンよりもやや減少します。

壁に付いた側にコンロを付けることができるので、調理中の油はねがやや少なくなるのがメリットです。また、通路を片方だけ取ればよいので、アイランドキッチンと比較すると設置スペースは小さくて済みます。

ただし、リビングへの出入りは片側からだけになるので、回り込んで移動することになり動線はやや悪くなります。

I型キッチン


I型キッチンは、シンク・調理台・コンロが横並びにつながったキッチンのことで、壁付けにも対面にも対応可能です。リビングに対面に設置する場合は腰壁(造作壁)を作って取り付けます。

腰壁はキッチンの前面にカウンターのようにつけたり、コンロ前のみ天井まで付けるなど自由に設計でき、間取りや希望に合わせて造作可能です。

I型キッチンは、ワークトップがフラットなアイランド型やペニンシュラ型と比較すると、水はねや油はねが飛び散りにくくなることと、手元が隠れるのでキッチンの中が丸見えになるのをカバーできるメリットがあります。

オープンキッチンのメリット

オープンキッチンのメリット

次に、オープンキッチンの特徴について見ていきましょう。まずはメリットから紹介していきます。

おしゃれでデザイン性の高い空間を作れる


オープンキッチンは、インテリアに合わせたデザイン性の高いキッチンを選ぶと、統一感のあるおしゃれな空間を演出できます。特にアイランドキッチンやペニンシュラキッチンは、カラーや素材にこだわったものが多いので、自宅のインテリアのテイストに合ったおしゃれなモデルが選べるでしょう。

背面収納もキッチンと同じメーカーで選ぶとさらにまとまりが出て、スッキリ見えるのでおすすめです。持っているお気に入りの調理器具やグラス・食器類を見せる収納にすることもできます。

開放感がある


オープンキッチンはリビングダイニングとの間に壁や仕切りが一切ないので、開放感があり、部屋を広く見せてくれる効果があります。窓からの日差しや照明の明かりが部屋の奥まで届き、明るいLDKを演出してくれます。

独立したキッチンと比較すると、広い空間を利用できることと、料理中でも家族と一緒の部屋に居られるので、のびのびとなごやかに過ごせるのがメリットです。

調理器具や小物をなるべくキッチンの上に置かないようにすると、視線がさえぎられず、生活感も出にくくなります。

家事をしながらコミュニケーションを取れる


リビングに対面しているオープンキッチンなら、調理や洗い物をしながらリビングを見渡すことが可能です。作業をしながらでもリビングにいる子どもやペットの様子がうかがえ、顔を見合わせて会話もできます。

キッチンのカウンターで宿題をする子どもに声をかけながら家事もできるので、家事の効率もよくなります。来客の際もコミュニケーションを取りながらもてなしの準備ができ、ほったらかしにすることがありません。

家事動線がよくなる


オープンキッチンは壁や仕切りがないので、キッチンからダイニングやリビングへスムーズに移動できます。料理の配膳や片付けがしやすく、家事の動線がよいのでストレスがありません。
ダイニングからキッチンカウンターが近いので、作った料理を順次運ぶことができ、作業台が皿などでいっぱいになることもありません。使った食器をカウンターに出してもらうようなお手伝いもしてもらいやすくなりますので、家事が楽になる効果も期待できます。

オープンキッチンのデメリット

次にオープンキッチンのデメリットについても見ていきましょう。前もってデメリットを知っておくことで、対応策を考えることができます。

水・油はねで汚れが気になる


オープンキッチンはリビングとの間に壁がないため、調理で出る油やシンクの水はねがリビング側の床にまで飛び散りやすくなります。すぐに掃除しなければ、リビングダイニングの床の目立つ部分にシミや落ちにくい汚れがつくことにもなりかねません。

しかし、飛んだ汚れを掃除するにはカウンターを回り込まなければならず、手間がかかります。飛び散りを防ぐために、パーテーションや油はねガードを設置するなど対策を取ると、汚れる前に防止でき、掃除の手間が少なくなります。

匂いや煙が広がる


オープンキッチンでは水はね・油はねだけでなく、調理中の匂いや煙もリビングに流れやすくなります。リビングの家具やソファーなどに匂いがつくこともありますので、注意が必要です。また、調理で出る煙は油分を含んでいるため壁紙やカーテンが変色することもありえます。

キッチンのせいで部屋が汚れて後悔することのないように、前もって部屋全体の換気システムを考えておきましょう。キッチンに高機能な換気扇を付けるだけでなく、換気しやすいように窓の位置を工夫したり、リビングに空気清浄機を設置するのも効果があります。

間取りが制限される


オープンキッチンを設置するには広いスペースが必要ですので、間取りが制限されることがあります。特にアイランドキッチンは本体のサイズも大きく、キッチン周り全てに通路幅を取らねばならないため、広い面積を必要とします。

狭いLDKや横幅が短い、または変形の部屋では設置が難しいこともあり、希望のキッチンが置けなかったり、リビングが狭くなってしまうこともあります。また、吊り戸棚をつけない場合は収納が不足がちになるので、キッチンとは別に食器棚やパントリーの場所を確保しなければならないこともあり、さらにスペースが必要です。

手元が丸見えになる


オープンキッチンはキッチンからリビングが見渡せると同時に、リビングからもキッチンの様子がよく見えます。キッチンの天板がフラットであれば、視線を遮るものがないため作業台の上だけでなくシンクの中まで見えてしまいます。

物が出しっぱなしで散らかっていたり、汚れ物が溜まっているのも丸見えになるため、こまめな片付けや掃除をしなくてはならず、ストレスになるかもしれません。子育てで忙しい主婦や来客の多い家庭では負担に感じることもあります。

手元を隠すには、キッチン前に腰壁を作るのがおすすめですので、後で詳しく紹介します。

収納スペースが限られる


オープンキッチンは壁面が少ないため、収納棚を置く場所が限られます。開放感を重視して吊り戸棚をつけないことも収納量に大きく影響します。

キッチン下部の収納は、扉ではなく引き出し式のほうが容量が大きく、奥のものまで出し入れしやすいのでおすすめです。キッチン下部にビルトイン食洗機を付ける方もいますが、収納スペースが減ってしまいますので、キッチン全体の収納量を考えてから慎重に検討しましょう。

調理家電用のカウンターの付いた背面収納や、パントリーを設置すると、収納量がグンと増えます。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

使い勝手のよいオープンキッチンを選ぶ際のポイント

オープンキッチンの使い勝手をよくするには、注意すべきポイントがあります。ポイントを押さえておくと後悔しないキッチンが選べます。

家具・家電の配置を前もって考える


キッチンは食器棚などの大物の家具や冷蔵庫、調理用の家電などを多く使用する場所です。後でコンセントが足らない、使用しづらいなどの不満が出ないように、前もってどこに置くか配置を決めておきましょう。

使用する家電の数や場所に合わせてコンセントの数・位置も決めておきます。家事の動線を考えながら配置すると、スムーズに作業できる使いやすいキッチンになります。また、使う場所の近くにコンセントがあるとコードが邪魔にならず、見た目もスッキリします。

目隠しとして腰壁を設置する


キッチンの天板がフラットなオープンキッチンは、作業している手元やキッチンの中が丸見えになります。常に整理整頓したり、掃除に手間をかけないように、負担を軽減する対策を取っておきましょう。

おすすめはキッチンに腰壁を付けることです。キッチンの前に腰壁を作ると、キッチンの様子を隠すことができますし、水はね対策にも効果があります。コンロ前に天井までの腰壁を作ればコンロや換気扇の目隠しになり、油はねも防いでくれます。

腰壁に幅を持たせてカウンターのようにすると、食材の一時置き場として利用でき便利ですし、カウンター下に収納をつけることも可能です。

収納スペースを確保する


オープンキッチンは開放感を重視して、吊り戸棚をつけないことが多く、収納スペースが少なくなりがちです。キッチンのリビング側にも収納があるような、キッチン下部の収納力が大きいものを選びましょう。

キッチン下部の収納だけで足りないようなら、背面収納やパントリーなどを設置して収納スペースを確保します。

背面収納はキッチンとセットで設置すると、カラーやテイストにまとまりが出て、おしゃれな印象になります。背面収納に家電用のカウンターを設置すると使い勝手もよく、見た目もスッキリするのでおすすめです。

トーヨーキッチンスタイルのオープンキッチン事例

こちらではトーヨーキッチンスタイルのオープンキッチンの施工事例を紹介します。ぜひオープンキッチンのイメージ作りに役立ててください。

パラレロシンクやゼロ動線キッチンを取り入れ実用的に


トーヨーキッチンスタイルの「iNO Q-LAND」を採用し、テーブルやスツール、照明などもコーディネートして、インテリアにもこだわったキッチンです。

Q-LANDはコンパクトな間口ですが、多様な使い方ができるパラレロシンクを搭載し、Wゼロ動線を実現した非常に効率的なキッチンです。4方向からアクセスできるキッチンは大勢で調理しても動線がスムーズで、カウンターにも広いスペースが取られています。

実用的なコンパクトサイズのキッチンを設置したことで、リビングダイニングに広い空間を確保できました。

愛知県 W様邸

部屋全体の換気まで可能な超ワイドフード「UFO」を完備


ホームパーティーの機会が多いという施主のライフスタイルに合わせ、特大サイズのカウンター付きアイランドキッチン「iNO CD-LAND」と、240cmもある特大サイズのレンジフード「UFO」を設置したキッチンです。

UFOは高い煙捕集性とメンテナンス性に優れ、広いリビング全体の換気までが可能です。光沢のある木目柄のキッチンと、柄を合わせた背面収納が、高級感のあるキッチンを演出しています。

南青山6丁目計画

オープンキッチンはメリット・デメリットを考えて選択を

オープンキッチンにはメリット・デメリットがありますが、デメリットをカバーする方法もありますので、ご自宅に取り入れられそうかしっかり検討してみてください。

予算の範囲内でベストなキッチンを選ぶには、ショールームで実物を見るのが一番です。その場で経験豊富なプロに相談すると、具体的なアドバイスをもらうことができます。この記事とプロのアドバイスを参考に、理想のキッチンを選んでください。

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

黒いキッチンの魅力的な事例7選
TIPS 23.11.30(Thu)

黒いキッチンの魅力的な事例7選

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。