期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

壁付けキッチンで理想の間取りに|メリットや注意点、ポイントまで

壁付けキッチンと言えば、昔ながらの台所をイメージする方も多いでしょう。しかし、今はおしゃれでコンパクトな壁付けキッチンが注目されています。

今回は壁付きキッチンのメリットや注意点、間取りのポイントについて紹介します。ご自宅の新築・リノベーションを検討している方、今のキッチンをもっと便利に変えたい方はぜひ参考にしてください。

INDEX

  1. 人気のキッチンの間取りとは
  2. 壁付けキッチンのメリット
  3. 壁付けキッチンのデメリット
  4. 壁付けキッチンの間取りのポイント
  5. 壁付けキッチンがおすすめの人
  6. トーヨーキッチンの壁付きキッチン事例集
  7. 壁を味方につけて、理想の間取りを
もっと見る

人気のキッチンの間取りとは

人気のシステムキッチンは、壁付けキッチンと対面キッチンの2種類があります。それぞれのレイアウトについて見ていきましょう。

①対面キッチン - アイランドキッチン


対面キッチンの中でも、どの壁にも接していないレイアウトのキッチンをアイランドキッチンといいます。

アイランドキッチンはどの壁にも接していないので、キッチンの外周を1周ぐるっと周ることができ、家事動線に優れたレイアウトです。その分アイランドキッチンを設置するには、広いスペースが必要です。

キッチンスペースを広く確保するので、大人数で調理する機会が多い方に向いています。

②対面キッチン - ペニンシュラキッチン


半島(ペニンシュラ)状に左右どちらかが壁に接しているキッチンを、ペニンシュラキッチンといいます。

アイランドキッチンと比べると、ペニンシュラキッチンの方が設置スペースを抑えられるでしょう。手元を隠すために腰壁を取り入れたり、ワークトップを広くしてカウンターテーブルとして利用したりと、アレンジしやすいのが特徴です。

壁付けキッチン - I型キッチン


壁付けキッチンとは、壁に沿って設置できるシステムキッチンのことです。一般的にシンクやコンロなどが横一列に並んだI型キッチンを指します。壁付けキッチンは壁を向いて作業をするので、調理に集中できるメリットがあります。

また、壁におしゃれな飾り棚を設置したり、窓を設置し風景を楽しみながら調理したりと、モダンでおしゃれな壁付けキッチンが人気です。

壁付けキッチンのメリット

壁付けキッチンのメリット

ここからは、壁付けキッチンのメリットについて紹介します。

①広々とした空間で調理が行える


壁付けキッチンは少ないスペースで設置できます。その分限られた部屋を有効に使えるので、広々した空間で調理できるでしょう。

対面キッチンは通路幅を確保するため、設置には広いスペースが必要となります。狭い部屋に対面キッチンを取り入れると、リビングやダイニングを圧迫してしまう可能性も。壁付けキッチンならレイアウトも簡単です。

②作業に専念しやすい


壁付けキッチンは壁を向いて調理するので、作業に集中できるメリットもあります。

対面キッチンはリビングの様子が気になったり、テレビを見ながら作業をしたりすると、料理に集中できない、と思っている方もいるでしょう。

壁付けキッチンなら、1人で集中して作業ができるので、テキパキと家事を進めたい方におすすめです。

③調理中の煙や匂いを最小限に抑える


壁を向いて作業する壁付けキッチンは、調理中の油汚れや匂いを最小限に抑えられます。

対面キッチンの場合、シンクやコンロの前にダイニングやリビングがあるので、油汚れや匂いがリビングに伝わることもあるでしょう。ですが、壁付けキッチンなら前面の壁のおかげで煙や匂いは充満しにくく、掃除も簡単です。

壁付けキッチンのデメリット

壁付けキッチンのメリットを紹介しましたが、問題点もあります。ここからは、壁付けキッチンのデメリットと、その対策を見ていきましょう。

①生活感が出やすい


壁付けキッチンは、キッチンの内側がリビングやダイニングから見えるレイアウトです。そのため、手元が丸見えになってしまいます。

また、キッチンで使う食材などはカラフルなものが多く、生活感が出やすいです。壁付けキッチンは、常にキッチンの掃除や片付けを意識しなければなりません。

対策としては、リビングやダイニングとキッチンの間に目隠しとなるカウンターを設置したり、作業台を取り入れたりすると、手元も隠せ収納スペースも増えるのでおすすめです。

②レイアウトの自由度が低い


壁付けキッチンは壁面にキッチンが配置されるので、冷蔵庫や食器棚を置くスペースを確保しづらい、という問題点があります。

冷蔵庫や食器棚をどこに配置するかで、使いやすさが大きく変わります。レイアウトに工夫が必要です。事前に動線をイメージしてからキッチンや冷蔵庫を配置すると、使い勝手が良くなるでしょう。

③家族との会話から孤立しやすい


壁付けキッチンは、家族とコミュニケーションが取りづらいデメリットがあります。壁付けキッチンは、壁を向いて作業するので料理に没頭できます。しかし、家族の様子を確認するには、その都度振り向かなければなりません。

家族が過ごす位置を工夫して家具を配置しましょう。壁付けキッチンに横並びでダイニングテーブルを設置したり、キッチンカウンターとしても使えるテーブルを取り入れると、コミュニケーションが取りやすくなるのでおすすめです。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

壁付けキッチンの間取りのポイント

壁付けキッチンのポイントを意識するだけで、グッと便利で使いやすいキッチンになります。壁付けキッチンを設置する際のポイントを確認し、最適なキッチンレイアウトを作りましょう。

①前面の壁で空間の印象を変える


キッチン前面の壁を有効に使いましょう。壁に窓を設置すれば、外の景色を楽しみながら料理ができます。おしゃれな飾り棚を設置してスパイスラックとして使用したり、お好みのタイルを張って自分好みのインテリアを再現したりすることも可能です。

キッチン前面の壁を工夫して、機能性やデザイン性をプラスすると良いでしょう。

②調理中の動線をイメージする


調理の流れをイメージして動線を考えましょう。調理するときは、冷蔵庫から食材を取り出し、シンクで下ごしらえ。作業スペースでカットし、コンロを使用します。冷蔵庫→シンク→作業スペース→コンロの作業動線が最も効率が良いとされています。

また、食器を取り出して盛り付け、料理を配膳しダイニングへ運ぶ動線も大切です。食器棚とダイニングスペースの距離感を意識し、壁付けキッチンへ2方向からアクセスできるようレイアウトを考えましょう。

③家具や家電を壁側に取り付ける


壁付けキッチンを使いやすくするには、家具や家電の配置もポイントです。壁付けキッチンに家具や家電を横並びに配置するのではなく、もう一方の壁側に取り付けると、効率の良い作業動線を確保できます。

作業スペースがL字型になるので動線が短く、部屋が広々とした印象になるのでおすすめです。

壁付けキッチンがおすすめの人

壁付けキッチンがおすすめの人

壁付けキッチンは「魅せるキッチン」を作りたい人におすすめ です。部屋のテイストに合わせて飾り棚を取り入れたり、壁紙を変えたりして、壁面のインテリアを楽しみましょう。

また、対面キッチンのいいところを取り入れた「I型」や「セパレートキッチン」にするのも手です。
壁付けキッチンは手元が丸見えになるので、キッチンの片付けや掃除が億劫じゃない方が取り入れると良いでしょう。

トーヨーキッチンスタイルの壁付きキッチン事例集

トーヨーキッチンスタイルのキッチンは、どの角度から見てもスタイリッシュでデザイン性に優れているので、壁付けキッチンを選ぶのに最適です。ここからはトーヨーキッチンスタイルのキッチンを取り入れた事例を紹介します。

事例①:集約レイアウトで広々リビング


こちらのキッチンは、トーヨーキッチンスタイルの『iNOキルト』を採用しました。デザイン性に優れており、リビングからキッチンを見たとき部屋の雰囲気を崩しません。

壁付けキッチンの作業通路とキッチン側のダイニング通路を共有しているのが特徴です。
リビングスペースを確保する間取りになっています。

愛知県 岡村様邸

事例②:縦長LDKで奥行きを楽しむ


壁一面に壁付けキッチンを取り付け、作業スペースと収納の両方を確保しました。冷蔵庫を壁付けキッチンから少し離して設置することで、使いやすい導線になっています。

また、壁面にタイルを採用し、掃除しやすくデザイン性に優れたキッチンになっています。

奈良県 I様邸

壁を味方につけて、理想の間取りを

限られたスペースでも、壁付けキッチンなら使いやすく洗練された空間になります。前面の壁を活用すると、さらにおしゃれで機能的なキッチンに。

キッチン選びに迷ったら、ショールームで実際に体感しましょう。予算やご自宅の間取りに応じて、ぴったりの壁付けキッチンを提案してくれます。長い時間を過ごすキッチン。理想の間取りをショールームで見つけましょう。

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

黒いキッチンの魅力的な事例7選
TIPS 23.11.30(Thu)

黒いキッチンの魅力的な事例7選

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。