期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

システムキッチンのサイズの失敗しない決め方|標準やレイアウトも解説

システムキッチンの導入を考える際、レイアウトやサイズ選びなどで、迷う方も多いでしょう。実際、デザイン性だけで選んでしまうと、使い勝手が悪くなることもあります。失敗しないためには、家族構成やキッチンを使うシチュエーションを考慮し、快適かつ効率的なキッチンをシミュレーションをしましょう。

今回はシステムキッチンのサイズの失敗しない決め方をご紹介します。標準サイズやレイアウトについても解説していますので、参考にしてください。

INDEX

  1. そもそもシステムキッチンとは?
  2. システムキッチンの標準サイズ
  3. システムキッチンのサイズなど決めるべき仕様項目
  4. システムキッチンのレイアウトの種類
  5. システムキッチンのサイズの決め方
  6. 失敗しないシステムキッチンのサイズ選びを
もっと見る
理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

そもそもシステムキッチンとは?

システムキッチンとはシンク(流し台)と作業台とコンロが一体化し、ワークトップ(天板)と呼ばれる一枚板でひとつながりになっているキッチンのことです。

システムキッチンはつなぎ目がないため、汚れや埃が溜まりにくく、掃除が楽なので人気があります。また、ワークトップがつながっていることで、見た目もすっきりしているのも特徴です。
ワークトップはステンレスが一般的ですが、人工大理石などを使い、おしゃれなキッチンにすることもできます。

システムキッチンで使われているコンロは、ガスコンロやIHコンロが組み込まれているビルトインキッチンが採用されています。さらに、上下に収納棚や引き出し、食洗機やオーブンなどを組み込めるのも、システムキッチンの魅力です。

システムキッチンについて、どのようなレイアウトがあるか、機能やデザインなどについて知りたい方は、下記のページもぜひご覧ください。

システムキッチン

システムキッチンの標準サイズ

システムキッチンの標準サイズ

システムキッチンには、レイアウトやパーツごとに、一般的な規格サイズがあります。それぞれの規格サイズやサイズの選び方の目安を把握しておくことで、自分のライフスタイルに合ったキッチンを実現することができます。

ここでは、システムキッチンの各パーツの規格サイズについてご紹介します。

間口のサイズ


間口とは横幅のことで、一般的な規格サイズは180〜300cmです。あまり間口を長く取りすぎると、作業する際の移動距離が長くなり、作業がしにくくなります。長くても、240〜270cm以内に収めるのがt使いやすいといえるでしょう。

間口の規格は、15cm刻みが一般的です。180cm、195cm、210cmとサイズが大きくなっていきます。

間口を決める際には、使いやすい動線であるかをよく検討したうえで、決めるようにしましょう。キッチンによっては1cm単位でサイズオーダーができるものもあります。

奥行きのサイズ


キッチンの奥行きの一般的な規格サイズは、キッチンの種類によって異なります。

キッチンの間口が壁に接していない、アイランド型やペニンシュラ型のキッチンは、75〜100cmが一般的な規格サイズです。壁に接していないため、水のはね返りを考慮すると80cm以上あると安心です。

キッチンの間口が壁に接しているI型キッチンの場合、一般的な規格サイズは65cmです。コンパクトなキッチンの場合には60cmにする場合もあります。

シンク・コンロのサイズ


システムキッチンのシンクの間口は70〜80cmのものが多く、奥行きは40cm以上あると、大きな鍋なども洗うことができます。また、排水溝が左右どちらかの奥にあり、水がスムーズに流れるように、緩やかな傾斜を付けるなどの工夫がされている場合があります。

コンロの規格は、間口が60cmが標準サイズで、75cmのワイドサイズもあります。コンロの数は2〜3ツ口が一般的です。コンロの間隔などはどちらも同じで、コンロの天板のサイズが異なります。

理想のキッチンが見つかるキッチンショールーム 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら

システムキッチンのサイズなど決めるべき仕様項目

システムキッチンはレイアウトやサイズなどを、使いやすさや自分の体型に合わせて選ぶことができます。ここでは作業効率が良く、使いやすいキッチンにするために、決めるべき仕様項目についてご紹介します。

仕様についてより詳しく知りたい場合は、ショールームを訪れ、実際に見てみるのがおすすめです。

レイアウト


まず初めに決めるのがキッチンのレイアウトです。キッチンのスペースにより、どのようなレイアウトにすると、動線が短く作業効率が良いかが変わってきます。冷蔵庫から食材を出し、シンクで準備をして、コンロで調理するという一連の流れがスムーズにできると、作業効率が良いと言えるでしょう。

間口・奥行きなどのサイズ


キッチンのレイアウトが決まったら、間口や奥行きを決めます。間口は一般的には15cm間隔で、選択ができます。レイアウトにより、間口の規格サイズが異なるため、選択したレイアウトの規格サイズを目安に、作業効率などを考えてサイズを決めるのがおすすめです。

奥行きは、I型の場合60cmか65cmが一般的です。対面式の場合にはもう少し奥行きが広いものが一般的です。くれぐれも通路の幅が狭くならないように、奥行きを決めるようにしましょう。

ワークトップの高さ


ワークトップの高さとは、床から天板までの高さのことで、使う人の身長や肘の高さに合わせて選ぶのがおすすめです。一般的なキッチンの高さは80cm、85cm、90cmの3サイズです。ワークトップの高さは、「身長(cm)÷2+5」で計算をするのが一般的です。

また、同じ身長でも腕の長さが異なるため、肘の高さで計算する方法もあります。
肘の高さで計算する場合、キッチンの高さ(cm)=肘の高さ(cm)10cmで計算をします。

コンロ・換気扇などの設備


コンロはガスコンロとIHコンロから選択ができます。ガスコンロは鍋やフライパンの種類を選ばず使用でき、火が出るため鍋を振って調理する料理などにも向いています。

IHコンロは表面がフラットなので見た目がスタイリッシュで、お掃除がしやすいのが特徴です。

換気扇はシステムキッチンの場合、天井に付けるタイプが多く、コンロと連動して動くものや、ファンがなくお掃除が楽なタイプなどが主流で、人気があります。

システムキッチンのレイアウトの種類

システムキッチンのレイアウトの種類

システムキッチンのレイアウトは大きく分けると、正面に壁が付いている壁付けと、正面に壁のない対面式があります。壁付きの場合、水はねや、油はねを気にせず調理できるのが特徴です。対面式の場合は、家族とのコミュニケーションを取りながらキッチンに立てるメリットがあります。

ここではシステムキッチンのレイアウトの種類についてご紹介します。

対面式「アイランド型」


アイランド(島)型は、キッチンが壁に付いていない、完全に独立したレイアウトのキッチンです。

見た目がオシャレで開放感のあるアイランド型は、複数人で料理をする場合の動線も確保しやすいのが魅力です。壁に囲まれていないからこその、見せるキッチンを演出でき、スタイリッシュなキッチンを実現できます。

両サイドから出入りができるため作業効率が良い一方、両側に通路を設けるための広いスペースが必要です。

アイランドキッチン

対面式「ペニンシュラ型」


ペニンシュラ(半島型)型は、左右どちらかが壁に接している対面式のキッチンです。片側だけに通路を設ければいいため、スペースがあまりない場合でも対面式のキッチンが実現します。

壁付きのキッチンに比べると、一般的には奥行きが広く、片側に椅子を置いてカウンターとして使用することもできます。全体が見渡せるオープンタイプと、低い壁や吊り戸棚を設置するセミオープンタイプがあります。

ペニンシュラキッチン

壁付け「I型」


壁付け「I型」はシンク、コンロ、調理スペースが一横一列に並んでいて、正面に壁がついているキッチンです。

壁付けキッチンでは、最も多いスタイルで、あまりスペースを必要としないのが特徴です。
壁についているため、吊戸棚を設置することができ、収納も十分確保できます。

横幅をあまり長くすると、移動距離が長くなり、作業がしにくくなることがあります。動線や作業効率を考え、冷蔵庫の配置も含め、幅を決めるようにしましょう。

壁付けキッチン

システムキッチンのサイズの決め方

システムキッチンのサイズを決める際には、いろいろな観点から考えるようにするのがおすすめです。調理する人数や、作業効率、シチュエーションや、物の量などを明確にします。
システムキッチンのレイアウトやサイズがマッチすることで、キッチンに立つ時間は効率的で、楽しい時間となるでしょう。

迷った場合にはショールームで相談するのもおすすめです。

調理する人数などライフスタイルに合わせてレイアウトを決める


キッチンのレイアウトはライフスタイルに合わせて決めるのがおすすめです。キッチンで調理をする人が1人の場合と、家族や友人と複数でキッチンを使用する場合で、使いやすいレイアウトが変わります。

1人でキッチンに立つことが多い場合にはI型キッチンが使いやすいでしょう。調理に集中したい場合は壁付き、家族とのコミュニケーションを取りながらキッチンに立ちたい場合は、対面式が選ばれるケースが多いです。

複数人で調理をする機会が多い場合には、アイランド型やペニンシュラ型がおすすめです。
カウンターを設けて、カフェやバーのようなおしゃれな空間を作ることもできます。

また、将来的に家族構成が変わる可能性がある場合には、家族構成の変化を踏まえてレイアウトを考えましょう。

調理・作業のしやすさを意識する


システムキッチンのサイズは調理や作業のしやすさを左右します。

調理をする際に重要となるのが、ワークトップの高さです。高すぎると包丁を扱う際に力が入らなかったり、フライパンを振りにくくなるなど、調理がスムーズに進みません。逆に低すぎると、常に腰を曲げた状態となるため、腰痛の原因となることがあるのです。

作業のしやすさは、冷蔵庫、シンク、コンロの3点がトライアングルに配置することで向上します。ワークトライアングルと言われる3点の合計距離は3.6〜6.6mが理想です。ワークトライアングルの距離が長すぎると無駄な動きが増えてしまい、短すぎると調理や配膳が不便になるため、適切な距離を保ち作業のしやすさを向上させましょう。

収納のことも忘れずに


システムキッチンのレイアウトを考える際に、必要な収納が確保できるかを忘れないようにしましょう。つい、見た目のおしゃれさでレイアウトを選んでしまいがちですが、スペースやキッチンに収納するものの量を考えて、レイアウトを選ぶことも重要です。

対面式の「アイランド型」や「ペニンシュラ型」のレイアウトの場合は、上に空間があることで、開放感がありますが、別に収納を確保する必要が出てくるのです。壁一面に天井まで続く収納棚を設けることで、見た目のスタイリッシュさを損なうことなく、十分な収納も確保できるでしょう。

壁付きの「I型」のレイアウトは、吊り戸棚などを設置しやすいため、収納を多く確保できるメリットがあります。

ショールームなどで実際のキッチンを見て決める


システムキッチンにはいろいろな種類があり、使用するシチュエーションや家族構成、スペースによりサイズやレイアウトを決めることがおすすめです。

使いやすいキッチンにするためには、まずショールームに足を運び、実際のキッチンを見てみましょう。実際に見ることで、サイズ感や動線の確認ができ、よりイメージしやすくなるでしょう。

「このようなレイアウトにしたいけれど」と、迷っている方は、遠慮なく相談し、プロの意見を聞いてみましょう。レイアウトやサイズ、設備など、プロならではの思いもよらないアイデアをもらえることもあるでしょう。

実際のキッチンを見て決めることで、理想どおりのキッチンを実現できるでしょう。

失敗しないシステムキッチンのサイズ選びを

システムキッチンはレイアウトやサイズを調理する人数や使用するシチュエーションに応じて、選ぶことができます。

毎日立つキッチンだから、快適で効率的に作業ができるようにしたいものです。
システムキッチンのレイアウトやサイズ選びにより、作業しやすさが変わります。

ショールームで実際に見て、プロの意見を参考にすることで、より良いシステムキッチンと出会えるでしょう。システムキッチンの導入を検討している方は、お気軽にショールームに足を運んで相談してみましょう。

全国ショールーム一覧

ショールーム一覧 実際の製品の中からスタイリストがキッチン探しをお手伝いいたします。ショールーム一覧はこちら
トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介
TIPS 23.05.15(Mon)

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。