期間2023年9月18日まで ショールーム来館予約キャンペーン WEBで来館予約頂いた方へご来館時に先着でプレゼントを差し上げます

アイランドキッチン?それともペニンシュラキッチン?違いやメリット・デメリットを比較

アイランドキッチンとペニンシュラキッチンは、開放感のあるキッチンスタイルとして、人気を集めています。しかし、導入を検討している方の中には、アイランドキッチンとペニンシュラキッチンのどちらが良いのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの違いや各キッチンのメリット・デメリットを解説いたします。さらに、ペニンシュラキッチンを導入する際に、選び方で後悔しないためのポイントもまとめました。

本記事を読めば、アイランドキッチンとペニンシュラキッチンのどちらが自分に合ったキッチンか分かるので、ぜひ参考にしてください。

INDEX

  1. アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの違い
  2. アイランドキッチンのメリット
  3. アイランドキッチンのデメリット
  4. ペニンシュラキッチンのメリット
  5. ペニンシュラキッチンのデメリット
  6. 後悔しないペニンシュラキッチンを選ぶためのポイント
  7. アイランドキッチンの施工事例
  8. ペニンシュラキッチンの施行事例
  9. 両キッチンの特徴を理解し、自分に合ったキッチンを選ぶことが大切
もっと見る

アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの違い

アイランドキッチンとペニンシュラキッチンは、どちらも対面式キッチンと呼ばれるスタイルですが、それぞれ異なる特徴があります。費用相場にも違いがあるので、それぞれ見ていきましょう。

特徴の違い


アイランドキッチンは、その名の通り「島(アイランド)」のように、コンロやシンク、調理スペースなどが壁から独立した形で配置されているキッチンです。レンジフードは、コンロの位置に合わせる形で、天井に設置されています。

ペニンシュラキッチンは、キッチンの左右どちらかが壁に接している構造です。「半島(ペニンシュラ)」のように突き出た形をしていることから、ペニンシュラキッチンと呼ばれています。

費用相場の違い


アイランドキッチン・ペニンシュラキッチンを導入する際の費用は、以下の通りです。
アイランドキッチンペニンシュラキッチン
本体費用80万~350万60万~280万
設置工事費用30万以上30万以上


アイランドキッチンは、壁から独立した構造であることから、四方に化粧材が必要になるため、ペニンシュラキッチンよりも高くなる傾向にあります。

また、アイランドキッチンのコンロ上には、天井から吊り下げる「センターフード」を設置するのが一般的です。このセンターフードが高価である点も費用がかかる要因となっています。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンの代表的なメリットは、以下の3点です。それぞれのメリットについて、解説します。

  • 開放感がある
  • 複数人で同時に料理できる
  • 家事動線が確保できる

開放感がある


アイランドキッチンは周囲が全て開けており、視界が広く確保できるため、開放感を感じられます。リビングやダイニングとも一体化した構造となっているため、広々とした空間に感じられるでしょう。また、部屋の明かりや窓からの自然光も入りやすく、しっかりと光量を確保することもできます。

また、キッチンからリビングが見渡せるため、調理をしながら家族と会話をしたり、子どもの様子を見たりすることも可能です。家族や友人とのコミュニケーションを円滑に取れるのは嬉しいポイントでしょう。

複数人で同時に料理できる


アイランドキッチンはキッチンスペースが広く確保されているため、複数人で同時に料理ができます。食材のカットやコンロでの調理、洗い物などを並行して進められるので、効率良く調理が可能です。家族で一緒に料理を作ったり、友人とホームパーティーをしたりするときには、うってつけの構造だと言えるでしょう。

周囲に壁がないのでコミュニケーションも取りやすく、会話をしながら楽しく料理ができます。子どもに調理を教える時にも、ゆとりを持って安全に教えることができるでしょう。

家事動線が確保できる


アイランドキッチンはどこからでもキッチンに出入りができるため、家事動線を容易に確保することができます。特に、キッチンの主要要素であるシンクやコンロ、冷蔵庫への移動がスムーズにできるため、快適に調理をすることができるでしょう。

その他にも、調理器具や食器などもすぐに取り出すことができます。配膳や食べ終わった後の片付けも容易で、家族の方も手伝いやすい構造です。全体的に無駄な移動をなくし、効率良く作業ができるようになるので、時間と労力が節約できるでしょう。

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンの代表的なデメリットは、以下の4点です。それぞれのデメリットについて解説します。

  • 水・油はねによる汚れが気になる
  • 匂いが広がる
  • 充分な空間が必要になる
  • 作業スペースが丸見えになる

水・油はねによる汚れが気になる


アイランドキッチンのシンクやコンロ周りは壁で覆われていないため、周囲に水や油が飛び散りやすい構造になっています。油はねの汚れに関しては、ガスコンロではなくIHクッキングヒーターを利用すると、掃除がしやすくなるでしょう。

また、ガラスパネル(オイルガード)などを設置すると、開放感をキープしたまま油はねの広がりを抑えることができます。市販されている油はね防止ネットやコの字型にコンロを囲むガードの利用なども、簡易的にできる有効な対策でしょう。

匂いが広がる


アイランドキッチンは開放感に優れている一方、調理時の匂いや煙が広がりやすいというデメリットがあります。リビングに調理中の匂いが広がることは、家族や来客が食事を楽しむ一つの要素となりますが、家具やカーテンなどに匂い移りをしてしまう懸念もあります。

したがって、換気扇はできるだけ換気能力の高いものを取り付けるようにしましょう。さらに空気清浄機を設置したり、消臭機能付きの壁紙にしたりすると、より効果的に匂いの広がりを抑えられます。

充分な空間が必要になる


アイランドキッチンは本体が大きいことに加え、壁から独立した構造であるため、周囲に充分な空間が必要になります。目安として6帖程度の広さが必要となり、リビングやダイニングの間取りによっては導入が難しいケースもあるでしょう。無理に導入をしてしまうと生活スペースが狭くなり、かえって不便さを感じてしまうかもしれません。

狭い部屋でもアイランドキッチンを導入する場合は、ソファやテーブルを低いものを選ぶと、圧迫感を感じにくくなります。また、壁や天井を明るい色にしておくと、空間的に広く感じられるでしょう。

作業スペースが丸見えになる


アイランドキッチンは見通しが良い分、目隠しがないため、四方から作業スペースが丸見えの状態です。調理中や片付けの様子も常に見えている状態となるので、気にかかる方は注意が必要でしょう。

シンクにお皿を放置していたり、周囲の床に物を置いていたりすると乱雑な印象を与えてしまいます。急な来客があった場合には対応が難しく、キッチン周りは常にキレイに保つよう意識しておく必要があるでしょう。

なるべく作業スペースを見られたくない場合は、あまりキッチンに視線が向かないように、設計やレイアウトで工夫することをおすすめします。

ペニンシュラキッチンのメリット

アイランドキッチンと比較した際に考えられるペニンシュラキッチンのメリットは、以下の3点です。それぞれのメリットについて解説します。

  • 油はねを抑えられる
  • 換気扇設置の自由度が上がる
  • 間取りの自由度が高くバリエーションも豊富にある

油はねを抑えられる


ペニンシュラキッチンは、壁側にコンロが設置されている構造が多いため、アイランドキッチンよりも油はねを抑えることができます。ただし、壁側に油がはねることはあるため、壁には市販の防汚シートなどを貼っておくと、お手入れが楽になるでしょう。

また、コンロ対面の油跳ねを軽減させたい場合は、アイランドキッチンと同様、ガラスパネルの設置や市販の油跳ね防止ネットの使用がおすすめです。

換気扇設置の自由度が上がる


壁側にコンロが設置されている構造のもう一つのメリットは、換気扇設置の自由度が上がることです。換気扇を壁に取り付けることによって、設置費用を抑えたり、換気効率を上げたりすることができます。

また、換気扇の種類やデザイン、サイズなどの幅広い選択肢から検討することが可能です。アイランドキッチンでは大型の吊り下げ式を採用する場合が多いですが、壁に取り付けられる換気扇であれば、コンパクトなものを選ぶこともできます。

間取りの自由度が高くバリエーションも豊富にある


ペニンシュラキッチンは、左右どちらかが壁に面していることから、アイランドキッチンほどの設置スペースを必要としません。狭いスペースであっても導入しやすく、レイアウトの自由度も十分に高いと言えるでしょう。

壁に面している部分は、壁掛けフックなどに調理器具を取り付けてスマートに収納することも可能です。前面にカウンターを設置すれば、テーブルカウンターのように利用することもできます。

ペニンシュラキッチンのデメリット

アイランドキッチンと比較した際に考えられるペニンシュラキッチンのデメリットは、以下の2点です。それぞれのデメリットについて解説します。

  • 開放感が減少する
  • アイランドキッチンと比べると家事動線の取りやすさが劣る

開放感が減少する


ペニンシュラキッチンは片側が壁についている構造であるため、全面が開いているアイランドキッチンと比較すると開放感が減少してしまいます。また、キッチンとリビングの間に境界線があるように感じられることも、狭く感じてしまう原因だと言えるでしょう。

ただし、人によってはペニンシュラキッチンほどの開放感が心地良い場合があります。実際にショールームなどで開放感を確かめてみると良いでしょう。

家事動線の取りやすさが劣る


片側が壁についていることで生じるもう一つのデメリットは、アイランドキッチンと比較すると家事動線の取りやすさが劣る点です。特に複数人で作業をしたい場合などは、片側からしか出入りができないため、不便さを感じやすいでしょう。

設計時の対策として、壁側に通路を設けることによって、アイランドキッチンのような動線を確保できるようになります。

後悔しないペニンシュラキッチンを選ぶためのポイント

ペニンシュラキッチンを選ぶ際に後悔しないためにも、以下7つのポイントを押さえておきましょう。

  • 水・油はねを防ぐ対策をする
  • 収納スペースを十分確保する
  • 手元隠しのための対策をする
  • コンセントの配置・数を考慮する
  • 適切な高さの作業台を設置する
  • 価格と機能性のバランスを取る
  • 全体のレイアウトが最適か確認する

それぞれのポイントについて解説します。

水・油はねを防ぐ対策をする


ペニンシュラキッチンはオープンキッチンであるため、対面側の水・油はね対策として、ガードを設置しておくと良いでしょう。TPRやスチール、ステンレスなどの様々な素材がありますが、ガラスタイプであれば視界が確保されるため、開放感も損なわれにくいです。

高さは30cm程度の小さなものから、壁のように前面を覆うことができるタイプがあります。ガスコンロを設置する場合、IHクッキングヒーターよりも油はねがしやすいので、高いガードの設置がおすすめです。

収納スペースを十分確保する


吊戸棚のないタイプのペニンシュラキッチンは、開放感がある一方、収納が不足してしまうケースが多いです。対策としては、背面収納を設けることによって、壁付けタイプのキッチンと同等程度の収納ができるようになります。

その他にも、リビング側のカウンター下に収納棚を設けるのも、有効な対策の一つです。構造的に可能であれば、床下収納やパントリーを設けておけば、十分な収納スペースを確保することができます。

煙や匂いが広がらない対策をする


開放的な構造であることから、煙や匂いなども広がりやすくなっています。リビングにある家具やカーテンに匂いが移ってしまう可能性もあるため、できれば性能の良い大型のレンジフードを設置した方が良いでしょう。

空気清浄機を設置するのも有効な対策手段です。また、匂いの強い生ごみはすぐゴミ箱に捨てたり、排水溝の掃除を毎日したりするなど、こまめに手入れをして清潔さを保つようにしましょう。

手元隠しのための対策をする


調理中の手元が見られたくない方や、整理整頓が苦手な方は、カウンター側に腰壁を設置すると良いでしょう。正面から手元は見えにくくなり、水・油はねの対策も兼ねることができます。ガラスパネルは定期的に汚れを取る必要がありますが、腰壁ならリビング側から汚れが見えることもありません。

腰壁はカウンターとしても利用ができるため、配膳や片付け時にも便利です。ただし、圧迫感が増してしまうので、高さや幅は良く検討して導入しましょう。

コンセントの配置・数を考慮する


冷蔵庫や炊飯器、電子レンジなど、使用する家電の数や種類に応じて、コンセントの配置や数を考慮するようにしましょう。コンセントの位置が遠かったり、数が少なかったりすると、拡張タップや延長コードを使用しなければなりません。

キッチン家電はアンペア数が高いものが多いため、なるべく拡張タップなどの使用は避けたいところです。また、水回りやコンロ周辺にコンセントを設置すると、漏電の心配があるため、なるべく避けた方が良いでしょう。

適切な高さの作業台を設置する


快適に作業をするためにも、作業台は適切な高さに調整したものを設置しましょう。作業のしやすい高さの目安は「身長(cm)÷2+5cm」だと言われています。つまり160cmなら85cm、170cmなら90cmが理想の高さです。

作業台が高すぎると肩や腕に負担がかかり、低すぎると首や腰に負担がかかってしまいます。したがって、キッチンを良く使う人の身長に合わせて高さを決めると良いでしょう。可能なら、ショールームなどで実際の高さを見てみることをおすすめします。

価格と機能性のバランスを取る


ペニンシュラキッチンの本体価格の相場は、60万~280万です。導入する機能やオプションによって、価格は大きく変わってきます。例えば、素材をステンレスか大理石にするかでも、数万円は価格が変わってくるでしょう。

他にも水栓のタイプや食器洗い乾燥機、コンロ前のガラスパネルなど、様々なオプション機能があります。予算に合わせて、機能性とのバランスを取るようにしましょう。

全体のレイアウトが最適か確認する


全体のレイアウトが、自身のライフスタイルや希望に合致しているか、よく確認するようにしましょう。例えば、来客対応やホームパーティーなどを頻繁に行う場合、対面にはカウンターやダイニングテーブルが配置できるようなレイアウトが好ましいでしょう。

家族の人数が多かったり、部屋の行き来が多かったりする場合は、なるべく通路が狭くならないようなレイアウトが理想的でしょう。日常生活の快適度に関わるので、しっかりと検討することをおすすめします。

アイランドキッチンの施工事例

ここでは、アイランドキッチンの施工事例をご紹介します。具体的な施工事例を参考にして、アイランドキッチンを導入する際のイメージを膨らませてみてください。

バーのような非日常空間も味わうことができる空間


フラッグシップモデルである「iNO(イノ)」を採用してカスタマイズされた施工事例です。キッチンの隣に同じ高さのカウンターテーブルを設置しており、まるでバーのように料理や飲み物を提供することができます。

ワークトップは、高品質ステンレスSUS304にチタン研磨仕上げが施されており、傷やくもりが目立ちにくくなっています。手触りはシルクのようにさらさらでありながら、耐熱性・耐汚性に優れており、強さと美しさが両立されたデザインだと言えるでしょう。

東京都 T様邸

世界最大のジャイアントシンク「Gシンク」を採用


こちらもフラッグシップモデル「iNO(イノ)」を採用した施工事例です。世界最大のジャイアントシンク「Gシンク」が採用されており、3方向どこからでもシンクが利用可能。食材の準備や調理はもちろん、洗い物や片付けも効率良く行うことができます。

また、ダイニングテーブルと一体化した構造となっており、作り立ての料理を目の前に出したり、コミュニケーションを取ったりするのに最適です。

東京都 W様邸

ペニンシュラキッチンの施行事例

次は、ペニンシュラキッチンの施工事例をご紹介します。具体的な施工事例を参考にして、ペニンシュラキッチンを導入する際のイメージを膨らませてみてください。

ラグジュアリーでゴージャスな印象のキッチン


フラッグシップモデル「iNO(イノ)」を採用した施工事例です。ワークトップやキッチン扉が鏡面仕上げされたキルトで統一されており、アンティーク調の家具ともマッチするような美しさが演出されています。

また、シンク内もキルト仕様になっており、規則正しく配列されたダイヤパターンの溝に沿って、吸い込まれるように水路へ水が流れていきます。

愛媛県 K様邸

人気のメタリックな木目の扉で高級感のある空間


こちらもフラッグシップモデル「iNO(イノ)」を採用した施工事例です。扉カラーはメタリックな木目柄の「メタルスモーク」を採用。背面収納にも同じ柄の「マイアミ」やオーブン付き収納を採用しており、全体的に高級感のある空間を実現しています。

リビング側は開き戸の収納スペースになっており、奥行きが有効活用されています。シンクは、3つのプレートを内蔵した3層構造となっており、調理スペースとしても活用が可能です。

香川県 M様邸

両キッチンの特徴を理解し、自分に合ったキッチンを選ぶことが大切

アイランドキッチンとペニンシュラキッチンは、ともに開放感に優れているというメリットがあります。特にアイランドキッチンは家事動線が優れており、複数人での作業にも向いています。

一方、どちらのキッチンも、水・油はねや匂いが広がりやすいといったデメリットがあります。いずれもガラスパネルの設置などで対策できるので、そこまで懸念する必要はないでしょう。

実際にキッチンを設置・交換する際には、アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの特徴を良く理解し、自分に合ったキッチンを選ぶことが大切です。キッチン選びに後悔しないためにも、実際にキッチンを見ることはもちろん、ショールームへ赴き、担当者の方に相談をしてみるのも良いでしょう。

トーヨーキッチンスタイルでは、全国各地でショールームを展開していますので、ぜひ予約をして訪れてみてください。

全国ショールーム一覧

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース
編集部

トーヨーキッチンスタイルニュース編集部では、キッチンを中心にインテリア、洗面など住宅すべてに役立つ情報をお届けしています。理想のライフスタイルをナビゲートします。

関連記事

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説
TIPS 23.09.30(Sat)

アイランドキッチンとは?メリット・デメリットや選び方、価格など事例付きで解説

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説
TIPS 23.08.04(Fri)

【2023年版】システムキッチンのおすすめランキング|選び方・注意点も解説

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント
TIPS 23.07.30(Sun)

理想のキッチンを選びたい|ショールームで見るべき7つのポイント

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介
TIPS 23.05.15(Mon)

【2023年最新】キッチンのおすすめシリーズ7選|選ぶ際の4つのポイントも紹介

全ての記事を見る
ショールーム

SHOWROOM

ショールームのご予約はこちら

間取りやご予算、くわしくご相談されたいお客様には、ご来館予約をおすすめしています。インテリアだけふらっとご覧になりたいなど、ご予約なしでもお気軽にお立ち寄りください。

メールニュースの
ご登録はこちら

インテリアのトレンド、海外ブランドの最新コレクションやショールームのイベント情報が
届くメールニュース、特別イベントへの応募など特典が満載。