Kitchen・Interiorキッチン・インテリア最新トレンド

Part 5 プレーシング

これからのキッチン・インテリアの未来を、トーヨーキッチンスタイルのCEOから発信

2019.9.17 Tue

tksn-ceo5

「Living Core」をどうレイアウトしていくかという話ですが。
以前から話している「プレーシング」という考え方でのレイアウトを考えています。
これは「Living Core」という生活空間に要求される「要素」を取り上げて、その「要素」を分析し、あるいは重要度を考慮して、その「要素」を「Living Core」の中に配置をしていくという感じです。
この考え方だと、キッチンも「料理する空間」という定義付けではなく、キッチンに要求される要素を分析し、その要素毎に配置を考えるという発想になります。
例えば写真はうちのプラグインという発想を基にしたキッチンですが、キッチンの要素の中で調理スペースという部分の配膳という要素がダイニングという要素と一体にする事でキッチン本体と切り離し、その部分を可変にする事で生活スタイル、家族構成の変化に対応するというものです。
このようにLDKという空間に捉われる発想ではなく、Living Coreでの要素から考えるという事だと、今までにない新しい発想が生まれると考えてます。

写真の左端の部分が配膳、食事の共有部分です。
この部分が右のキッチンの部分と切り離されていて、ここを変えたり、変化させる事でその時々の生活の変化に対応させます。

posted by CEO TOYO KITCHEN STYLE Facebook

CEO TOYO KITCHEN STYLE→



これからのキッチン・インテリアの未来を、トーヨーキッチンスタイルのCEOから発信

Part 1 LDK空間の再定義
Part 2 Living Core
Part 3 住まいの核
Part 4 Living Core と アイランド収納
Part 5 プレーシング


タグ:

関連記事

Read More