Kitchen・Interiorキッチン・インテリア最新トレンド

アイランドキッチンを知るなら、トーヨーキッチンスタイルを見に行こう。 Part.1

2020.3.25 Wed

スタイリッシュで家族とのコミュニケーションもとりやすく、憧れのアイランドキッチン。
そもそもアイランドキッチンとは、どのようなキッチンを指すのでしょうか?
システムキッチンの中でも高い人気を誇る、アイランド型のキッチンについてご紹介します。

アイランドキッチン システムキッチン トーヨーキッチンスタイル

アイランドキッチンとは?
キッチンの周囲四方が壁に囲まれておらず、その名のとおり、LDK空間(※ 当社ではLC|リビングコアと表現します)におけるアイランド(= 島)のレイアウトを指すキッチンです。

アイランドキッチン システムキッチン トーヨーキッチンスタイル

マンションなどでよく目にする腰壁のついたものは、対面型キッチンと言われ、正確な意味でのアイランドキッチンとは異なり、構造上は壁付けタイプのキッチンと同等です。
また、ペニンシュラキッチンと呼ばれる、キッチンの左右どちらかが壁についているタイプもあります。

こちらは、広義でアイランドキッチンの中に含まれてきますが、わかりやすいのは大きく分けて3つ、
1.アイランドキッチン、2.対面型キッチン、3.壁付けキッチンを覚えておくのがよいでしょう。

参考:※ リビングコアとは?

アイランドキッチン システムキッチン トーヨーキッチンスタイル

やっぱりアイランドキッチンが欲しい!
でも家づくりははじめてで、どんなキッチンがわたしの家族に向いているのかよくわからないという方。
よく耳にする、アイランドキッチンの不安点・疑問点も知っておきましょう。
トーヨーキッチンスタイルのアイランドキッチンは、その不安もすべて解消します。

記事の最後のリンクからそのヒミツをチェックしてみて。
アイランドキッチンならトーヨーキッチンと言われているのは、アイランドキッチンのパイオニア企業としてのノウハウがあるから。

アイランドキッチン システムキッチン トーヨーキッチンスタイル
よく言われる4つの疑問

Q1. 価格が高くなる?
一般的なシステムキッチンメーカーでは、アイランドキッチンの価格は高くなります。
その訳は、キッチン構造にあります。
つまり、一般的な流通モデルのキッチンは、すべて壁付けキッチン(= オンウォール型)が構造上のベースモデルとなっており、壁に据え付けることで強度を保つ仕組みとなっています。
そのためアイランドになると、自立させるための補強材が必要となり、構造上の弱さを補うための部材を多く必要とするからです。
また、四方すべてから見えるため、全面に化粧板を貼るため、アイランドキッチンの価格は高くなってきます。

Q2. 部屋が狭くなる?
キッチンをLDK空間(=当社ではリビングコアと表現)の中心に置いてみると、大きな塊が置かれているかのように、キッチンが空間を塞いでいると感じられます。
また、キッチンだけでなく、天井から吊られたレンジフードも、目線を遮るため、部屋が狭く見えると言われています。
さらに対面型になると、多くは吊り戸棚もいっしょに取り付けられるため、天井からも壁が必要となるため、小窓が空いただけような狭い開口しかなく、キッチン空間に日が届きにくいなど、日中でもキッチン周りは暗く、部屋が区切られることもあり、余計に狭く感じられます。

Q3. ニオイや汚れが気になる?
煙やニオイをレンジフードの吸気力だけで換気するため、壁付けタイプのキッチンに比べると、煙や料理のニオイが充満しやすくなります。
また、キッチン全体が丸見えのため、洗い物が溜まっている場合は、急な来客だと散らかっている印象も与えてしまうかもしれません。

Q4. 収納スペースが少ない?
キッチンだけの収納量で考えると、壁付けタイプに比べて収納力が落ちるイメージがあります。
それは、壁付けの場合は、吊り戸棚をつけることが一般的なため、余計にそう感じられるかもしれません。

以上がよく聞く不安・疑問点ですが、トーヨーキッチンスタイルは、アイランドキッチンを日本に広めたパイオニア企業です。
このようなアイランドキッチンの不安点もメリットへと変えてきました。
そのヒミツはこちら。

トーヨーキッチンスタイルだけ!アイランドキッチンへのこだわり→



タグ:

関連記事

Read More