Owner’s Reportキッチン・インテリア事例集

フォトコンテスト2019 受賞作品のご紹介 vol.3

Best of BAY 編

2020.3.3 Tue

「トーヨーキッチンスタイルフォトコンテスト2019」で見事、Best of BAYを受賞された作品のご紹介です。

トーヨーキッチンスタイル 実例 BAY ベイ

Best of BAY
株式会社大協組 様
タイトル:心地よい、私の場所


キッチンは家族が寛ぐリビングと自然を感じる庭を眺められるライフスタイルの中心となっています。
無機質でスタイリッシュなキッチンと、室内の無垢材フロア・天井の自然素材を組み合わせています。

トーヨーキッチンスタイル 実例 BAY ベイ

BAYは、スタンダードでありながらトーヨーキッチンスタイルの技術とノウハウを搭載したシリーズです。
キッチンのレイアウトは、奥行き1050mmのI-LANDキッチンにカウンター収納とオーランド収納を並列に配置しています。

扉は荒々しい風合いの節目模様や古木の味わい深いテクスチャーを再現したフィールウッドのダーク色、ハンドルは直径25mmの重厚で握りやすい無垢のアルミ材を使用しています。
ワークトップは流氷をイメージしたアイスTOP、特殊なプレスパターンによりキズが目立ちにくく、いつまでも美しさを保ちます。

トーヨーキッチンスタイル 実例 BAY ベイ

水回りは、3層構造で立体的な作業を可能にする3Dシンクに自然な姿勢で使えるように設計したトールボーイ(水栓)を組み合わせることで、料理を楽な姿勢で効率的にこなせます。
レンジフードには、アイランドキッチンのためにデザインした、高い煙捕集とメンテナンス性を両立したフード ”UFOフード” が使われています。
また、収納はスムーズに開閉するハーフミラーのスライド扉を採用し、インテリア性も兼ね備えたオーランドとキッチンと同じ扉のカウンターユニットを並べて十分な収納スペースを確保しています。

インテリアでは、シンク上のペンダント照明 ” Kartell(カルテル)のプラネット” が美しく変化するきらめきを、リビングのフロア照明 ”カブキ” はレース生地のような独自形状のシェードから直接もれる光とレース越しに穏やかに拡散する光の陰影が周囲を美しく照らします。
ソファの横やダイニングにさりげなく置かれた"ストーン” はスツールとしてではなく、サイドテーブル、オブジェとしても使える、表面の幾何学模様がキラキラと輝くアイテムです。
他にもテーブル、カーペット、タイルなどトーヨーキッチンスタイルのアイテムで、トータルコーディネートした空間が演出されています。

次回は、Best of キューブをご紹介いたします。

■ご採用いただいたインテリアのご紹介■

株式会社大協組
鳥取県米子市蚊屋235-2
TEL:0859-27-0611
https://www.daikyou-g.co.jp/

BEST of iNO受賞作品のご紹介は こちら
BEST of CORE受賞作品のご紹介は こちら
BEST of i kitchenキューブ受賞作品のご紹介は こちら


タグ:

関連記事

Read More