TITLE:新商品開発について

新商品開発を開発するに当たって、まずしなければならないことは、そのマーケットのセグメントをどういった切り口で切るのかということと、その切ったセグメントのどの部分をターゲットとするのかということです。

近年消費者の動向が益々複雑になっていく中で、この作業なしでは出てきた商品はなにか呆けたような商品になってしまいます。また同じターゲットが成功したからといって、そのターゲットに向けた製品を後追いすれば、市場は同じような製品が溢れてしまうことになります。
キッチンの市場はまさにこの状態になりつつあると思います。

新しいマーケットの切り口、その切り口で浮かび上がってくる新しいセグメントを見出す必要があると思っています。

CEO TOYO KITCHEN STYLE(フェイスブック)
http://bit.ly/2FPjUab

TITLE:未発表の商品②

前述の投稿で書いたように未発表の商品が含まれてるのはこの部分です。
お分かりになりますか?
正解のコメントをして頂いた方にはKartellのジェリーズ ファミリーのコーヒーセットを送らせて頂きます。
勿論、社員とその家族は対象外です。

コーヒーセット
http://kartell.co.jp/item/20991.html

CEO TOYO KITCHEN STYLE(フェイスブック)
http://bit.ly/2FMbosD

TITLE:未発表の商品

TOYO KITCHEN STYLEのページにも掲載した写真なのでもう見られた事はあると思います。
この写真はトーヨーキッチンスタイルがキッチンを中心としてインテリア全体を提案できる企業を目指してるとしたら、実際に住宅のインテリア全体をトーヨーキッチンスタイルが扱っているインテリア商品で計画したらどんなインテリアになるだろう、そんな思いで作成した写真です。

いかがでしょうか?

まだ未発表の商品が2点すでに写真の中に入っています、気が付かれた方はいらっしゃいませんか?

CEO TOYO KITCHEN STYLE(フェイスブック)
http://bit.ly/2FP9rvE

TITLE:「マテリアル ミックス」の考え方を取り入れた「PUTTO Agio」

1988年に発売したPUTTOの5年後、Spiga Dueのコンセプト「マテリアル ミックス」の考え方を取り入れてモデル チェンジした「PUTTO Agio」です。
アルミ フレームの収納扉やステンレス製のレンジフード、そしてキッチンの前の壁面に付けられたは壁面収納はSpiga DueからのDNAです。

印象的なのはキッチンの前にあるコンパクトなアイランド キッチン「スパイコ」です。システム キッチンの限界を感じ始めていた頃で、キッチンのシステムに依存しないキッチン パーツを加えることで、キッチンのシステムにより多様性を持たせることが出来、デザイン的にも機能的にも大きなブレークスルーを可能にする事を期待して開発したのですが、時代が早すぎたのか、それともニーズそのものが無かったのか、殆ど売れませんでした。

それでもこの考え方は思い入れがあって、いつかは再度挑戦してみたいと思ってます。
スパイコは失敗しましたが、このキッチン「PUTTO Agio」は大成功でした。このキッチン以降、日本のキッチンデザインもマテリアル ミックスの時代に突入することになるのです。

CEO TOYO KITCHEN STYLE(フェイスブック)
http://bit.ly/2DGh8V9

TITLE:1988年に発表した「PUTTO」

新しい年はどんな年になるのでしょうか?毎年新年が終わって仕事始めが始まると思うことです。
その話はさておいて、昨年からここで続けているTOYO KITCHENが過去に発表してきたキッチンの話を続けたいと思います。

写真のキッチンは1988年に発表した「PUTTO」というキッチンです。

このキッチンはサブタイトルに「収納キッチン」と言う名前がついてたように、収納にSpotlightを当てたキッチンです。キッチンそのものは従来のボックス構造ですが、このキッチンの特徴は収納の部分はパネル構造になっていると言う点です。
パネル構造はボックス構造と違って高さ、間口、中の棚板の位置等が自由に設計できるということでフレキシブルな収納プランがお客様に提供出来ます。またパネルの組み合わせ方で収納の部屋とも言える「Walk in Pantry」を提供できるというのも大きな特徴でした。

当時、ここまで収納に拘ったキッチンは無かったので弊社としては爆発的なヒット商品となりました。
写真の左側の部分がウォークイン パントリーと一体化した収納壁です。

CEO TOYO KITCHEN STYLE(フェイスブック)
http://bit.ly/2DEB1f2

TITLE:オン ウォール型とアイランドの中間的なキッチン「Spiga」

このキッチンはオン ウォール キッチンでありながら壁を必要としないというキッチンのプロット タイプ。

キッチンの両端の2本のステンレスの収納も兼ねた柱でキッチン全体を支えるという構造で、まさにオン ウォール型でありながら部屋の何処にでも置けるというキッチンです。
キッチンを料理をする為だけの道具ではなく、家族が集まり、「食」を中心とした家族のコミュニケーションの場としてのキッチンを考えると、どうしてもアイランド キッチンに行き着くのですが、当時はやはりオン ウォールが主体でしたので、オン ウォール型とアイランドの中間的なキッチンをイメージするとどうなるかということで開発したのがこのキッチン「Spiga」です。

このキッチンは次の「Spiga Due」に繋がるのですが、Spiga Dueではアイランドという考え方を一時止めて、この「Spiga」で取り入れたマテリアル ミックスを実売モデルで継承したのと、コミュニケーションという考え方を一時横において、料理をするという純粋な意味で効率的なキッチンはどうあるべきかという考え方で開発された商品です。

この「Spiga Due」で開発されたシンクの考え方が3Dシンクに繋がっていったのは言うまでもありません。

CEO TOYO KITCHEN STYLE(フェイスブック)
http://bit.ly/2Dd62WF

TITLE:1986年に初めてハイエンドのキッチンを目指して発表した商品

このキッチンは1986年に初めてハイエンドのキッチンを目指して発表したアーバンコアという商品です。

このキッチンも現在と同じように単なる料理をするためのキッチンではなく、「食」を軸とした生活の中のコミニュケーションを図ると言う意味で開発したキッチンで、キッチンとダイニングが一体化しているのが特徴です。
また、トップの部分に敢えてステンレスを採用しました。ご存知のように弊社はステンレスの加工を得意する会社だったので、ハイエンドのキッチンの場合もステンレスを使ったトップを採用したいと考えました。当時ステンレスのキッチンというと、どちらかというと普及型のキッチンのイメージが強かったのですが、それはステンレスがデザインされてない事でそうしたイメージを持たれてしまったと思い、デザインをきちんとする事でステンレスも高級感を持った素材になり得ると考え、ステンレスをトップに使いながら高級感溢れるキッチンを完成させました。。
このキッチンがTOYO KITCHEN STYLEのキッチンの原点です。今から31年前のキッチンですが、今見ても新鮮だと手前味噌ながら思います。

CEO TOYO KITCHEN STYLE(フェイスブック)
http://bit.ly/2DEoTKY